映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャック・ニコルソン

年代別 映画作品( 1974年 ~ 2012年 まで合計47映画作品)

2002年

プレッジ

  • 2002年6月29日(土)
  • 出演(Jerry Black 役)

演技派ショーン・ペンが手掛けた監督第3作。前作につづき名優ジャック・ニコルソンを起用し、自らの妄想にとらわれた老刑事の姿に肉迫。豪華俳優陣で描く犯罪サスペンスだ。

監督
ショーン・ペン
出演キャスト
ジャック・ニコルソン ロビン・ライト・ペン サム・シェパード ベニチオ・デル・トロ
1998年

恋愛小説家

  • 1998年4月11日(土)
  • 出演(Melvin Udall 役)

潔癖家で毒舌の変人小説家が、なじみのウェイトレスや隣人との交流を通して人並みの愛を知るまでを描いたラヴ・ロマンス。主演のジャック・ニコルソン(「ブラッド&ワイン」など)、ヘレン・ハント(「ツイスター」)がそれぞれ97年度(第70回)アカデミー賞で最優秀主演男優賞・同女優賞を受賞したことでも話題に。監督は「愛と追憶の日々」でニコルソンと組んだ「ブロードキャスト・ニュース」のジェームズ・L・ブルックス。脚本は「レイト・フォー・ディナー」のマーク・アンドラスの原案を基に、アンドラスとブルックスが執筆。製作はブルックスと、「ザ・エージェント」のブリジット・ジョンソン、「ブロード~」「スリーパーズ」のクリスティン・ズィー。製作総指揮は「ザ・エージェント」のリチャード・サカイとローレンス・マーク、「靴をなくした天使」のローラ・ズィスキン。撮影は「ボディ・バンク」のジョン・ベイリー。音楽は「草の上の月」のハンス・ズィマー。美術のビル・プルゼスキ(「マチルダ」)、編集のリチャード・マークス(「愛と追憶の日々」)、衣裳のモリー・マギニス(「ジキル&ハイド」)は「ブロードキャスト・ニュース」でもブルックスと組んだスタッフ。共演は「ザ・エージェント」のキューバ・グッディング・Jr.、「TOUCH タッチ」のスキート・ウールリッチ、「渇いた太陽」のシャーリー・ナイトほか。特別出演で監督のハロルド・ライミス、ローレンス・カスダンが顔を見せる。

監督
ジェームズ・L・ブルックス
出演キャスト
ジャック・ニコルソン ヘレン・ハント グレッグ・キニア キューバ・グッディング・Jr
1997年

夕べの星

  • 1997年8月30日(土)
  • 出演(Garrett Bredlove 役)

母と娘の33年に渡る愛を描き、第56回(83年度)アカデミー賞5部門を独占した「愛と追憶の日々」の続編。今回は60代となり、人生の後半戦を迎えたヒロイン、オーロラの姿と彼女を取り巻く人間模様が描かれる。前作に続いてラリー・マクマートリーの小説を原作に、「ファースト・ワイフ・クラブ」の脚本家ロバート・ハーリングの初監督・脚本で映画化。製作は、前作にも関与したデイヴィッド・カークパトリックと初参加のキース・サンブルズ、前作で美術を担当したポリー・プラットの共同。撮影は「フォレスト・ガンプ/一期一会」のドン・バージェス、音楽は「ティン・カップ」のウィリアム・ロス、美術は「ドライビング・ミス・デイジー」のブルーノ・ルベオ、編集はブリシラ・ネッド=フレンドリーとデイヴィッド・モリッツ、衣裳はルネ・エーリッヒ・カルファス。主演は前作に続いて「くちづけはタンゴの後で」のシャーリー・マクレーン。共演は、前作に続いて再登場する「マーズ・アタック!」のジャック・ニコルソンをはじめ、「ツイスター」のビル・パクストン、「フロム・ダスク・ティル・ドーン」のジュリエット・ルイス、「カンザス・シティ」のミランダ・リチャードソン、「先生のお気に入り」のマリオン・ロス、「今そこにある危機」のドナルド・モファット、「白い嵐」のスコット・ウルフ、「花嫁のパパ2」のジョージ・ニューバーン、「白銀に燃えて」のマッケンジー・アスティン、本作が遺作となった「ラスト・ショー」のベン・ジョンソンほか。

監督
ロバート・ハーリング
出演キャスト
シャーリー・マクレーン ビル・パクストン ジュリエット・ルイス ミランダ・リチャードソン

マーズ・アタック!

