映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョルジア・モル

年代別 映画作品( 1957年 ~ 1969年 まで合計13映画作品)

1969年

ブロンドの罠

  • 1969年7月12日(土)公開
  • 出演(Jinny 役)

「女は一回勝負する」「ある晴れた朝突然に」などのイギリスの推理作家ジェームズ・ハドリー・チェイスの原作を、ニコラス・ジェスネルとマーク・ベームが脚色し、台詞をジャック・ヴィルフリが書き、「盗みのテクニック」のニコラス・ジェスネルが監督したスパイもの。撮影はクロード・ルコント、音楽は「悪魔のようなあなた」のフランソワ・ド・ルーベが担当している。出演は「牝猫と現金」のミレーユ・ダルク、「大進撃」のクラウディオ・ブルック、エドワード・G・ロビンソンなど。

監督
ニコラス・ジェスネル
出演キャスト
ミレーユ・ダルク クラウディオ・ブルック エドワード・G・ロビンソン ジャン・ジャック・デルボー
1968年

湖のもだえ

  • 1968年2月23日(金)公開
  • 出演(TV Reporter 役)

「パリ・エロチカ」の監督ジョゼ・ベナゼラフとクロード・ドゥノーの脚本を、ジョゼ・ベナゼラフが監督したファッション界を舞台にした風俗もの。撮影はアラン・ルヴァンと「パリ・エロチカ」のアラン・ドローブ、音楽はレオ・ミシールとアンドレ・ボルリが担当している。出演はTV出身のテックス・ウィリアムス、「追い越し野郎」のクラウディオ・ゴーラ、「天使の詩」のジョルジア・モル、「紳士泥棒/大ゴールデン作戦」のマリア・グラツィア・ブッチェラ、ウラ・アンデルソンなど。イーストマンカラー、トータルスコープ。

監督
ジョゼ・ベナゼラフ
出演キャスト
テックス・ウィリアムス クラウディオ・ゴーラ ジョルジア・モル マリア・グラツィア・ブッチェラ
1967年

天使の詩

  • 1967年11月11日(土)公開
  • 出演(Miss Judy 役)

フロレンス・モントゴメリーの原作を、「国境は燃えている」のコンビ、レオ・ベンヴェヌーティとピエロ・デ・ベルナルディが脚色、「ブーベの恋人」のルイジ・コメンチーニが監督したヒューマンなロマン。撮影はアルマンド・ナンヌッツィ、音楽はラファエレ・ギグリアが担当。出演者は、「悪のシンフォニー」のアンソニー・クェイル、「軽蔑」のジョルジア・モル、子供の二人には兄のアンドレアにステファノ・コラグランデ、弟のミロにシモーネ・ジャンノッツィが扮し、ほかにジョン・シャープなど。製作はネロ・メニコーニ。

監督
ルイジ・コメンチーニ
出演キャスト
アンソニー・クェイル ジョン・シャープ ステファノ・コラグランデ シモーネ・ジャンノッツィ

必殺の歓び

  • 1967年10月21日(土)公開
  • 出演(Edith 役)

セルジオ・ソリーマとセルジオ・ドナーティの共同脚本をわが国初登場のセルジオ・ソリーマが監督したスパイ・アクション。撮影は「アトランティス征服」のカルロ・カルリーニ、音楽はアントニオ・ペレス・オレアが担当。出演は「荒野の決断」のスチュワート・グレンジャー、「虎は新鮮な肉を好む」のダニエラ・ビアンキ、「秘密大戦争」のペーター・ファン・アイクのほかジョルジア・モル、ジュリオ・ボゼッティ、ジャンニ・リッツォなど。テクニカラー、テクニスコープ。

監督
セルジオ・ソリーマ
出演キャスト
スチュワート・グレンジャー ダニエラ・ビアンキ ペーター・ファン・アイク ジョルジア・モル
1964年

軽蔑(1963)

  • 1964年11月22日(日)公開
  • 出演(Francesca Vanini 役)

アルベルト・モラヴィアの同名原作をジャン・リュック・ゴダールが脚色・演出した愛の真実を追求する人間ドラマ。撮影は「勝手にしやがれ」のラウール・クタール、音楽は「かくも長き不在」のジョルジュ・ドルリューが担当した。出演は「真実」のブリジット・バルドー、舞台俳優のミシェル・ピッコリ、「カルタゴの大逆襲」のジャック・パランス、ほかにフリッツ・ラング、ジョルジア・モルなど。2017年9月30日よりデジタル・リマスター版を上映(配給:コピアポア・フィルム)。

