TOP > 人物を探す > フランツ・ワックスマン

年代別 映画作品( 1930年 ~ 1966年 まで合計76映画作品)

1966年

名誉と栄光のためでなく

  • 1966年7月22日(金)
  • 音楽

ジャン・ラルテギーの原作『ザ・センチュリオンズ』を「拳銃の報酬」のネルソン・ギディングが脚色、「脱走特急」のマーク・ロブソンが製作・監督した戦争ドラマ。撮影は「コレクター」のロバート・サーティース、音楽は「青春の旅情」のフランツ・ワックスマン。出演は「その男ゾルバ」のアンソニー・クイン、「泥棒を消せ」のアラン・ドロン、「目かくし」のクラウディア・カルディナーレ、「愚か者の船」のジョージ・シーガル、「マンハッタンの哀愁」のモーリス・ロネ、「悪い女」のミシェル・モルガンなど。

監督
マーク・ロブソン
出演キャスト
アンソニー・クイン アラン・ドロン ジョージ・シーガル ミシェル・モルガン
1962年

隊長ブーリバ(1962)

  • 1962年
  • 音楽

ニコライ・ゴーゴリの原作をウォルド・ソルトとカール・タンバーグが共同で脚色、「恐怖の岬」のJ・リー・トンプソンが監督した文芸スペクタクルもの。撮影は「荒野を歩け」のジョー・マクドナルド、音楽は「青年」のフランツ・ワックスマンが担当、製作は「終身犯」のハロルド・ヘクトである。出演者は「ザーレンからの脱出」のユル・ブリンナー、「硫黄島の英雄」のトニー・カーティス、「勝負をつけろ」のクリスティン・カウフマン、「コンクリート・ジャングル」のサム・ワナメイカーなど。

監督
J・リー・トンプソン
出演キャスト
トニー・カーティス ユル・ブリンナー クリスティーネ・カウフマン サム・ワナメーカー

青年

  • 1962年9月22日(土)
  • 音楽

ノーベル賞受賞作家で61年急死したアーネスト・ヘミングウェイの短編小説(ニック・アダムスを主人公とするもの10編)を原作にテレビ作家のA・E・ホッチナーが脚本を書き、「パリの旅愁」のマーティン・リットが監督した異色作。撮影監督は「ピラミッド(1955)」のリー・ガームス、音楽は「青春の旅情」のフランツ・ワックスマン。出演は「独身アパート」のリチャード・ベイマー、「アンネの日記」のダイアン・ベーカー、それにコリンヌ・カルヴェ、ダン・ディリー、アーサー・ケネディ、スーザン・ストラスバーグ、イーライ・ウォラック、ポール・ニューマンなど。製作は故ジェリー・ウォルド。デラックスカラー、シネマスコープ。1962年作品。

監督
マーティン・リット
出演キャスト
リチャード・ベイマー ダイアン・ベーカー コリンヌ・カルヴェ フレッド・クラーク

青い目の蝶々さん

  • 1962年6月19日(火)
  • 音楽

日本を舞台にしたコメディー。監督は「息子と恋人」のジャック・カーディフ。オリジナル脚本はノーマン・クラスナが執筆。撮影は中尾駿一郎。音楽はフランツ・ワックスマンの担当。出演者はシャーリー・マクレーン、イヴ・モンタン、エドワード・G・ロビンソン、ボブ・カミングス、谷洋子など。製作はスティーヴ・パーカー。

監督
ジャック・カーディフ
出演キャスト
シャーリー・マクレーン イヴ・モンタン エドワード・G・ロビンソン ボブ・カミングス
1961年

でっかい札束

  • 1961年6月27日(火)
  • 作曲、指揮

禁酒法時代のアメリカを舞台にしたギャング映画.実在の人物アーノルド・ロスティンを主人公にしてレオ・カッチャーが書いた小説をジョー・スワーリングがシナリオ化し、ジョセフ・M・ニューマンが監督に当った。撮影を担当したのはッカール・ガスリー。音楽はフランツ・ワックスマンである。出演するのはTV映画『名探偵ダイヤモンド』のデイヴィッド・ジャンセンの他、ミッキー・ルーニー、ダイアナ・ドース、ダイアン・フォスター、ジャック・カーソンなど。製作に当ったのはサム・ビスコフとデイヴィッド・ダイヤモンド。