  • 1997年3月20日(木)
  • 出演(President James Dale 役)

突如地球に襲来した火星人たちに翻弄される人々の狂騒を描いたSFパニック・コメディ。監督は「バットマン」「エド・ウッド」のティム・バートン。トップス社の同名トレーディング・カード(62年に発売され、残酷さゆえにPTAの非難を浴びて発売中止になった)に基づき、「1984」のジョナサン・ジェムズが原案・脚本を執筆。製作はバートンと、「バットマン リターンズ」「エスケープ・フロム・L.A.」のラリー・フランコ。撮影は「クラッシュ」のピーター・シャシツキー。音楽は「エド・ウッド」を除くバートンの全長編で組んでいるダニー・エルフマン、美術は「クルックリン」などスパイク・リー作品の常連のウィン・トーマス、編集のクリス・レベンソンと衣裳のコリーン・アトウッドは「エド・ウッド」に続いての参加。SFXは「ツイスター」のILMが担当。出演は「バットマン」「クロッシング・ガード」のジャック・ニコルソン、「101」のグレン・クローズ、「リチャード三世」のアネット・ベニング、「ダンテズ・ピーク」のピアース・ブロスナン、「ゲット・ショーティ」のダニー・デヴィート、「花嫁のパパ2」のマーティン・ショート、「エド・ウッド」のサラ・ジェシカ・パーカー、「さまよう魂たち」のマイケル・J・フォックス、「BOYS」のルーカス・ハース、「レオン」のナタリー・ポートマン、「汚れた七人」のジム・ブラウン、「エスケープ・フロム・LA」のパム・グリアー、「判決前夜」の監督バーベット・シュローダー、「早春」の監督イェジー・スコリモフスキー、そしてバートンの私生活のパートナーでもある「エド・ウッド」のリサ・マリーら多彩な顔ぶれ。97年キネマ旬報外国映画ベスト・テン第8位。

監督
ティム・バートン
出演キャスト
ジャック・ニコルソン グレン・クローズ アネット・ベニング ピアース・ブロスナン

ブラッド&ワイン

  • 1997年11月29日(土)
  • 出演(Alex Gates 役)

美しい海辺の町を舞台に、父と義息の葛藤を超えた男と男の戦いを描いたヒューマン・サスペンス。「郵便配達は二度ベルを鳴らす」(81)などの監督ボブ・ラフェルソン、主演ジャック・ニコルソンの5年ぶり、5度目のコンビ作。ニック・ヴィリヤーズとラフェルソンの原案を基に、ヴィリヤーズとアリソン・クロスが脚本を執筆。製作は「魅せられて」のジェレミー・トーマスとエルキュール・ベルヴィル、ノア・ゴールデンの共同。製作総指揮はクリス・オーティとバーニー・ウィリアムズ。サウス・フロリダの美しい風景を見事にとらえた撮影は「ユージュアル・サスペクツ」のニュートン・トーマス・シーゲル、音楽はマイケル・ロレンツ、美術はリチャード・シルバート、編集はスティーヴン・コーエン、衣裳はリンディ・ヘミングが担当。共演は「I SHOT ANDY WAHOL」のスティーヴン・ドーフ、「アナコンダ」のジェニファー・ロペス、「目撃」のジュディ・デイヴィス、「沈黙の要塞」のマイケル・ケインほか。

監督
ボブ・ラフェルソン
出演キャスト
ジャック・ニコルソン スティーブン・ドーフ ジェニファー・ロペス ジュディ・デイヴィス
1996年

クロッシング・ガード

  • 1996年11月9日(土)
  • 出演(Freddy Gale 役)

