映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェームズ・モリソン

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1999年 まで合計12映画作品)

1999年

疑惑の幻影

  • 1999年2月27日(土)公開
  • 出演(Paul Saxon 役)

影の巨大な力に脅かされながら、殺人事件の真相に挑む女弁護士の姿を描いたスリラー。監督は「ホワイト・ファンク」のランダル・グレイザー。脚本は本作がデビューのマイラ・ビヤンカと、アカデミー賞ノミネートの短編『Bronx Cheers』のレイモンド・デフェリタ。製作はアダム・クライン。撮影は「ブラック・レイン」の第二班撮影や「GIジェーン」のカメラ・オペレーターを経て、本作が撮影監督デビューのクレイグ・ハーゲンセン。音楽はジョエル・ゴールドスミス。美術は「ディフェンスレス 密会」のカーティス・A・シュネル、編集はジェフ・ゴーソン。衣裳は「愛と青春の旅だち」のリタ・リッグス。出演は「あなたに逢いたくて」のメラニー・グリフィス、「相続人」のトム・ベレンジャー、「スリープ・ウィズ・ミー」のクレイグ・シェイファー、ミュージシャンのヒューイ・ルイス(「ショート・カッツ」)、「沈黙のジェラシー」のニーナ・フォッチほか。

監督
ランダル・クレイザー
出演キャスト
メラニー・グリフィス トム・ベレンジャー クレイグ・シェファー ヒューイ・ルイス
1925年

雷親爺

  • 1925年当年公開
  • 出演(Abel 役)

「突貫花婿」と同じくルバート・ヒューズ氏の原作でアルフ・グールディング氏の監督になったもので脚色はアグネス・クリスティン・ジョンストン女史が担当した。主役は新進のサリー・オニール嬢で相手役は「青春に浴して」に出演したジョン・パトリック氏が演じ、「突貫花婿」出演のバート・ローチ氏「良人の危険時代」等出演のジェームズ・モリソン氏、エステル・クラーク嬢、デウィット・ジェニングス氏、ジョニー・フォックス君等が助演している。

監督
アルフ・グールディング
出演キャスト
サリー・オニール ジョン・パトリック バート・ローチ ジェームズ・モリソン

大洋は怒る

  • 1925年当年公開
  • 出演(Grant_Demarest 役)

イゾラ・フォレスター女史作の小説をアグネス・パーソン女史が脚色し「妻の秘密」「鉄血騎手」と同じくスコット・ダンラップ氏が監督したものである「ヴェニスの一夜」「明日は晴れ」等出演のメイ・アリスン嬢が主役を演じ、ホームズ・ハーバート氏、ローズメリー・セビー嬢、ジェームズ・モリソン等の腕利き連が出演している。

監督
スコット・ダンラップ
出演キャスト
メイ・アリソン ホームズ・ハーバート ローズマリー・セビー ジェームズ・モリソン
1924年

青春の美酒

  • 1924年当年公開
  • 出演(Clinton 役)

「男子凱旋」「腕自慢」等と同じくキング・ヴィダー氏監督作品で原作はラシェル・クロザース女史作の戯曲で1923年にニューヨークで上演されたもの。撮影台本はケイリー・ウィルソン氏が執筆した。主役は「腕自慢」「新婚の危機」「惑溺の十字路」等出演のエリナー・ボードマン嬢で、対手役は「動員一下」「荒み行く女性」等出演のベン・ライオン氏と「囁きの小径」「アンニー可愛や」等出演のウィリアム・ヘインズ氏が勤め、ポーリン・ギャロン嬢、ウィリアム・コリアー・ジュニア氏、ロバート・エイニュー氏、ジェームズ・モリソン氏、クレイトン・ヘール氏、ジョニー・ウォーカー氏、ナイルス・ウェルチ氏等が助演している。

監督
キング・ヴィダー
出演キャスト
エリナー・ボードマン ジェームズ・モリソン ジョニー・ウォーカー ナイルス・ウェルチ
1923年

隣同士大取組

  • 1923年当年公開
  • 出演(Jimmie_Wisner 役)