監督
ジャン・リュック・ゴダール
出演キャスト
ブリジット・バルドー ジャック・パランス フリッツ・ラング ミシェル・ピッコリ
1963年

サビーヌの掠奪

  • 1963年7月11日(木)公開
  • 出演(Lavinia 役)

「ダビデとゴライアス」のリシャール・ポティヤーが脚本・監督を担当したローマの戦士たちによるセックスの掠奪を描いた古代もの。撮影は「蛮族の逆襲」のアダルベルト・アルベルティーニ、音楽は「祖国は誰れのものぞ」のカルロ・ルスティケリ。出演者は「黙って抱いて」のミレーヌ・ドモンジョ、「セブンセントの決闘」のロジャー・ムーア、「バグダッドの盗賊」のジョルジア・モル、「オルフェの遺言 -私に何故と問い給うな-」のジャン・マレー、ロザンナ・スキャッフィーノなど。製作はアレクサンドル・サルキンド。

監督
リシャール・ポティヤー
出演キャスト
ミレーヌ・ドモンジョ ロジャー・ムーア ジョルジア・モル フォルコ・ルリ
1962年

青い海岸

  • 1962年6月19日(火)公開
  • 出演(Adelina 役)

オッタヴィオ・アレッシ、ウーゴ・グエッラ、ヴィットリオ・サラ、ロドルフォ・ソネゴ四人の共同からなる原案・脚本により「アマゾンの女王」のヴィットリオ・サラが演出。撮影はアルベルト・アルベルティーニ、音楽はロベルト・ニコロージが担当。出演者は「危険なデイト」のエルザ・マルティネッリ、「キング・オブ・キングス」のリタ・ガム、アルベルト・ソルディ、「ロベレ将軍」のジョヴァンナ・ラリ、ジョルジュ・マルシャルなど。ジョヴァンニ・ジュルゴラ製作。イーストマンカラー・ディアリスコープ。

監督
ヴィットリオ・サラ
出演キャスト
アルベルト・ソルディ ジョヴァンナ・ラリ アントニオ・チファリエロ エルザ・マルティネッリ
1961年

バグダッドの盗賊(1961)

  • 1961年当年公開
  • 出演(Amina 役)

アラビアン・ナイトを映画化した冒険譚。アウグスト・フラッシュネッティとフィリッポ・サンジェスト、ブルーノ・バイラーティ共同の脚本をアーサー・ルービンが監督した。撮影はトニーノ・デリ・コリ。音楽はカルロ・ルスティケリ。出演するのはスティーヴ・リーヴス、ジョージア・モールなど。製作ブルーノ・バイラーティ。

監督
アーサー・ルービン
出演キャスト
スティーヴ・リーヴス ジョルジア・モル アルトゥーロ・ドミニチ George Chamarat

くち紅

  • 1961年3月12日(日)公開
  • 出演(Lorella 役)

脚本家出身のダミアーノ・ダミアーニが監督昇進第一回作品として作った犯罪映画。チェザーレ・ザヴァッティーニとダミアーニ自身が脚本を執筆、撮影を「黄色い大地(1958)」のピエル・ルドヴィコ・パヴォーニが担当している。音楽はジョヴァンニ・フスコ。出演するのは「刑事」のピエトロ・ジェルミ、新人ピエール・ブリス、ラウラ・ビバルディなど。

監督
ダミアーノ・ダミアーニ
出演キャスト
ピエール・ブリス ピエトロ・ジェルミ ラウラ・ビバルディ ジョルジア・モル

快傑白魔

  • 1961年2月5日(日)公開
  • 出演(Saltanet 役)

帝政時代のロシアを舞台に、雪のコーカサス平原に出没する白馬にまたがり白いマントに身を包んだ怪人をヒーローとした伝奇冒険ドラマ。レオ・N・トルストイの原作を「テオドラ」のリカルド・フレーダが脚色・監督したものである。撮影を担当したのは「マラソンの戦い」のマリオ・バーヴァ。出演するのは「ポンペイ最後の日(1960)」のミスター・アメリカ出身であるスティーヴ・リーヴスをはじめ、「静かなアメリカ人」のジョルジア・モル、「テオドラ」のレナート・バルディーニ、シーラ・ガベル、ジェラード・ハーターなど。撮影はユーゴのロブセンとイタリアのマジェスティックの両撮影所でおこなわれ、山岳戦の場面はイタリア・アルプスにロケされている。イーストマンカラー・ディアリスコープ。

監督
リカルド・フレーダ
出演キャスト
スティーヴ・リーヴス ジョルジア・モル レナート・バルディーニ シーラ・ガベル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョルジア・モル