交通事故で愛する娘を失った男と、その罪で6年間服役した男が、それぞれ憎悪と罪悪感を抱えたまま対峙し、魂の決着をつけるまでの3日間を、サスペンスフルに描いた人間ドラマ。監督・脚本は「デッドマン・ウォーキング」の俳優ショーン・ペンで、「インディアン・ランナー」に続く監督第2作。タイトルは交差点で人々を誘導する係のことで、人が生きていく道のりでは進むべき道は誰も教えてくれず答えを出すのは本人だ、というところからきている。製作は、ペンと「インディアン・ランナー」のライン・プロデューサーだったデイヴィッド・S・ハンバーガーの共同。エグゼクティヴ・プロデューサーは「ロマンスに部屋貸します」のボブ・ウェインスタインとハーヴェイ・ウェインスタイン、リチャード・N・グラッドスタイン。撮影は「暗殺者」のヴィルモス・ジグモンド、音楽は「ブルースカイ」のジャック・ニッチェで、ブルース・スプリングスティーンが盟友ペンのために書き下ろした主題歌『MISSING』が胸を打つ。美術のマイケル・ホーラー、編集のジェイ・キャシディは「インディアン・ランナー」に続いての参加。主演は「ウルフ」のジャック・ニコルソンと「インディアン・ランナー」「12モンキーズ」のデイヴィッド・モース。共演は、かつてニコルソンの実生活のパートナーだった「マンハッタン殺人ミステリー」のアンジェリカ・ヒューストン、ペンの元妻で「フォレスト・ガンプ 一期一会」のロビン・ライト、ロックグループ〈ザ・バンド〉のリーダーだったロビー・ロバートソン、「キャリー」のパイパー・ローリー、日本から単独参加した「キッズ・リターン」の石橋凌ほか。

監督
ショーン・ペン
出演キャスト
ジャック・ニコルソン デヴィッド・モース アンジェリカ・ヒューストン ロビン・ライト
1994年

ウルフ

  • 1994年9月23日(金)
  • 出演(Will Randall 役)

狼男という古典的な題材を、ホラー的要素よりも人間ドラマとラブ・ストーリーの面を強調して描いた一編。狼狂(自分が狼などの獣であると信じて、そうした行動を取る一種の精神病)の軽い発作に襲われたことがあるという作家ジム・ハリソンの体験を元に、彼と「ケープ・フィアー」のウェズリー・ストリックが共同で脚本を執筆し、「心の旅」のマイク・ニコルズが監督。製作は「ワーキング・ガール」でも監督と組んだダグラス・ウィック。撮影は「愛の狩人」などで監督と組み、フェリーニ作品を手掛けた名手ジュゼッペ・ロトゥンノ。音楽は「ザ・シークレット・サービス」の巨匠エンニオ・モリコーネ、美術は「バットマン リターンズ」のボー・ウェルチ、衣装は「ガープの世界」のアン・ロス、特殊メイクは「狼男アメリカン」のリック・ベイカーがそれぞれ担当。主演は「愛の狩人」などニコルズ作品へは4度目の出演となるジャック・ニコルソンと、「エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事」のミシェル・ファイファー。共演は「僕の美しい人だから」のジェームズ・スペイダー、「サウス・キャロライナ 愛と追憶の彼方」のケイト・ネリガン、ベテランのクリストファー・プラマーほか。

監督
マイク・ニコルズ
出演キャスト
ジャック・ニコルソン ミシェル・ファイファー ジェームズ・スペイダー ケイト・ネリガン
1993年

ホッファ

  • 1993年9月4日(土)
  • 出演(James R Hoffa 役)

