TOP > 人物を探す > Leyland Hodgson

年代別 映画作品( 1933年 ~ 1951年 まで合計3映画作品)

1951年

高原の夕焼

  • 1951年3月16日(金)
  • 出演(Ferguson 役)

「ワイオミングの緑草」のスタッフ、監督ルイ・キング、製作ロバート・バスラー、撮影チャールズ・G・クラークの三人がその儘製作している1947年度作品の天然色映画。アルフレッド・オリヴァンの原作を「出獄」のジェローム・キャディが脚色し、例に依ってアルフレッド・ニューマンが音楽監督に当たった。出演者は「勝利の園」のロン・マッカリスター、「ブルックリン横町」のペギー・アン・ガーナー、「故郷の丘」のエドマンド・グウェンとレジナルド・オーウェンら。

監督
ルイ・キング
出演キャスト
ロン・マッカリスター ペギー・アン・ガーナー レジナルド・オーウェン チャールズ・アーウィン
1936年

吾が捧げし命

  • 1936年
  • 出演(Hawkins 役)

「この三人」「紅はこべ」のマール・オベロンと「男装」「泉」のブライアン・エイハーンとが主演するサミュエル・ゴールドウィン作品で、脚本はジョン・L・ボルダーストン、ローズ・フランケン、ウィリアム・ブラウン・メロニーの三人が協力して書卸し、監督にはニューヨークの舞台演出者たるH・C・ポッターが当たった。ポッターとしては、これが出入り第一回作品である。助演者は、「麦の秋」のカレン・モーリー、ニューヨークの舞台から来たジェローム・コウアン、「生活への道」のデイヴィッド・ニーヴン、「小公子」のヘンリー・スティーブンソン、「支那ランプの石油」のドナルド・クリスプ、「医者の日記」のレイ・ハウルド・セオドア・フォン・エルツ、等である。撮影は、「生活への道」「この三人」と同じくグレッグ・トーランドの担任。

監督
H・C・ポッター
出演キャスト
マール・オベロン ブライアン・エイハーン カレン・モーリー ジェローム・コウアン
1933年

鷲と鷹(1933)

  • 1933年
  • 出演(Kingsford 役)

「暁の偵察」「最後の偵察」と同じくジョン・モンク・ソーンダース原作物で、「暗黒街の顔役(1932)」「暁の偵察」のシートン・I・ミラーがボガート・ロジャースと共同して脚色し、「未亡人倶楽部」「偽りのマドンナ」のスチュアート・ウォーカーがミッチェル・ライゼンの補助を得て監督したもの。主役は「暴君ネロ(1932)」「永遠に微笑む」のフレドリック・マーチで、「お蝶夫人」「七月の肌着」のケーリー・グラント、「響け応援歌」「競馬天国」のジャック・オーキーが共演するほか、「競馬天国」「殺人鬼の魂」のキャロル・ロンバード、「暴風の処女」のサー・ガイ・スタンディング、「コンゴ」のフォーレスター・ハーヴェイ等が助演しいる。カメラは「結婚二筋道」「未亡人倶楽部」のハリー・フィッシュベックの担任。

監督
スチュアート・ウォーカー
出演キャスト
フレドリック・マーチ ケイリー・グラント ジャック・オーキー キャロル・ロンバード
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > Leyland Hodgson

ムービーウォーカー 上へ戻る