「北緯三十六度」の原作者エマーソン・ホウ作の小説をC・グレアム・ベイカーが脚色し「サイベリア」「迷路の乙女」等と同じくヴィクター・シェルツィンゲルが監督したもので主役は「大自然の籠児」「悪魔の罵る声」等出演のアリス・カルホーンと「洪水!洪水!」「キャプテン・ブラッド」等出演のジェームズ・モリソンで、デイヴィッド・トーレンス、フランク・シェリダン、ジョン・ステップリング、アディル・ファリントン等が共演している。

監督
ヴィクター・シェルツィンゲル
出演キャスト
アリス・カルホーン ジェームズ・モリソン デイヴィッド・トーレンス フランク・シェリダン

殺人光線

  • 1923年当年公開
  • 出演(Leslie_Bradbury 役)

ローランド・ウェストとカーライル・ムーア合作の舞台劇を、ローランド・ウェストとポール・ショーフィールドとが脚色し、ウェスト自ら監督して製作せる映画。主役は性格俳優として有名なヘンリー・B・ウォルソール「霊界の使者」等出演のアリス・レイク、「ゼンダ城の虜(1922)」「二国旗の下に」等出演のスチュアート・ホームズ、「結婚とは」等出演のヘレン・ファーガソン等である。

監督
ローランド・ウェスト
出演キャスト
ヘンリー・B・ウォルソール アリス・レイク スチュアート・ホームズ ヘレン・ファーガソン

洪水!洪水!

  • 1923年当年公開
  • 出演(David 役)

ポール・ドレッサー氏の詩を基として「日没の悲歌」「路傍の人」と同じくJ・スチュアート・ブラックトン氏が監督製作したメロドラマである。「良人の危険時代」「冬の蝴蝶」等出演のメアリー・マクラレン嬢を始めメアリー・カー夫人、マッジ・エヴァンス嬢、ラムスデン・ヘーア氏等が出演する。

監督
J・スチュアート・ブラックトン
出演キャスト
メアリー・カー バー・マッキントッシュ ジェームズ・モリソン ラムスデン・ヘーア

冬の胡蝶

  • 1923年当年公開
  • 出演(Harry_Smith 役)

コスモポリタンの作品で、『ユーモレスク』等の原著者ファニー・ハーストの原作を、同じくフランセス・マリオンが脚色し、「ユーモレスク(1920)」等を監督したフランク・ボーゼージが監督した。主役には「君を思えば」「愛の栄光」等主演のコリーン・ムーア、「廿一の頃」「良人の危険時代」等出演のジェームズ・モリソンが扮し、その他「血涙に咽ぶ人々」出演のエディ・フィリップスも主要な役を演じる。

監督
フランク・ボーゼージ
出演キャスト
コリーン・ムーア ジェームズ・モリソン エディ・フィリップス シャーロット・メリアム

無言の勝利

  • 1923年当年公開
  • 出演(Rollie_Burbeck 役)

ピーター・クラーク・マクファーレイン氏作の小説からウィニフレッド・ダン女史が脚色し「娘十八紅かねけて」と同じくハロルド・ショウ氏が監督したもので、主役は「義賊ラッフルズ」「風に逆いて」等出演のハウス・ピータース氏で対手は「大旋風騎手」「砂漠の星影」等出演のイヴリン・ブレント嬢で、ジェームズ・モリソン氏、ブル・モンタナ氏、グレイス・カーライル嬢等が助演している。

監督
ハロルド・ショウ
出演キャスト
ハウス・ピータース グレイス・カーライル ジョン・セント・ポリス イヴリン・ブレント
1922年

紅涙の女

  • 1922年当年公開
  • 出演(Charles_Black 役)

チャールズ・E・ブラニー原作の舞台劇に基づき、エドワード・ルサンが脚色及び監督をした社会劇で、主役は「バヴー」「跫音」等出演のエステル・テイラー、「愚なる妻」出演のメイ・ブッシュ、「烈風豪雨の夜」「ロビン・フッド(1922)」等出演のウォーレス・ビアリー等で、新進のウィリアム・スコットや、「冬の胡蝶」等出演のジェームズ・モリソン等も重要な役を演じる。

監督
エドワード・ルサン
出演キャスト
エステル・テイラー メイ・ブッシュ ウォーレス・ビアリー ウィリアム・スコット
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェームズ・モリソン