映画-Movie Walker > 人物を探す > 植村真紀

年代別 映画作品( 2007年 ~ 2018年 まで合計7映画作品)

2018年

母さんがどんなに僕を嫌いでも

歌川たいじによるコミックエッセイを「南瓜とマヨネーズ」の太賀主演で映画化。幼い頃から母・光子にののしられ、心身ともに傷つけられてきたタイジ。やがて大人になった彼は、心を許せる友人たちと出会い、彼らに背中を押されながら、母親と向き合っていく。共演は「ラブ×ドック」の吉田羊、「レディ・プレイヤー1」の森崎ウィン、「ホペイロの憂鬱」の白石隼也、「ガールズ・ステップ」の秋月三佳、「溺れるナイフ」の斉藤陽一郎、「泣き虫ピエロの結婚式」のおかやまはじめ、「恋人たち」の木野花。脚本を「白鳥麗子でございます!THE MOVIE」の大谷洋介、撮影を「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」の板倉陽子が担当。監督は「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」の御法川修。

監督
御法川修
出演キャスト
太賀 吉田羊 森崎ウィン 白石隼也
2017年

リベンジgirl

  • 2017年12月23日(土)公開
  • プロデューサー

元カレを見返そうと総理大臣を目指すヒロインの奮闘を描く、桐谷美玲主演のラブストーリー。性格以外は完璧な女性が、政治家一家の御曹司にフラれたのを機に、政治の世界に足を踏み入れ、周囲の人々を巻き込んでいくさまがつづられる。主人公を支える政治秘書を鈴木伸之が演じる。監督は『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』の三木康一郎。

監督
三木康一郎
出演キャスト
桐谷美玲 鈴木伸之 清原翔 馬場ふみか
2016年

白鳥麗子でございます! THE MOVIE

  • 2016年6月11日(土)公開
  • プロデューサー

鈴木由美子原作の人気コミックを基に、世間知らずなお嬢さま、白鳥麗子が巻き起こす騒動を描く、河北麻友子主演のラブ・コメディ。16年1月から放送されたテレビ版のその後のエピソードとなり、麗子と恋人・哲也の運命を左右する物語が展開する。哲也を引き続き水野勝が、その最大のライバルとなる桐生役を小林豊が演じる。

監督
久万真路
出演キャスト
河北麻友子 水野勝 小林豊 田村侑久
2014年

ニシノユキヒコの恋と冒険

  • 2014年2月8日(土)公開
  • プロデューサー

芥川賞作家・川上弘美による連作短編集を竹野内豊主演で映画化したラブストーリー。稀代のモテ男・ニシノユキヒコと7人の女性たちとの愛の行方をつづる。尾野真千子、成海璃子、本田翼ら豪華女優陣がニシノを取り巻く女性たちに扮する。メガホンを握るのは『人のセックスを笑うな』で話題を呼んだ女性監督・井口奈己。

監督
井口奈己
出演キャスト
竹野内豊 尾野真千子 成海璃子 木村文乃
2009年

今度の日曜日に

  • 2009年4月11日(土)公開
  • プロデューサー

まったく接点のなかった男女の心の触れ合いをユーモアたっぷりにつづる感動作。歌舞伎界のスター、市川染五郎と韓国の人気歌手ユンナの顔合わせも見ものだ。

監督
けんもち聡
出演キャスト
市川染五郎 ユンナ ヤン・ジヌ チョン・ミソン
2008年

西の魔女が死んだ

  • 2008年6月21日(土)公開
  • 「西の魔女が死んだ」製作委員会

中学校に通うのが苦痛になった少女まいが、田舎でひとり暮らしをする英国人の祖母のもとに預けられる。そこでまいは、早寝早起きの規則正しい生活やジャム作りなどの“魔女修行”をこなし、生きる力を取り戻していく。

監督
長崎俊一
出演キャスト
サチ・パーカー 高橋真悠 りょう 鈴木龍之介
2007年

素敵な夜、ボクにください

  • 2007年2月24日(土)公開
  • プロデューサー

トリノオリンピックで日本中を熱狂させたカーリングをテーマに、日韓の男女の国境を超えた愛を描くラブ・コメディ。主演は吹石一恵と、「ホテリアー」のキム・スンウ。

監督
中原俊
出演キャスト
吹石一恵 キム・スンウ 占部房子 関めぐみ
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 植村真紀

ムービーウォーカー 上へ戻る