映画-Movie Walker > 人物を探す > 木村文洋

年代別 映画作品( 2007年 ~ 2018年 まで合計8映画作品)

2018年

息衝く(いきづく)

  • 2018年2月24日(土)公開
  • 監督、プロデューサー、脚本

「愛のゆくえ(仮)」の木村文洋監督が、宗教・原発・家族をテーマに社会と個の関わりを問う人間ドラマ。新興宗教団体を母体とする政党の選挙戦に駆り出される則夫と大和。団体から離れた慈。三人は師である失踪したカリスマ的リーダー森山に再び会いに行く。脚本には批評家の杉田俊介らも参加。出演は「知らない町」の柳沢茂樹、「KOKORO」の長尾奈奈、「At the terrace テラスにて」の古屋隆太ほか。

監督
木村文洋
出演キャスト
柳沢茂樹 長尾奈奈 古屋隆太 坂本容志枝
2016年

秋の理由

  • 2016年10月29日(土)公開
  • 出演

詩人としても活躍する福間健二監督作品。出版社を経営する編集者・宮本。その友人で作家の村岡は代表作『秋の理由』以降、小説を発表しておらず、精神的な不調から声が出なくなる。村岡の新作を出したいと思う宮本は、実は村岡の妻・美咲に想いを寄せていた。出演は、「百円の恋」の伊藤洋三郎、「夢の女 ユメノヒト」の佐野和宏、「東京の日」の趣里、「キャタピラー」の寺島しのぶ。

監督
福間健二
出演キャスト
伊藤洋三郎 佐野和宏 趣里 寺島しのぶ
2012年

愛のゆくえ(仮)

  • 2012年12月1日(土)公開
  • 監督、脚本

一連のオウム真理教事件に関与し、全国指名手配された平田信の17年間に及んだ逃亡生活とその生活を支え続けた女性をモチーフにした愛の物語。脚本・主演は、「家族ゲーム」でスクリーンデビュー後、女優・劇作家・演出家・作家として活躍する前川麻子、共演に劇団“TSUMAZUKI NO ISHI”を主宰する寺十吾。監督・脚本は「へばの」の木村文洋。

監督
木村文洋
出演キャスト
寺十吾 前川麻子
2010年

にくめ、ハレルヤ!

  • 2010年6月26日(土)公開
  • 出演

阪神大震災の10年後を舞台に、震災で両親を失った青年と少女の逃避行を描く、第2回シネアスト・オーガニゼーション・エキシビジョン大阪(CO2)企画制作部門制作作品。監督は、「海ノダイナマイト」の板倉善之。出演は、「×4」の苧坂淳、テレビ『天才テレビくんMAX』の藤本七海、「濡れた唇」の絵沢萌子。

監督
板倉善之
出演キャスト
苧坂淳 藤本七海 長綾美 デカルコ・マリィ

LINE

  • 2010年5月22日(土)公開
  • 製作協力

「いいこ。」の小谷忠典による初のドキュメンタリー作品。大阪・大正区で父と恋人の子どもと暮らす自身の日常と、沖縄・コザの娼婦たちの姿を結びつけ、“他者と向き合うこと”“関係すること”の本質を浮かび上がらせる。第27回トリノ国際映画祭THE CULT AWARD入選の他、各国の映画祭で上映されている。

監督
小谷忠典
出演キャスト
小谷泰典 小谷忠典 森谷省三 佐々木美枝
2009年

へばの

  • 2009年1月31日(土)公開
  • 監督、脚本、編集

カイロ映画祭でシルバーアワードに輝くなど海外の映画祭で高い評価を受けた愛の物語。核燃料再処理工場のある村に生きる男女の愛と別れ、そして再生をリリカルな筆致で紡ぐ。

監督
木村文洋
出演キャスト
西山真来 長谷川等 工藤佳子 木村絹代
2007年

かぞくのひけつ

  • 2007年12月22日(土)公開
  • 製作部応援

関西出身のキャスト&大阪・十三ロケによる人情ドラマ。彼女との破局の危機にひんした純朴な高校生と、離婚の危機を迎えた彼の両親の苦悩をにぎやかにつづる。

監督
小林聖太郎
出演キャスト
久野雅弘 秋野暢子 桂雀々 ちすん

ラザロ LAZARUS

  • 2007年7月14日(土)公開
  • プロデューサー、助監督

「百年の絶唱」の井土紀州監督による愛憎ドラマ。冷酷な女、マユミが様々な困難に遭いながら、格差社会を強く生き抜き、日本経済を破滅させようとする姿を3部構成で描く。

監督
井土紀州
出演キャスト
東美伽 弓井茉那 成田里奈 大沼幸司
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 木村文洋