映画-Movie Walker > 人物を探す > アラン・ネイピア

年代別 映画作品( 1946年 ~ 1988年 まで合計29映画作品)

1988年

キャット・ピープル(1942)

  • 1988年5月3日(火)公開
  • 出演(Carver 役)

猫族に生まれた女性の苦悩と恐怖を描くホラー映画。製作はヴァル・リュウトン、監督はジャック・ターナー、脚本はダウイツト・ボディーン、撮影はニコラス・ミュスラカ、音楽はロイ・ウェッブが担当。出演はシモーヌ・シモン、ケント・スミスほか。日本版字幕は辻美奈子。モノクロ、スタンダード。

監督
ジャック・ターナー
出演キャスト
シモーヌ・シモン ケント・スミス トム・コンウェイ ジェーン・ランドルフ

恐怖省

  • 1988年1月23日(土)公開
  • 出演(D._Forrester 役)

1人の男が謎の秘密結社の陰謀に巻き込まれてゆく姿を描いたサスペンス。製作・脚本はセトン・I・ミラー、監督は「死刑執行人もまた死す」のフリッツ・ラング、原作はグレアム・グリーン、撮影はヘンリー・シャープ、美術はハンス・T・ドライエールとハル・ペレイラ、音楽はヴィクター・ヤングがそれぞれ担当。出演はレイ・ミランド、マージョリー・レイノルズほか。

監督
フリッツ・ラング
出演キャスト
レイ・ミランド マージョリー・レイノルズ カール・エスモンド ダン・デュリエ
1966年

逆転殺人

  • 1966年2月13日公開
  • 出演(The Vicar 役)

モント・ドイルの戯曲「殺人への道標」を、サリー・ベンソンが脚色、「侵略」のジョージ・イングランドが監督したサイコものサスペンス・ドラマ。撮影は「ランダース」のポール・C・ヴォーゲル、音楽は「泥棒成金」のリン・マレーが担当した。出演は「素晴らしきヒコーキ野郎」のスチュアート・ホイットマン、「パリが恋するとき」のジョアン・ウッドワード、「地底探検」のアラン・ネイピア、ほかにエドワード・マルヘア、ジョイス・ワースリーなど。製作はローレンス・ウェインガーテン。

監督
ジョージ・イングランド
出演キャスト
ジョアン・ウッドワード スチュアート・ホイットマン エドワード・マルヘア アラン・ネイピア
1965年

36時間(1964)

  • 1965年3月4日公開
  • 出演(Colonel_Peter_MacLean 役)

ロアルド・ダール原作の「犬にご用心」とカーク・K・ヒットマンとルイス・H・バンス共作のストーリーを「零下の敵」のジョージ・シートンが脚色・監督したスパイ映画。撮影は「ピンクの豹」のフィリップ・H・ラスロップ、音楽は「ローマ帝国の滅亡」のディミトリ・ティオムキンが担当した。出演は「セパレート・ベッド」のジェームズ・ガーナー、「栄光への脱出」のエヴァ・マリー・セイント、「ニューヨークの休日」のロッド・テイラー、ワーナー・ピーターズ、ジョン・バナーなど。製作はウィリアム・パールバーグ。

監督
ジョージ・シートン
出演キャスト
ジェームズ・ガーナー エヴァ・マリー・セイント ロッド・テイラー ヴェルナー・ペータース
1964年

姦婦の生き埋葬

  • 1964年11月7日公開
  • 出演(Dr.Gideon_Gault 役)

エドガー・アラン・ポーの原作をチャールズ・ビューモント、レイ・ラッセルが共同で脚色、ロジャー・コーマンが製作・演出したスリラードラマ。撮影はフロイド・クロスビー、音楽はロナルド・スタインが担当した。出演はレイ・ミランド、ヘイゼル・コート、リチャード・ネイ、ヘザー・エンジェルほか。

監督
ロジャー・コーマン
出演キャスト
レイ・ミランド ヘイゼル・コート リチャード・ネイ ヘザー・エンジェル

マーニー

  • 1964年8月29日公開
  • 出演(Mr.Rutland 役)

