映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・ドリュー・バリモア

年代別 映画作品( 1958年 ~ 1965年 まで合計7映画作品)

1965年

大城砦

  • 1965年4月10日(土)公開
  • 出演(Ulisse 役)

ジョルジョ・ステガーニ・カゾーラーティの脚本を、ジョルジョ・フェローニが監督した史劇。撮影はリノ・フィリッピーニ、音楽は「太陽はひとりぼっち」のジョヴァンニ・フスコが担当した。出演は「逆襲!大平原」のスティーヴ・リーヴス、「女は夜の匂い」のジュリエット・メニエルのほかにジョン・ドリュー・バリモア、アルトゥーロ・ドミニチ、ヘディ・ベッセルなど。製作はジャン・パオロ・ビガッツィ。

監督
ジョルジョ・フェローニ
出演キャスト
スティーヴ・リーヴス ジュリエット・メニエル ジョン・ドリュー・バリモア アルトゥーロ・ドミニチ
1964年

濡れた夜

  • 1964年当年公開
  • 出演(Antony 役)

ジョルジョ・ステガーニ・カゾーラーティとジェン・ヨシポヴィッチの共同シナリオをアンブロジオ・モルテーニが監督したセクシー・スリラー。撮影は「可愛い悪女」のラファエル・マシオッチ、音楽はマルチェロ・デ・マルティーノが担当した。出演は「太陽の誘惑」のアントネラ・ルアルディ、「濡れた砂丘」のミシェル・ルモアヌ、「大城砦」のジョン・ドリュー・バリモア、「若者のすべて」のマリオ・ヴァルデマリンほか。

監督
アンブロジオ・モルテーニ
出演キャスト
アントネラ・ルアルディ ミシェル・ルモアヌ ジョン・ドリュー・バリモア マリオ・ヴァルデマリン

ミス・キーラーの情事

  • 1964年2月15日(土)公開
  • 出演(Stephen Ward 役)

プロヒューモ事件をキーラー嬢自身の告白をもとにマット・ホワイト、ロナルド・マクスウェルの協力を得て、ロバート・スパフォードがシナリオを書き、演出したスキャンダルもの。撮影はミシェル・ロッカ、音楽はロジェ・ブールダンが担当した。出演者は「ハバナの男」のイヴォンヌ・バッキンガム、ジョン・ドリュー・バリモア、メル・ウェルズ、アリシア・ブランデット、ジミー・ムーア、ミミ・ハインリッヒ、ピーター・プラウズなど。

監督
ロバート・スパフォード
出演キャスト
イヴォンヌ・バッキンガム ジョン・ドリュー・バリモア メル・ウェルズ ジミー・ムーア
1963年

アメリカ大学 性愛の曲り角

  • 1963年4月12日(金)公開
  • 出演(J.I.Coleridge 役)

ロバート・ブリースのオリジナル・ストーリーをブルースとルイス・メルツァーが脚色し、「世界を駈ける恋」のジャック・アーノルドが監督したもの。出演者は「ウエスト・サイド物語」のラス・タンブリン、「金魚鉢の中の恋」のジャン・スターリング、マミー・ヴァン・ドーレン、ジョン・ドルー・バリモアなど。製作はアルバート・ザグスミス。黒白、ビスタビジョンサイズ。1958年作品。

監督
ジャック・アーノルド
出演キャスト
ラス・タンブリン ジャン・スターリング ジョン・ドリュー・バリモア マミー・ヴァン・ドーレン
1961年

砂漠の剣

  • 1961年7月8日(土)公開
  • 出演(Sabaku 役)

古代エジプトを舞台とする史劇。ヴァージリオ・トシとマッシモ・ビターリ共同の物語をウーゴ・リベラトーレとレミジオ・デル・グリッソが共同で脚色、監督に当ったのはウェンセスラフ・トゥールヤンスキー。撮影はピエール・ルドビコ・パポーニ。音楽担当はジョバンニ・フスコ。出演するのは「アラモ」のリンダ・クリスタル、「くち紅」のピエール・ブリス、ジョン・ドルー・バリモアなど。製作ジョルジオ・ベンチュリー。

監督
ウェンセスラフ・トゥールヤンスキー Richard McNamara
出演キャスト
リンダ・クリスタル ピエール・ブリス ジョン・ドリュー・バリモア アルマンド・フランチオーリ
1960年

コザック(1960)

  • 1960年6月17日(金)公開
  • 出演(Giamal 役)

ロシア軍とコザック族の争いを描くスペクタクル。ダミアノ・ダミアーニのほか4人の脚本を、イタリアのジョルジュ・リバルタが監督した。撮影はマッシモ・ダルラマーノ、音楽はジョバンニ・フスコ。出演は「エロデ大王」のエドモンド・パーダム、「ニューヨークの顔役」のジョン・ドルー・バリモア、「静かなアメリカ人」のジョージア・モルのほか、マッシモ・ジロッティ、ピエール・ブリスら。製作ウェンセスラフ・トゥールヤンスキー。

監督
ジョルジオ・リバルタ
出演キャスト
エドモンド・パードム ジョン・ドリュー・バリモア ジョルジア・モル ピエール・ブリス
1958年

ニューヨークの顔役

  • 1958年11月15日(土)公開
  • 出演(Frank_Kane 役)

1920年から30年にかけての、アメリカの不況時代を舞台とするギャング映画。ハロルド・ロビンスの原作ベスト・セラーを「裏町」「第十三号機橋」のロバート・スティーヴンソンが監督した。脚色は原作者ロビンスと、「波止場」「欲望という名の電車」等で美術監督をしているリチャード・デイの共同。「殺し屋稼業」のリー・ガームスが撮影にあたり、レイモンド・スコットが音楽を担当している。主演するのは、新人ジョン・ドルー・バリモア、「左ききの拳銃」のリタ・ミラン。他にスティーヴ・マックィーン、R・G・アームストロング、ロバート・ブレイ等が出演。ローレンス・エロートレイモンド・スコット作詞・作曲の主題歌2つをドロシイー・コリンズが歌っている。製作ハロルド・ロビンスとリチャード・デイ。

監督
ロバート・スティーヴンソン
出演キャスト
ジョン・ドリュー・バリモア リタ・ミラン ロバート・ブレイ スティーヴ・マックイーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・ドリュー・バリモア