TOP > 人物を探す > 富田克也

年代別 映画作品( 2003年 ~ 2019年 まで合計10映画作品)

2019年

典座 -TENZO-

  • 2019年10月4日(金)
  • 監督、脚本、編集

全国曹洞宗青年会製作、「バンコクナイツ」の富田克也が監督し、ドキュメンタリーとフィクションを交え3.11以降の仏教の意義を探求する。本山での修行後、山梨の寺に戻り家族と暮らす智賢。一方津波で全てを失った兄弟子の隆行は本堂再建を諦めきれずにいる。日本曹洞宗の開祖・道元禅師が著した『典座教訓』を軸に、現代日本にとって信仰とは何か探り、今を生きることを紐解いていく。全国曹洞宗青年会の僧侶たちが出演。第72回カンヌ国際映画祭批評家週間特別招待部門正式出品作品。

監督
富田克也
出演キャスト
河口智賢 近藤真弘 倉島隆行 青山俊董
2017年

映画 潜行一千里

  • 2017年12月16日(土)
  • 出演

2017年2月に公開された富田克也監督「バンコクナイツ」のメイキングドキュメンタリー。タイ・ラオス約4000キロのロケハンと撮影に密着。旅をしながら映画を撮り、次第に映画そのものが旅と重なっていく様子を捉えながら、東南アジアの戦争史を浮き彫りにする。監督・撮影は「バンコクナイツ」で撮影・照明を担当した向山正洋。2017年12月9日、山口情報芸術センター[YCAM]にてジャパンプレミア先行上映。

監督
向山正洋
出演キャスト
スベンジャ・ポンコン 富田克也 相澤虎之助 川瀬陽太

バンコクナイツ

  • 2017年2月25日(土)
  • 監督、脚本、出演(オザワ 役)

「サウダーヂ」の富田克也監督による、タイ人娼婦と日本人の逃避行を歴史を捉えながら追うロードムービー。バンコクの歓楽街で働き家族を支える娼婦のラックは、元恋人オザワと5年ぶりに再会。二人は失われた楽園を探すようにラックの故郷やラオスに向かう。タイ東北部のイサーン地方の伝統音楽を交え、ベトナム戦争の傷跡やタイの抵抗の歴史、二人の道行き、さらに欲望渦巻く歓楽街の群像劇を重層的に描く。第 69 回ロカルノ国際映画祭インターナショナル・コンペティション部門に出品され、若手審査員・最優秀作品賞を獲得した。

監督
富田克也
出演キャスト
スベンジャ・ポンコン スナン・プーウィセット チュティパー・ポンピアン タンヤラット・コンプー
2013年

同じ星の下、それぞれの夜

  • 2013年2月9日(土)
  • 監督、脚本、編集

「サウダーヂ」の富田克也、「乱暴と待機」の冨永昌敬、「NINIFUNI」の真利子哲也、新進気鋭の映画監督3人が参加したオムニバス映画。タイ、フィリピン、マレーシアと、それぞれがアジア各地を舞台にした物語を手掛ける。出演は「サウダーヂ」の川瀬陽太、『世にも奇妙な物語 2012年春の特別編』のムーディ勝山。2012年3月24日より、沖縄県にて開催された「第4回沖縄国際映画祭」のプログラム「地域発信型プロジェクト」にて上映。

監督
冨永昌敬 真利子哲也 富田克也
出演キャスト
勝山慎司 矢吹春奈 西方凌 森松剛憲
2012年

バビロン2 THE OZAWA

  • 2012年11月10日(土)
  • 監督、撮影監督、出演(オザワ 役)

「サウダーヂ」の脚本を手がけた相澤虎之助による「花物語バビロン」に次ぐシリーズ第2作。日本からベトナムへ渡った男が、革命家と名乗る人物と出会い、戦場に迷い込んでいく姿を描く。富田克也、伊藤仁、鷹野毅、尾崎愛など「サウダーヂ」のスタッフ・キャストが再び集結。8mmからのテレシネ。

監督
富田克也
出演キャスト
富田克也 伊藤仁 鷹野毅
2011年

サウダーヂ

  • 2011年10月22日(土)
  • 監督、脚本、編集

不況によって中心街が“シャッター通り”と化した日本の地方都市を舞台に、そこで生きる土木労働者や海外からの移民労働者の姿を通して、文化摩擦や差別、経済格差の問題を描く。出演は「国道20号線」の鷹野毅、伊藤仁。現地で暮らす人々を数多くキャスティングし、生々しい街の姿を伝える。監督は「国道20号線」の富田克也。

監督
富田克也
出演キャスト
鷹野毅 伊藤仁 田我流 ディーチャイ・パウイーナ

FURUSATO2009 「サウダーヂ」のための長い予告編

  • 2011年12月17日(土)
  • 監督、撮影

「国道20号線」の富田克也が、次作「サウダーヂ」のリサーチとして1年間撮影したドキュメンタリー。山梨県甲府市の農業、土木業、工業、商業の現状を映しながら、足音がドラムンベースの重低音に、会話がフリースタイルラップ合戦に変化するミュージカルのように編集している。編集は、「国道20号線」の高野貴子。

監督
富田克也
出演キャスト
伊藤仁 鷹野毅 田我流
2007年

国道20号線

  • 2007年11月3日(土)
  • 監督、編集、脚本

アウトローな若者たちの日常を描き高い評価を受けた「雲の上」の富田克也監督最新作。地方都市で暮らす元暴走族の青年と、彼を取り巻く絶望的な状況をリアルに描いたドラマ。

監督
富田克也
出演キャスト
伊藤仁 りみ 鷹野毅 村田進二
2003年

雲の上

  • 2003年
  • 監督、脚本、編集

山に囲まれた地域に浸透する言い伝えに呪縛される寺の息子が友 情や愛情による思いこみと共に自意識過剰にり、果てには他者によって打ち崩され る様を描く。

監督
富田克也
出演キャスト
西村正秀 鷹野毅 荒木海香 相澤虎之助

かたびら街

  • 2003年
  • 出演(トミタ 役)

ひとつの走り屋の集団が分裂し、それぞれの立場を確立する 中で、争いが勃発する気配の 都市を描く。

監督
相澤虎之助
出演キャスト
安田豊久 井川拓 富田克也 市村夏樹

関連ニュース

山下敦弘監督、富田克也監督、矢崎仁司監督、大九明子監督がズラリと登壇!
アップリンク吉祥寺のオープンには「夢がある」山下敦弘、富田克也ら監督陣が熱弁! 12月13日 19:56

東京・吉祥寺に新しくオープンする映画館「アップリンク吉祥寺」のオープン記念イベント「これからの映画と映画館」座談会が12月13日に行われ、山下敦弘監督、富田克也監督、矢崎仁司監督、大九明子監督が登壇。“映画館で映画を楽し…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/3更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 富田克也

ムービーウォーカー 上へ戻る