映画-Movie Walker > 人物を探す > アラン・アタル

年代別 映画作品( 2007年 ~ 2020年 まで合計10映画作品)

2020年

9人の翻訳家 囚われたベストセラー

映画「インフェルノ」の原作小説出版時の実話を元にしたミステリー。人気小説『デダリュス』完結編の世界同時出版のため、9カ国の翻訳家が密室に集められる。翻訳作業は外部との接触を断って行われていたが、小説をネットに公開するという脅迫メールが届く。監督は、「タイピスト!」のレジス・ロワンサル。出演は、「神々と男たち」のランベール・ウィルソン、「007/慰めの報酬」のオルガ・キュリレンコ、「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のアレックス・ロウザー。

監督
レジス・ロワンサル
出演キャスト
ランベール・ウィルソン オルガ・キュリレンコ エデュアルド・ノリエガ リッカルド・スカマルチョ
2019年

シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢

  • 2019年7月12日(金)
  • 製作

本国フランスで大ヒットを記録した、コミカルなテイストの人間ドラマ。家庭や仕事などにトラブルを抱える8人のおじさんたちが男子シンクロナイズド・スイミングで世界選手権の金メダルを目指し、奮闘する。スウェーデンに存在するチームをモデルに、俳優としても活躍するジル・ルルーシュが初の単独監督を務めた。

監督
ジル・ルルーシュ
出演キャスト
マチュー・アマルリック ギヨーム・カネ ブノワ・ポールヴールド ジャン=ユーグ・アングラード
2017年

愛を綴る女

  • 2017年10月7日(土)
  • プロデューサー

ベストセラー小説『祖母の手帖』を「マリアンヌ」のマリオン・コティヤール主演で映画化。1950年代南仏。家族が決めた相手と愛のない結婚をしたガブリエルは、療養所で出会った帰還兵ソヴァージュと激しい恋に落ち、彼と離れても熱烈な手紙を綴り続ける。狂おしいほどの愛に突き動かされるガブリエルをマリオン・コティヤールが演じるほか、「モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由」のルイ・ガレルがガブリエルの運命の男アンドレ・ソヴァージュを、真面目な夫を「ペインレス」のアレックス・ブレンデミュールが演じる。監督は「愛と哀しみのボレロ」はじめ数々の作品に出演、「ヴァンドーム広場」などでメガホンを取ったニコール・ガルシア。第69回カンヌ映画祭コンペティション部門正式出品作品。一般公開に先駆け、フランス映画祭2017にて上映(上映日:2017年6月24日)。

監督
ニコール・ガルシア
出演キャスト
マリオン・コティヤール ルイ・ガレル アレックス・ブレンデミュール ブリジット・ルアン

ザ・ダンサー

  • 2017年6月3日(土)
  • 製作

モダンダンスの祖と言われる伝説のダンサー、ロイ・フラーの半生を描く伝記ドラマ。バレエの殿堂オペラ座で踊るという夢を叶えるため、アメリカから海を渡ったロイが新たな表現方法で人々を魅了していく姿がつづられる。ロイをミュージシャンのソーコが、彼女が見出すダンサーをリリー=ローズ・デップが演じる。

監督
ステファニー・ディ・ジュースト
出演キャスト
ソーコ リリー=ローズ・デップ ギャスパー・ウリエル メラニー・ティエリー

モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由

  • 2017年3月25日(土)
  • プロデューサー

激しく惹かれ合った男女の10年を綴り、主演のエマニュエル・ベルコが第68回カンヌ国際映画祭で女優賞に輝いたラブストーリー。スキー事故で大怪我をした女性弁護士トニーは、リハビリをしながら、ジョルジオとの情熱的で波乱に満ちた愛を振り返っていく。「フィフス・エレメント」などに出演、「パリ警視庁:未成年保護部隊」(未)で第64回カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞したマイウェン監督が、普遍的な男女の問題を描く。相手役のジョルジオを「美女と野獣」のヴァンサン・カッセルが演じる。劇場公開に先駆け、フランス映画祭2016にて上映(上映日:2016年6月25日)。