1930年代の不況時に全米トラック運転手組合を組織し、70年代まで絶大な政治力を持っていた男の生涯を描く伝記ドラマ。監督・製作は「ローズ家の戦争」のダニー・デヴィート、共同製作は「殺人課」のエドワード・R・プレスマンとカルデコット・チューブ、エグゼクティブ・プロデューサーはジョゼフ・イシグロ、脚本は「殺人課」を監督したデイヴィッド・マメット、撮影は「レイジング・ケイン」のスティーブン・H・ブラム、音楽は「ハネムーン・イン・ベガス」のデイヴィッド・ニューマンが担当。主演は「お気にめすまま(1992)」のジャック・ニコルソン。他に「バットマン リターンズ」のダニー・デヴィート、「マンボ・キングス わが心のマリア」のアーマンド・アサンテ、「ア・フュー・グッドメン」のJ・T・ウォルシュ、「デイズ・オブ・サンダー」のジョン・C・ライリー、「ハリウッドにくちづけ」のナタリア・ノグリッチらが共演。

監督
ダニー・デヴィート
出演キャスト
ジャック・ニコルソン ダニー・デヴィート アーマンド・アサンテ J・T・ウォルシュ

お気にめすまま(1992)

  • 1993年2月27日(土)
  • 出演(Harry Bliss 役)

若く美しいソプラノ歌手と貸し番犬屋を営む中年男の恋を描く恋愛コメディ。監督は「愛と野望のナイル」のボブ・ラフェルソン、製作・脚本は「おかしなレディ・キラー」のキャロル・イーストマン、共同製作は「モーニングアフター」のブルース・ギルバート、撮影は「ローズ家の戦争」のスティーブン・H・ブラム、音楽は、本作が遺作となった「マグノリアの花たち」のジョルジュ・ドルリューが担当。主演は「ア・フュー・グッドメン」のジャック・ニコルソン、「シー・オブ・ラブ」のエレン・バーキン。「ハリーとトント」などの監督、ポール・マザースキーがゲスト出演している。

監督
ボブ・ラフェルソン
出演キャスト
ジャック・ニコルソン エレン・バーキン ハリー・ディーン・スタントン ビヴァリー・ダンジェロ

ア・フュー・グッドメン

  • 1993年2月20日(土)
  • 出演(Col Nathan R Jessep 役)

キューバ米海軍基地で起った不審な殺人事件の真相を探る若き弁護士の姿を中心に、軍隊内の組織悪を暴く過程での、登場人物たちの人間的成長を描くドラマ。監督は「ミザリー」のロブ・ライナー。映画の主要部分を成す法廷場面は、カリフォルニアのカルバー・スタジオに巨大セットを組んで撮影された。製作はライナーと、「JAWS・ジョーズ」のデイヴィッド・ブラウン、「スタンド・バイ・ミー」のアンドリュー・シェインマン。エグゼクティブ・プロデューサーはウィリアム・S・ギルモアとレイチェル・フェファー。ブロードウェイでロングラン・ヒットとなったアーロン・ソーキンの舞台劇を基に、彼自身が脚色。撮影は「JFK」のロバート・リチャードソン、音楽は「シティ・スリッカーズ」のマーク・シェイマンが担当。トム・クルーズ、ジャック・ニコルソン、デミ・ムーアなど豪華なスターが競演している。

監督
ロブ・ライナー
出演キャスト
トム・クルーズ ジャック・ニコルソン デミ・ムーア ケヴィン・ベーコン

関連ニュース

偉大な俳優たちが演じてきた“ジョーカー”にホアキン・フェニックスはどう挑んだ?
「『ダークナイト』は覚えていなかった」“ジョーカー”はいかに生まれたか?ホアキン・フェニックス ロングインタビュー【後編】 2019年10月6日 19:00

「ジョーカーの役をできるかどうか、一番の迷いの原因はその自信が僕になかったということだ」。第78回ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞した『ジョーカー』(公開中)で、DCコミックスを代表する“悪のカリスマ”ジョーカーを演…

『ダークナイト』でジョーカーを演じアカデミー助演男優賞を受賞したヒース・レジャー
緑の髪と高笑い、真っ赤な唇…それぞれに異彩を放った歴代“ジョーカー俳優”たち<写真11点> 2019年10月6日 12:30

