映画-Movie Walker > 人物を探す > エドリエン・マーデン

年代別 映画作品( 1936年 ~ 1960年 まで合計4映画作品)

1960年

テキサスの暴れ者

  • 1960年2月6日(土)公開
  • 出演(Mrs._Tillman 役)

テキサスのメサ・シティを舞台に、保安官と悪漢の対決を描いた西部劇。リチャード・カーの原作を自身が脚色し、ハリー・ホーナーが監督した。撮影は「バスク決死隊」のスタンリー・コルテス、音楽をフレッド・スタイナー。出演は「ガンヒルの決斗」のアンソニー・クイン、「真昼の決闘」のカティ・フラドー、ほかにピーター・ホイットニー、ダグラス・フォーリー、ジョン・ラーチなど。製作ロバート・L・ジャックス。

監督
ハリー・ホーナー
出演キャスト
アンソニー・クイン カティ・フラード ピーター・ホイットニー ダグラス・フォーリー
1955年

もず(1955)

  • 1955年当年公開
  • 出演(Miss_Raymond 役)

「ケイン号の叛乱」のホセ・フェラーがはじめて監督・主演する作品で、彼自身がブロードウェイで製作・演出・主演したジョゼフ・クラムの戯曲の映画化である。脚色は「愛しのシバよ帰れ」のケッティ・フリングス、夫婦間の愛情の機微を描く心理映画である。撮影は「六つの橋を渡る男」のウィリアム・ダニエルス、音楽作品は「異教徒の旗印」のフランク・スキナー。ホセ・フェラーに「グレン・ミラー物語」のジューン・アリソンが共演し、以下「戦闘機攻撃」のジョイ・ペイジ、「六つの橋を渡る男」のケンドール・クラーク、原作者クラム夫人のイザベル・ボナー、ジェイ・バーニー、ソマー・アルバーグ、エド・プラットなど舞台人が多い。1955年作品。

監督
ホセ・フェラー
出演キャスト
ホセ・フェラー ジューン・アリソン ジョイ・ペイジ ケンドール・クラーク
1936年

航空十三時間

  • 1936年当年公開
  • 出演(Ann 役)

「春を手さぐる」「花嫁の感情」のフレッド・マクマレイと「ミシシッピ」「今宵は二人で」のジョーン・ベネットが主役を勤める映画で、「鷲と鷹(1933)」のボガード・ロジャースがフランク・ミッチェル・デイジーと共作した物語をケニオン・ニコルソンが潤色し、「春を手さぐる」「我が妻を見よ」のミチェル・ライゼンが監督に当たり、「最後の駐屯兵」生命の雑踏」のテオドル・スパリクールが撮影した。助演者は「人生は四十二から」のザス・ビッツ、「さらば海軍兵学校」のジョン・ハワード、「Gウーマン」のアラン・バクスター、「バーバリー・コースト」のブライアン・ドンレヴィ、「上海」のフレッド・キーティング、新人エイドリアン・マーデン、「春を手さぐる」のルース・ドネリー、子役ベニー・バートレット、「海は桃色」のグレイス・ブラッドリー、「女罠」のディーン・ジャガー等の面々である。

監督
ミッチェル・ライゼン
出演キャスト
フレッド・マクマレイ ジョーン・ベネット ザス・ピッツ ジョン・ハワード

珍Gメン

  • 1936年当年公開
  • 出演(Molly_Carter 役)

「迷優ナポレオン」「花嫁は泣きました」のジャック・ヘイリーが主演する喜劇で、「進めオリンピック」「クーパーの餓鬼大将」のエドワード・クラインが監督した。

監督
エドワード・クライン
出演キャスト
ジャック・ヘイリー ウィリアム・フローリー グレース・ブラッドリー エドリエン・マーデン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > エドリエン・マーデン