監督
マイウェン
出演キャスト
ヴァンサン・カッセル エマニュエル・ベルコ ルイ・ガレル イジルド・ル・ベスコ
2014年

マイ・ブラザー 哀しみの銃弾

  • 2014年7月19日(土)
  • プロデューサー

フランスの俳優ギョーム・カネが、2008年に主演した「Les liens du sang」を自らの監督で英語リメイクした犯罪サスペンス。ニューヨークを舞台に、犯罪に手を染めた兄と刑事の弟の葛藤を描く。出演は「シャドー・ダンサー」のクライヴ・オーウェン、「パブリック・エネミーズ」のビリー・クラダップ。

監督
ギヨーム・カネ
出演キャスト
クライヴ・オーウェン ビリー・クラダップ マリオン・コティヤール ミラ・クニス
2013年

タイピスト!

1950年代のフランスを舞台に、不器用な新米秘書がタイピングの才能を見いだされ、タイプライター早打ち大会に向けて猛特訓を積むサクセス・ストーリー。レトロでポップな1950年代らしさが詰め込まれている。監督は、本作が初長編監督作品となるレジス・ロワンサル。本作で2013年セザール賞新人監督作品賞など5部門にノミネートされた。「ある子供」のデボラ・フランソワが憧れの秘書業に就こうとするがドジばかり踏む女性を、「ハートブレイカー」のロマン・デュリスが彼女のタイピングの才能を伸ばそうと厳しく指導する経営者を演じている。ほか、「アーティスト」のベレニス・ベジョ、「オーケストラ!」のミュウ=ミュウらが出演。

監督
レジス・ロワンサル
出演キャスト
ロマン・デュリス デボラ・フランソワ ベレニス・ベジョ ミュウ・ミュウ
2010年

オーケストラ!

音楽への思いを捨てられず、偽の楽団を結成して再び成功をつかもうとする人々の姿を描く音楽ドラマ。モーツァルトやチャイコフスキーなど、クラシックの名曲が全編を彩る。

監督
ラデュ・ミヘイレアニュ
出演キャスト
アレクセイ・グシコフ メラニー・ロラン フランソワ・ベルレアン ミュウ・ミュウ
2011年

唇を閉ざせ

  • 2011年8月14日(日)
  • 製作

殺されたはずの妻から届いたメールの謎を追う男を描くサスペンス。監督は「美しき運命の傷痕」などの俳優ギヨーム・カネ。出演は「ラ・ピエトラ 愛を踊る女」のフランソワ・クリューゼ、マリー=ジョセ・クローズら。2007年セザール賞最優秀監督賞、最優秀男優賞受賞作。2011年8月13日より、東京・ヒューマントラストシネマ渋谷にて開催された「三大映画祭週間 2011」にて上映。

監督
ギヨーム・カネ
出演キャスト
フランソワ・クリュゼ マリー=ジョセ・クローズ クリスティン・スコット・トーマス アンドレ・デュソリエ
2007年

ナルコ

  • 2007年10月20日(土)
  • 原案、製作

ポップな映像感覚と個性的なキャラクターが魅力のフレンチ・コメディ。ところ構わず眠ってしまう病気を患う青年の、奇想天外な幸せ探しが展開していく。

監督
トリスタン・オリエ ジル・ルルーシュ
出演キャスト
ギヨーム・カネ ザブー・ブライトマン ブノワ・ポールヴールド ギヨーム・ガリエンヌ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1

マーク・チャオ&ホァン・ボー主演、台湾の人気アクション刑事ドラマが劇場映画化

ハーバー・クライシス 都市壊滅
ハーバー・クライシス 都市壊滅

台湾の湾岸都市をねらう秘密武装組織に立ち向かう二人の刑事の戦いを描くアクション

チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜
チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜

広瀬すず主演、全米大会で優勝した福井県立福井商業高等学校チアリーダー部の実話を映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アラン・アタル