監督
ジョゼフ・M・ニューマン
出演キャスト
デイヴィッド・ジャンセン ミッキー・ルーニー ダイアン・フォスター ジャック・カーソン

青春の旅情

  • 1961年11月21日(火)
  • 音楽

かつて映画化されたグレイス・メタリアス原作のベストセラー小説「青春物語」の続編。同じ原作者の小説をロナルド・アレクサンダーが脚色し、「生き残った2人」のホセ・ファラーが監督した。撮影担当はチャールズ・G・クラーク。音楽はフランツ・ワックスマン。出演するのは「ゆきすぎた遊び」のキャロル・リンレイ、故ジェフ・チャンドラー、エレノア・パーカー、メアリー・アスター、ロバート・スターリングなど。前篇とは異なるキャストが組まれている。

監督
ホセ・フェラー
出演キャスト
キャロル・リンレイ ジェフ・チャンドラー エレノア・パーカー メアリー・アスター

ルーズベルト物語

  • 1961年12月22日(金)
  • 音楽

ルーズベルト家に秘蔵されている資料に基いて、かってのMGM製作部長、ドア・シャーリーが書いた物語を、舞台で「ルーズベルト伝」を演出したヴィンセント・ドナヒューが監督した。撮影は「炎の人ゴッホ」のラッセル・ハーラン。音楽はフランツ・ワックスマンの担当。出演者はラルフ・ベラミー、グリア・ガースン、ジーン・ヘイゲンなど。製作はドア・シャーリー。

監督
ヴィンセント・ドナヒュー
出演キャスト
ラルフ・ベラミー グリア・ガースン ヒューム・クローニン アン・シューメイカー

シマロン(1960)

  • 1961年1月22日(日)
  • 音楽

エドナ・ファーバーの同名長編小説の映画化。「波も涙も暖かい」のアーノルド・シュルマンが脚色し、「真昼の欲情」のアンソニー・マンが監督した西部開拓魂を描いたドラマ。撮影は「ナポリ湾」のロバート・サーティース、音楽をフランツ・ワックスマンが担当。出演は「奥様の裸は高くつく」のグレン・フォード、「縛り首の木」のマリア・シェル、「生きていた男」のアン・バクスター、ほかにアーサー・オコンネル、ラス・タンブリンら。製作エドモンド・グレインジャー。

監督
アンソニー・マン
出演キャスト
グレン・フォード マリア・シェル アン・バクスター アーサー・オコンネル
1960年

砂漠の女王

  • 1960年9月3日(土)
  • 音楽

旧約の、ユダヤのボアズと婚してタビデ王の先祖となった、モアブの美女ルツの物語。「炎の人ゴッホ」のノーマン・コーウィンが脚本を書き、「裸のマヤ」のヘンリー・コスターが監督した。撮影はアーサー・E・アーリング。音楽は「尼僧物語」のフランツ・ワックスマン。出演はイスラエル出身の新人エラナ・イーデン、「悶え」のスチュアート・ホイットマンほか、ペギー・ウッドら。製作サミュエル・G・エンジェル。

監督
ヘンリー・コスター
出演キャスト
スチュアート・ホイットマン トム・トライオン ペギー・ウッド ヴィヴェカ・リンドフォース

悲愁(1959)

  • 1960年4月27日(水)
  • 音楽

この映画に登場する主人公の1人シーラ・グレアムとジェロルド・フランクの原作を「頭上の敵機」のサイ・バートレットが脚色、「太陽の谷」のヘンリー・キングが監督したメロドラマ。撮影は「南太平洋」のレオン・シャムロイ、音楽をフランツ・ワックスマンが担当。出演は「渚にて」のグレゴリー・ペック、「旅路」のデボラ・カー、他にエディ・アルバート、フィリップ・オーバー、ハーバート・ラッドリー、ジョン・サットンなど。製作ジェリー・ウォルド。

監督
ヘンリー・キング
出演キャスト
グレゴリー・ペック デボラ・カー エディ・アルバート フィリップ・オーバー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > フランツ・ワックスマン

ムービーウォーカー 上へ戻る