映画-Movie Walker > 人物を探す > ドロシー・ウィルソン

年代別 映画作品( 1933年 ~ 1937年 まで合計9映画作品)

1937年

驀走三万マイル

  • 1937年当年公開
  • 出演(Eileen_Hart 役)

「空のギャング」のチャールズ・クィグリー、「懐かしのケンタッキイ(1935)」のドロシ、ウイルスン、「学生怪死事件」のエドワード・ヌージェントが共演する映画で、バート・グラネットとランバート・ヒルヤーが共作した台本により、ランバート・ヒルヤーが監督、ベンジャミン・クライトンが撮影した。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
チャールズ・クィグリー ドロシー・ウィルソン エドワード・ヌージェント パトリシア・ファー
1936年

クレイグの妻

  • 1936年当年公開
  • 出演(Ethel_Landreth 役)

ジョージ・ケリー作の舞台劇の映画化で「真夏の夜の夢」「最初の接吻」のメアリー・マッコール・ジュニアが脚色し、「女優ナナ」「我等は楽しく地獄へ行く」のドロシー・アーズナーが監督に当たり、「罪と罰」「ギャング戦線」のルシエン・バラードが撮影したもの。主演は「二国旗の下に」「米国の機密室」のロザリンド・ラッセルと「ロジタ(1936)」「ガルシアの伝令」のジョン・ボールズで、「モダン騎士道」のビリー・バーク、「ポンペイ最後の日(1935)」のドロシー・ウィルソン、「この三人」のアルマ・クルーガー、「舗道の青春」のレイモンド・ウォルバーン、「可愛いオディ」のジェーン・ダーウィル、ロバート・アレン、ニディア・ウェストマン、キャスリーン・バーグ等が助演している。

監督
ドロシー・アーズナー
出演キャスト
ロザリンド・ラッセル ジョン・ボールズ ビリー・バーク ジェーン・ダーウェル

ロイドの牛乳屋

  • 1936年当年公開
  • 出演(Polly_Pringle 役)

「ロイドの活動狂」「ロイドの大勝利」に次ぐハロルド・ロイド主演映画。リンルートとハリー・クローク合作の舞台劇を、「ベンガルの槍騎兵」のグローヴァー・ジョーンズ、「お嬢様お耳拝借」のフランク・バトラー及びロイド会社専属のリチャード・コネルが共同脚色し、「人生は42から」「カンターの闘牛師」のレオ・マッケリーが監督に当たり、「南瓜サラリーマン」「録鼠流線型」のアルフレッド・ギルクスが撮影した。助演者は「ゴールド・ディガース36年」のアドルフ・マンジュウ、「愛の岐路」のヴェリー・ティーズデール、「生命の雑踏」のヘレン・マック、「恐怖の四人」のウィリアム・ガーガン、「ロイドの大勝利」のジョージ・バービア、「ホワイト・パレード」のドロシー・ウイルスン、ライオネル・スタンダー等である。

監督
レオ・マッケリー
出演キャスト
ハロルド・ロイド アドルフ・マンジュウ ヴェリー・ティーズデール ヘレン・マック
1935年

深夜の出来事

  • 1935年当年公開
  • 出演(Sally_Larkin 役)

「バッド・ガール」「乙女の湖」と同じくヴィニャ・デルマーの小説を映画化したもので、「私のテンプル」のアレン・リヴキンが脚色し「大空の地獄」「紐育の口笛」のジョ・ブライストンが監督に当たり、「情無用ッ」「あたいは街の人気者」のバート・グレノンが撮影した。主演は「バット・ガール」「輝く瞳」のジェームズ・ダンで、「ロイドの牛乳屋」「ホワイト・パレード」のドロシー・ウイルスン、「キャラバン」のルイズ・ファゼンダ、「オペラ・ハット」のジョン・レイ、「歌の翼」のルイ・アルバーニ、ヴィクター・キリアン、ビューラ・ボンディ等が助演している。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
ジェームズ・ダン ドロシー・ウィルソン ルイズ・ファゼンダ ヴィクター・キリアン

懐かしのケンタッキイ(1935)

  • 1935年当年公開
  • 出演(Nancy_Martingale 役)

昨年不慮の死を遂げたウィル・ロジャースの最後の主演映画で、チャールズ・T・デイジー作の舞台劇の映画化である。脚色は「絢爛たる殺人」のサム・ヘルマンと「可愛いマーカちゃん」のグラディス・レーマンが協力し、「情無用ッ」「聖林スター合戦」のL・ウィリアム・オコンネルが撮影した。助演者は「ロイドの牛乳屋」「ホワイト・パレード」のドロシー・ウィルスンをはじめ、「大空の地獄」「シーコウヤ」のラッセル・ハーディー、「輝く瞳」のチャールズ・セロン、「愛の隠れ家」のルイズ・ヘンリー、「サンクス・ミリオン」のアラン・ダインハート及びチャールズ・リッチマン、「白い友情」のエスター・デール、「テンプルの愛国者」のビル・ロビンソン等である。