ある普通の男が悪の先導者に変貌していく悲劇を描く、実力派俳優ホアキン・フェニックスの主演作『ジョーカー』(公開中)。緑の髪と高笑いがトレードマークのジョーカーは、バットマンの宿敵でありながら、最も魅力的なヴィラン(悪役)…

吉永小百合と天海祐希が18年ぶり共演!『最高の人生の見つけ方』製作決定
吉永小百合121本目の映画が製作決定!天海祐希共演でハリウッド映画をリメイク 2019年1月17日 05:00

先日優秀賞が発表された第42回日本アカデミー賞において『北の桜守』(18)で優秀主演女優賞を受賞するなど、これまで同賞で4度の最優秀主演女優賞を獲得している言わずと知れた国民的女優、吉永小百合。このたび彼女の121本目の…

ニコラス・ケイジが暴走寸前!子ども思いの父親が激昂した狂人に変わる衝撃の瞬間
こんなお父さんは嫌だ!ニコラス・ケイジが暴れ狂う『マッド・ダディ』“父の日”映像公開 2018年6月17日 11:00

本日、6月17日は“父の日”。日頃の感謝を父親に伝える日だが、映画『マッド・ダディ』(6月23日公開)に登場するお父さんは、感謝はおろか一緒に暮らしていられないほど狂気的!なんと本作では、世界中で突然、親たちが自分の子ど…

父ヴィンフリートを演じるのはオーストリアの名優ペーター・シモニシェック
あの名優も惚れ込んだ!心配性なお父さんの変装キャラが強烈すぎる 2017年6月19日 05:00

父と娘の関係を描く映画は数あれど、ここまで奇怪でぶっとんだパパキャラはそうそういない。ドイツ映画『ありがとう、トニ・エルドマン』(6月24日公開)は、娘を見守ろうとする父親が、まさかの奇想天外な変装を繰り広げる、おかしく…

ロンドン五輪で存在価値が激増!
デビッド・ベッカム、ロンドン五輪で存在価値が激増! 2012年8月18日 10:30

デビッド・ベッカムは、現地時間の7月27日から8月12日まで開催されていたロンドンオリンピックに貢献したことで、その存在価値が大幅にアップし、今後のキャリアが劇的に変化するだろうと言われている。ロンドン出身のベッカムは、…

自主制作映画のゴッドファーザーと呼ばれ、そうそうたる映画人を育ててきたロジャー・コーマン
早い! 安い! 面白い!? 世界一損をしなかった名(迷?)プロデューサーの軌跡 2012年1月29日 13:00

映画製作で監督や俳優と同じように重要な役割といえば、作品を企画するプロデューサーだ。『マトリックス』シリーズのジョエル・シルバーや、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのジェリー・ブラッカイマーといった大御所プロデュ…

スイスのテレビ局TSRのインタビューで、少女淫行事件への後悔を語った
ポランスキー監督、少女淫行事件への33年の後悔を語る 2011年10月4日 12:05

ロマン・ポランスキー監督が、スイスのテレビ局TSRのインタビューで、1977年に起きた少女淫行事件につき、「33年間、後悔してきた」と語ったと英BBCニュースが伝えている。ポランスキー監督は、当時13歳だった少女に対し、…

引退して老人ホームで暮らしているスーパーヒーローたちの映画を製作か?マシュー・ヴォーン監督
『キック・アス』の監督が老人スーパーヒーロー映画を企画 2011年2月19日 13:59

『キック・アス』(10)のマシュー・ヴォーン監督が、引退して老人ホームで暮らしているスーパーヒーローたちの映画を製作しようとしているらしい。映画情報サイトのDeadline.comによれば、ヴォーン監督は、英国のトーク番…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
1917 命をかけた伝令
1917 命をかけた伝令

『007 スペクター』のサム・メンデス監督がワンショット撮影を敢行した戦争ドラマ

パラサイト 半地下の家族
パラサイト 半地下の家族

相反する2つの家族の出会いによって展開する悲喜劇を描いたポン・ジュノ監督作

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

ダニエル・クレイグ演じる名探偵がある密室殺人事件の謎を解明し真相に迫るミステリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャック・ニコルソン