映画-Movie Walker > 人物を探す > Edwin Sturgis

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1930年 まで合計3映画作品)

1930年

法の外(1930)

  • 1930年
  • 出演(Jake 役)

M.G.M 社で「見世物」「知られぬ人」その他を作ったトッド・ブラウニングがユニヴァーサル社へ復帰後の第1回監督作品で原作は自身の筆になり、脚色及び台詞は氏と「喝采」「女は嘘つき」のギャレット・フォートが共同であたった。主なる出演者は「妻呼ぶ怒涛」「ソレルとその子」のメアリー・ノーラン、「黒い鳥」「導火線」のマット・ムーア、「夜襲」のエドワード・G・ロビンソン、幼年俳優デルマー・ワトソン、「疑惑の渦」のロックリフ・フェローズ、デウィット・ジェニングス。カメラは、「恋の行末」のロイ・オヴァボーが担任している。ちなみにこのストーリーは同一監督により1921年にも映画化されたことがあった。

監督
トッド・ブラウニング
出演キャスト
メアリー・ノーラン エドワード・G・ロビンソン オーエン・ムーア Edwin Sturgis
1923年

死の勝利

  • 1923年
  • 出演(Jake_D rr 役)

チャールズ・ファースマン氏の原作をウィリアム・パーク氏が監督したもので、主役は「燃ゆる砂」「赤ん坊悪魔」等出演のミルトン・シルス氏で相手役はクレア・アダムス嬢である。

監督
ウィリアム・パーク
出演キャスト
ミルトン・シルス マーガレット・キャンベル クレア・アダムス Edwin Sturgis
1919年

交通巡査

  • 1919年
  • 出演(Gus_Andrew 役)

トム・ムーア氏出演のロマンスで相手は「ヴィクトリー」が最近紹介されたシーナ・オウエン嬢。名子役ピーチェス・ジャクソン嬢も出演する。「アルジー卿夫妻」「快男子」「行けよ若者」その他でムーア氏を監督したハリー・ボーモン氏がこの映画をも監督している。ニュース誌は『ムーア氏の明るい演技を見るべきもので、劇筋から言えば主人公と女主人公が最初に出会ったところまで見れば、あとは誰にも判る程平凡なもの』と言っている。

監督
ハリー・ボーモン
出演キャスト
トム・ムーア シーナ・オウエン ピーチェス・ジャクソン モリー・マッコーネル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > Edwin Sturgis