映画-Movie Walker > 人物を探す > 岡太地

年代別 映画作品( 2007年 ~ 2019年 まで合計5映画作品)

2019年

レトロの愛情

  • 2019年6月29日(土)公開
  • 監督

吉本興業バックアップのもと各地の住民が制作に参加するプロジェクト地域発信型映画の一作で、福岡県北九州市門司を舞台にしたドラマ。数年ぶりに故郷・門司港に来たカメラマン。観光地に変貌した港を目にした彼は、町の人々の人情に触れ、地元愛を思い出す。監督は「川越街道」の岡太地。お笑いトリオ・ロバートの馬場裕之、秋山竜次、山本博の3人や、「牙狼〈GARO〉」シリーズの肘井美佳らが出演。2013年沖縄国際映画祭特別招待作品。「CINEMA JOURNEY 湯梨浜×門司×宗像」の一作として劇場上映。

監督
岡太地
出演キャスト
馬場裕之 肘井美佳 秋山竜次 山本博
2018年

川越街道

  • 2018年3月31日(土)公開
  • 監督、脚本、編集

映画学校ENBUゼミナールが主催する“CINEMA PROJECT”第6弾として製作された作品。10年間、引き籠っていた40歳のサトシは、家出した母の足取りを追って、埼玉県の川越市から東京の池袋へ向かう。道中、人との出会いを繰り返し……。出演は「友だちのパパが好き」の金子岳憲、「名前のない女たち うそつき女」の川瀬陽太。監督は「トロイの欲情」でぴあフィルムフェスティバル準グランプリを受賞した岡太地。2016年11月26日~30日新宿K's cinemaにてイベント上映。

監督
岡太地
出演キャスト
金子岳憲 小西麗 末延ゆうひ 金田侑生
2013年

きをつけてね

  • 2013年2月2日(土)公開
  • 監督

東日本大震災の日に徳島から東京へ引っ越してきた夫婦の苦悩と出会いの物語。岡太地と川原康臣が相互に脚本・監督を務める2作品を、『ぼくらのじしん』として連続上映するうちの1本。監督は、「屋根の上の赤い女」の岡太地。脚本・製作は、「ネコハコベフジワラさん」の川原康臣。出演は、青年団の中村真生、海津忠。

監督
岡太地
出演キャスト
中村真生 海津忠 有田杏子 内村遥

ゆれもせで

  • 2013年2月2日(土)公開
  • 脚本

震災後も東京で暮らす女性の元に大阪から元カレが迎えに来るが……。岡太地と川原康臣が相互に脚本・監督を務める2作品を、『ぼくらのじしん』として連続上映するうちの1本。監督・編集は、「ネコハコベフジワラさん」の川原康臣。脚本は、「屋根の上の赤い女」の岡太地。出演は、「パークアンドラブホテル」の神農幸。

監督
川原康臣
出演キャスト
神農幸 本多力
2007年

屋根の上の赤い女

  • 2007年9月15日(土)公開
  • 監督、脚本、編集

文化庁の若手映画作家育成プロジェクトに選ばれた岡太地が、青年の恋のハプニングを描く短編。ヒロインを演じるのは京阪電鉄のイメージキャラクター、おけいはんの3代目を演じる神農幸。

監督
岡太地
出演キャスト
山中崇 神農幸 高城ツヨシ 梶本潔
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 岡太地