監督
ジョージ・マーシャル
出演キャスト
ウィル・ロジャース ドロシー・ウィルソン ラッセル・ハーディー チャールズ・セロン

ポンペイ最後の日(1935)

  • 1935年当年公開
  • 出演(Clodia 役)

「男の敵」「波止場の天使」のプレストン・フォスターが主役の映画で、ジェームズ・アシュモア・クリールマンがメルヴィル・ベイカーと協力して書き下ろし、「コングの復讐」「洞窟の女王」のルース・ローズが脚色し、「コングの復讐」のアーネスト・B・シューザックが監督し、「洞窟の女王」「深夜の星」のJ・ロイ・ハントが撮影した。助演者は「孤児ダビド物語」のバジル・ラスボーン、「男の敵」のアラン・ヘール、英国から招かれたジョン・ウッド、「ホワイト・パレード」のドロシー・ウィルソン、「巌窟王(1934)」のルイス・カルハーン、「ボクは芸人」のデイヴィッド・ンホルト、ワーリー・バーチ、グロリア・シー等である。

監督
アーネスト・B・シューザック
出演キャスト
プレストン・フォスター アラン・ヘイル ベイジル・ラスボーン ジョン・ウッド
1934年

ホワイト・パレード

  • 1934年当年公開
  • 出演(Zita_Scofield 役)

「キャラバン」「青空天国」のローレッタ・ヤングと「ハリウッド征服」「野に咲く金色の花」のジョン・ボールズが主演する映画で、「四十二番街」の脚色者ライアン・ジェームズ作の小説を自らジェシー・L・ラスキー・ジュニアと協力して潤色し、「大帝国行進曲」のソニア・レヴィーンがアーネスト・パスカルと共同脚色し、「ナイトクラブの女」のアーヴィング・カミングスが監督に当たり、「輝く瞳」「水兵上陸」のアーサー・ミラーが撮影した。助演者は「幸運の悪魔」のドロシー・ウィルソンを始め、ミュリエル・カークランド、アストリッド・オルウィン、ジェーン・ダーウェル、ジョイス・コンプトン等である。

監督
アーヴィング・カミングス
出演キャスト
ロレッタ・ヤング ジョン・ボールズ ドロシー・ウィルソン ミュリエル・カークランド
1933年

幸運の悪魔

  • 1933年当年公開
  • 出演(Fran 役)

「怒号する天地(1932)」「米国撃滅艦隊」のビル・ボイドが主演する映画で、ケイシー・ロビンソンとボッブ・ローズが書き下ろした原作を、「武装ラグビー」のベン・マークソンとアグネス・クリスティン・ジョンストンが共同脚色し、俳優だったラルフ・インスが監督に当たり、「山荘の殺人」「独立守備隊」のJ・ロイ・ハントが撮影したもの。助演者は「雨」「暴風の処女」のウィリアム・ガーガン、「キング・コング(1933)」「青春罪あり」のブルース・キャボット、新人ドロシー・ウィルソン、「シマロン(1931)」のロスコー・エイツ、「南海の劫火(1932)」のクレイトン・チェニー、「三角の月」のウィリアム・ベイクウェル、その他である。

監督
ラルフ・インス
出演キャスト
ビル・ボイド ドロシー・ウィルソン ウィリアム・ガーガン ブルース・キャボット

突進大飛行船

  • 1933年当年公開
  • 出演(Connie Evans 役)

「十三日の殺人」「海底二千尺」のロイ・ウィリアム・ニールが監督した映画で、「アリゾナ(1931)」の監督者ジョージ・B・サイツが原作し、「轟く凱歌」のアルバート・デモンドが脚色にあたった。撮影は「地獄に笑う者」のジョン・ステューマーの担当。主演は「キング・コング(1933)」「暗夜行路」のロバート・アームストロング、「新世紀」「鉄血士官校」のリチャード・クロムウェル、「幸運の悪魔」「熱血撮影隊」のドロシー・ウィルソンで、エドモンド・ブリーズ、ジェネヴァ・ミッチェル、ドロシー・レヴィア、ベシー・バリスケール等が助演している。

監督
ロイ・ウィリアム・ニール
出演キャスト
ロバート・アームストロング リチャード・クロムウェル ドロシー・ウィルソン エドモンド・ブリーズ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ドロシー・ウィルソン