ウインストン・グラハムの原作をジェイ・プレッソン・アレンが脚色、「鳥」のアルフレッド・ヒッチコックが製作・演出したミステリー・ドラマ。撮影はロバート・バークス、音楽はバーナード・ハーマンが担当した。出演は「鳥」のティッピー・ヘドレン、「わらの女」のショーン・コネリー、「逆転」のダイアン・ベーカーほかに、アラン・ネイピア、ルイーズ・ラサム、マーティン・ゲーベルなど。

監督
アルフレッド・ヒッチコック
出演キャスト
ティッピー・ヘドレン ショーン・コネリー ダイアン・ベーカー ルイーズ・ラサム
1961年

嵐の季節(1961)

  • 1961年11月11日公開
  • 出演(Professor_Larson 役)

J・R・サラマンカの原作をクリフォードオデッツが脚色したドラマ。監督をフィリップ・ダンが担当。撮影はウィリアム・C・メラー。音楽を受け持っているのはケニョン・ホプキンス。出演しているのはエルヴィス・プレスリー、ホープ・ラング、チューズデイ・ウェルド、ミリー・パーキンスなど。製作はジェリー・ウォルド。

監督
フィリップ・ダン
出演キャスト
エルヴィス・プレスリー ホープ・ラング チューズデイ・ウェルド ミリー・パーキンス
1960年

地底探検

  • 1960年4月28日公開
  • 出演(Dean 役)

ジュール・ヴェルヌの空想小説「地軸への旅」の映画化。「ゆきすぎた遊び」のチャールズ・ブラケットと「夢去りぬ」のウォルター・ライシュが共同で脚色にあたり、監督は「覆面の騎士」のヘンリー・レヴィン。撮影は「ゆきすぎた遊び」のレオ・トーヴァーが担当。音楽を受けもったものはバーナード・ハーマン。出演するのは「日のあたる島」のジェームズ・メースン、「恋愛候補生」のパット・ブーン、「悪の対決」のアーリン・ダール、「アンネの日記」のダイアン・ベーカー、セイヤー・デイヴィッド、ピーター・ロンソン等。製作チャールズ・ブラケット。

監督
ヘンリー・レビン
出演キャスト
パット・ブーン ジェームズ・メイソン アーレン・ダール ダイアン・ベーカー
1956年

裏切りの街角

  • 1956年8月25日公開
  • 出演(Finchley 役)

愛してはならぬ女と知りながら、それに惹かれて悪の沼に陥り、遂に暗黒街の銃弾に倒された男の悲劇。ドン・トレイシーの原作から「情欲の悪魔」のダニエル・フックスが脚色、「外人部隊」のロバート・シオドマクが監督、「海底二万哩」のフランツ・プラナーが撮影、「緑の火、エメラルド」のミクロス・ローザが音楽を夫々担当した。主な出演者は、「空中ぶらんこ」のバート・ランカスター、「地中海夫人」のイヴォンヌ・デ・カーロ、「雷鳴の湾」のダン・デュリエ、「非常線(1953)」のスティーブン・マクナリーのほか当時売り出しのトニー・カーティスが助演。

監督
ロバート・シオドマク
出演キャスト
バート・ランカスター イヴォンヌ・デ・カーロ ダン・デュリエ スティーブン・マクナリー
1955年

ダニー・ケイの黒いキツネ

  • 1955年12月24日公開
  • 出演(Brockhurst 役)

ダニー・ケイの「あの手この手」のノーマン・パナマとメルヴィン・フランクのチームが、前作同様、製作・脚本・監督を担当した中世イングランドを舞台とする喜活劇。撮影はレイ・ジューン、音楽はヴィクター・ショーン。作詞・作曲は「あの手この手」と同じくダニー・ケイ夫人のシルヴィア・ファインとサミー・カーン。主な出演者はダニー・ケイの他、「島のならず者」のグリニス・ジョンズ、アンジェラ・ランズベリー、「俺達は天使じゃない(1955)」のバジル・ラスボーン、「静かなる男」のミルドレッド・ナットウィック、英国俳優セシル・パーカーなど。テクニカラーによる1955年作品。

監督
ノーマン・パナマ メルヴィン・フランク
出演キャスト
ダニー・ケイ グリニス・ジョンズ アンジェラ・ランズベリー ベイジル・ラスボーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アラン・ネイピア