TOP > 人物を探す > シセ・バベット・クヌッセン

年代別 映画作品( 2007年 ~ 2020年 まで合計5映画作品)

2020年

9人の翻訳家 囚われたベストセラー

映画「インフェルノ」の原作小説出版時の実話を元にしたミステリー。人気小説『デダリュス』完結編の世界同時出版のため、9カ国の翻訳家が密室に集められる。翻訳作業は外部との接触を断って行われていたが、小説をネットに公開するという脅迫メールが届く。監督は、「タイピスト!」のレジス・ロワンサル。出演は、「神々と男たち」のランベール・ウィルソン、「007/慰めの報酬」のオルガ・キュリレンコ、「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のアレックス・ロウザー。

監督
レジス・ロワンサル
出演キャスト
ランベール・ウィルソン オルガ・キュリレンコ エデュアルド・ノリエガ リッカルド・スカマルチョ
2017年

王様のためのホログラム

  • 2017年2月10日(金)
  • 出演(Hanne 役)

エリート人生から転落し、異国サウジアラビアで王様相手に3Dホログラムをプレゼンするハメになる中年男をトム・ハンクスが演じるハートフルなドラマ。ピューリッツァー賞候補にもなったデイヴ・エガーズの原作を『クラウド アトラス』のトム・ティクヴァ監督が映像化。彼の作品ではおなじみのベン・ウィショーが脇を固める。

監督
トム・ティクヴァ
出演キャスト
トム・ハンクス アレクサンダー・ブラック サリター・チョウドリー シセ・バベット・クヌッセン

アムール、愛の法廷

  • 2017年5月13日(土)
  • 出演

第72回ヴェネチア国際映画祭で男優賞と脚本賞を受賞したラブストーリー。厳格な裁判官ミシェルは、陪審員として現れた女医ディットと法廷で再会。ディットは、かつてミシェルが思いを寄せた相手だった。この再会が、冷徹なミシェルの行動を変えてゆく……。主演は「危険なプロット」のファブリス・ルキーニ。シセ・バベット・クヌッセン(「インフェルノ」)は、本作でセザール賞助演女優賞を受賞。監督・脚本は、「大統領の料理人」のクリスチャン・ヴァンサン。

監督
クリスチャン・ヴァンサン
出演キャスト
ファブリス・ルキーニ シセ・バベット・クヌッセン エヴァ・ラリエ コリンヌ・マシエロ
2016年

インフェルノ

  • 2016年10月28日(金)
  • 出演

大学教授ラングドンが世界を揺るがす陰謀に立ち向かう姿を描く、ダン・ブラウン原作による『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズ第3弾。詩人ダンテの叙事詩「神曲 地獄篇」に秘められた暗号を読み解き、巨大な陰謀から世界を救おうとするラングドンをトム・ハンクスが演じる。監督はシリーズ前2作も手がけたロン・ハワード。

監督
ロン・ハワード
出演キャスト
トム・ハンクス フェリシティ・ジョーンズ オマール・シー シセ・バベット・クヌッセン
2007年

アフター・ウェディング

  • 2007年10月27日(土)
  • 出演(ヘレネ 役)

デンマークの女性監督スサンネ・ビアによるヒューマン・ドラマ。悲しい現実に直面したある家族の愛と苦悩の物語が、生々しい情感みなぎる映像のなかに展開する。

監督
スサンネ・ビア
出演キャスト
マッツ・ミケルセン ロルフ・ラスゴード シセ・バベット・クヌッセン スティーネ・フィッシャー・クリステンセン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/5更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > シセ・バベット・クヌッセン