TOP > 映画監督・俳優を探す > 黒田大輔

年代別 映画作品( 2007年 ~ 2020年 まで合計29映画作品)

2020年

ジオラマボーイ・パノラマガール

  • 11月6日(金)
  • 出演(山形先生 役)

岡崎京子が1989年に刊行した同名マンガの舞台を現代に置き換え実写映画化。東京に住む平凡な高校生・渋谷ハルコは、ある日、神奈川ケンイチと出会い、ひとめぼれする。一方、ケンイチは衝動的に学校を辞め、危険な香りのする女の子・マユミに夢中になる。監督・脚本は、「PARKS パークス」の瀬田なつき。出演は、「小さな恋のうた」の山田杏奈、ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』の鈴木仁。

監督
瀬田なつき
出演キャスト
山田杏奈 鈴木仁 滝澤エリカ 若杉凩

おらおらでひとりいぐも

第158回芥川賞と第54回文藝賞をW受賞した若竹千佐子の同名ベストセラーを、『キツツキと雨』の沖田修一監督が映画化した人間ドラマ。夫に先立たれた75歳の桃子さんが、不安や寂しさを受け入れることで、孤独な毎日をにぎやかに変えていく。現在の桃子さんを田中裕子が、20歳から34歳の桃子さんを蒼井優が演じ二人一役に挑むほか、濱田岳、青木崇高、宮藤官九郎がそれぞれ桃子さんの“心の声”に扮する。

監督
沖田修一
出演キャスト
田中裕子 蒼井 優 東出昌大 濱田 岳

喜劇 愛妻物語

「百円の恋」の足立紳による自伝的小説を自ら監督して映画化。売れない脚本家の豪太は、妻チカ、娘アキとの三人家族。セックスレスに苛まれている豪太は妻の機嫌を取ろうとするが、チカは夫に冷たい。ある日、豪太は香川への取材を兼ねた家族旅行を提案する。出演は、「決算!忠臣蔵」の濱田岳、「グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇」の水川あさみ。第32回東京国際映画祭コンペティション部門公式上映作品。

監督
足立紳
出演キャスト
濱田岳 水川あさみ 新津ちせ 大久保佳代子
2019年

ブルーアワーにぶっ飛ばす

  • 2019年10月11日(金)
  • 出演(砂田澄夫 役)

映像クリエイターと作品企画の発掘・育成を目指すTSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016にて審査員特別賞を受賞し製作された人間ドラマ。コンプレックスを抱えるCMディレクターの砂田は、祖母を見舞うため、友人の清浦を連れ立って大嫌いな故郷・茨城に帰る。本作で監督デビューした箱田優子は、第22回上海国際映画祭アジア新人部門にて最優秀監督賞を受賞。自虐的で自信がない砂田を「きばいやんせ! 私」の夏帆が、親友の清浦を「新聞記者」のシム・ウンギョンが演じる。

監督
箱田優子
出演キャスト
夏帆 シム・ウンギョン 渡辺大知 ユースケ・サンタマリア

凪待ち

  • 2019年6月28日(金)
  • 出演

バイオレンス描写と人間ドラマに定評のある『孤狼の血』の白石和彌監督が、香取慎吾を主演に迎えて描くヒューマンサスペンス。恋人の故郷で再出発をしようとした男が、小さな綻びの積み重ねの末に、恋人も仕事も失い、自暴自棄になっていくさまが描かれる。主人公の恋人を西田尚美、その娘を恒松祐里が演じる。

監督
白石和彌
出演キャスト
香取慎吾 恒松祐里 西田尚美 吉澤健
2018年

馬の骨

  • 2018年6月2日(土)
  • 出演(荻野 役)

NHK連続テレビ小説『ひよっこ』で注目された小島藤子主演によるコメディー。30年前、伝説の音楽オーディション番組に出場した熊田。気づけば風采の上がらない中年男になっていた彼は、ある日、シンガーソングライターを夢見てアイドル活動を行うユカに出会う。俳優、プロデューサーとして活躍する桐生コウジが自身の体験を基に映画化。脚本・監督を務め、劇中では熊田を演じる。共演は『いけない!ルナ先生』シリーズの深澤大河、「川の底からこんにちは」のしのへけい子、「あぶない刑事」シリーズのベンガル。撮影を「ディストラクション・ベイビーズ」の佐々木靖之、音楽を「ディアーディアー」の岡田拓郎が手がける。2018年4月7日、『第32回高崎映画祭』にて特別先行上映。

監督
桐生コウジ
出演キャスト
小島藤子 深澤大河 しのへけい子 信太昌之

響 -HIBIKI-

「マンガ大賞2017」で大賞に輝いた柳本光晴の人気コミックを、人気アイドルグループ、欅坂46の平手友梨奈主演で映画化した人間ドラマ。女子高生の響が、圧倒的な才能で文学界を揺るがしていく様が描かれる。北川景子が、響を一人前の小説家として育てようとする若手編集者を、アヤカ・ウィルソンが人気作家を父親に持つ響の友人を演じる。

監督
月川翔
出演キャスト
平手友梨奈 アヤカ・ウィルソン 高嶋政伸 柳楽優弥
2017年

月と雷

  • 2017年10月7日(土)
  • 出演

直木賞作家・角田光代の同名小説を「海を感じる時」の安藤尋が映画化。結婚を控えた泰子の前に、かつて半年間だけ一緒に暮らしたことがある父の愛人の息子・智が現れる。これをきっかけに、2人は一緒に母親や異父妹、智の母・直子の元を訪ね歩くが……。出演は「終戦のエンペラー」の初音映莉子、「彼女の人生は間違いじゃない」の高良健吾。

監督
安藤尋
出演キャスト
初音映莉子 高良健吾 藤井武美 黒田大輔

PARKS パークス

2017年5月に開園100周年を迎える東京・井の頭恩賜公園を舞台にした青春群像劇。亡き父親の元恋人・佐和子を捜しているという高校生ハルと知り合った女子大生の純。佐和子の孫トキオから彼女が既にこの世を去ったことを聞いた二人は、ある遺品を手渡される。出演は「バースデーカード」の橋本愛、「俺物語!!」の永野芽郁、「海賊とよばれた男」の染谷将太、「エミアビのはじまりとはじまり」の森岡龍、「なりゆきな魂、」の佐野史郎。監督・脚本は「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の瀬田なつき。撮影は「ディストラクション・ベイビーズ」の佐々木靖之。音楽監修は「HOMESICK」のトクマルシューゴ。

監督
瀬田なつき
出演キャスト
橋本愛 永野芽郁 染谷将太 石橋静河

そうして私たちはプールに金魚を、

  • 2017年4月8日(土)
  • 出演(父 役)

スピード感あふれる演出で少女たちの心情を綴り、日本映画初のサンダンス映画祭短編部門グランプリを受賞した作品。2012年夏、埼玉県狭山市の中学校のプールに400匹の金魚が放たれる。犯人は4人の女子中学生。彼女たちはなぜ事件を起こしたのか? メガホンを取ったのは、CMプランナーとしても活躍する長久允。出演は「あえかなる部屋 内藤礼と、光たち」の湯川ひな。

監督
長久允
出演キャスト
湯川ひな 松山莉奈 西本まりん 菊地玲那

黒田大輔の関連人物

高良健吾  山中崇  でんでん  光石研  内田慈 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 黒田大輔

ムービーウォーカー 上へ戻る