映画-Movie Walker > 人物を探す > チャールズ・バーンスタイン

年代別 映画作品( 1973年 ~ 2016年 まで合計14映画作品)

2016年

シャークトパス VS 狼鯨

  • 2016年1月5日(火)公開
  • 音楽

ロジャー・コーマン製作による「シャ-クトパス」シリーズ第3弾。人間界へ牙を向け始めたタコとサメの合体生物シャークトパスを撃退すべく、軍は鯨と狼の合体生物“ホエールウルフ”を創出。2大モンスターの壮絶なバトルが幕を開ける。前作「シャークトパスVSプテラクーダ」に続き、脚本をマット・ヤマシタ、監督をケヴィン・オニールが担当。出演は「スターシップ・トゥルーパーズ3」のキャスパー・ヴァン・ディーン、「ロードレージ」のキャサリン・オクセンバーグ、「SUCK」のイギー・ポップ。2016年1月より開催される『未体験ゾーンの映画たち2016』にて上映。

監督
ケヴィン・オニール
出演キャスト
キャスパー・ヴァン・ディーン キャサリン・オクセンバーグ イギー・ポップ ジェニファー・ウィンガー
1993年

リーサル・コップ

  • 1993年5月15日(土)公開
  • 音楽

マフィアのボスを追う若い刑事が、陰謀に巻き込まれながらも一人、勇敢に敵と闘っていくというストーリー。マーシャル・アーツ系のアクション映画。監督は「アリゲーター2」「ウォッチャーズ 第3生命体」など、バトル・アクションもので腕を磨いてきた気鋭、ジョン・ヘス。脚本はトーマス・イアン・グリフィス。音楽は「エルム街の悪夢」「デッドリー・フレンド」のチャールズ・バーンスタイン。グリフィスとの共同プロデュースをアーウィン・ストッフが、製作総指揮をマイケル・ハープスターが行っている。

監督
ジョン・ヘス
出演キャスト
トーマス・イアン・グリフィス シャーロット・ルイス ジェームズ・アール・ジョーンズ ランス・ヘンリクセン
1987年

デッドリー・フレンド

  • 1987年2月11日(水)公開
  • 音楽

恋人のために異常に高いIQを利用して大人をあざむく青年のラヴ・ストーリー・ホラー・ムーヴィ。監督はウェス・クレイヴン、製作はロバート・M・シャーマン、エグゼクティヴ・プロデューサーはパトリック・ケリー、ダイアナ・へンステルの原作をブルース・ジョエル・ルービンが脚本化、撮影はフィリップ・ラスロップ、音楽はチャールズ・バーンスタインが担当。出演はマシュー・ラボートー、クリスティ・スワンソンほか。

監督
ウェス・クレイヴン
出演キャスト
マシュー・ラボートー クリスティ・スワンソン マイケル・シャレット Anne Twomey
1986年

エルム街の悪夢(1984)

  • 1986年5月24日(土)公開
  • 音楽

夢の中の殺人事件が現実にも起こるという恐怖映画。製作はニューライン・シネマ社長のロバート・シェイ。エグゼクティヴ・プロデューサーはスタンリー・ダデルソンとジョセフ・ウルフ。監督、脚本は「サランドラ」のウェス・クレイヴン。撮影はジャック・ヘイトキン、音楽はチャールズ・バーンスタイン、特殊効果はジム・ドイルが担当。出演はヘザー・ランゲンカンプ、アマンダ・ワイスなど。

監督
ウェス・クレイヴン
出演キャスト
ヘザー・ランゲンカンプ ジョン・サクソン アマンダ・ワイス ロニー・ブレイクリー
1984年

クジョー

  • 1984年4月7日(土)公開
  • 音楽

狂犬病にかかったセント・バーナード犬に襲われる母子の恐怖を描く。ダニエル・H・ブラットとロバート・B・シンガーが、タフト・エンターテインメント・カンパニーのために製作。監督は「アリゲーター」(80)のルイス・ティーグ。スティーブン・キングの同名小説(新潮文庫の翻訳題は[クージョ」、映画ではクゥジョオと聞こえた)をローレン・キュリアーが脚色し、それをドン・カーロス・ダナウェイがリライトした。撮影はヤン・デ・ボン、音楽はチャールズ・バーンスタイン、特殊視覚効果メイクはピーター・ノールトンが担当。出演はディー・ウォーレス、ダニー・ピンタウロ、ダニエル・ヒュー=ケリー、クリストファー・ストーンなど。ノース・キャロライナ州メンディシノでロケ撮影された。

監督
ルイス・ティーグ
出演キャスト
ディー・ウォーレス ダニー・ピンタウロ ダニエル・ハフ・ケリー クリストファー・ストーン
1982年

エンティティー 霊体

  • 1982年10月23日(土)公開
  • 音楽

色情霊に襲われる女性を描くオカルト映画。実話に基づいてフランク・デ・フェリータが小説化し、自ら脚本も執筆した。製作は「天国の日々」のハロルド・シュナイダー、監督は「面影」のシドニー・J・フューリー。撮影はスティーブン・H・ブラム、音楽はチャールズ・バーンスタインか担当。実際にカーラ・モーランの調査に当ったバリー・タフト、ケリー・ゲイナーが顧問として名を連ねている。出演はバーバラ・ハーシー、ロン・シルハー、デイヴィッド・ラビオサ、マーガレット・ブライ、ジャクリーン・ブルックスなど。

監督
シドニー・J・フューリー
出演キャスト
バーバラ・ハーシー ロン・シルヴァー デイヴィッド・ラビオサ ジョージ・コー
1979年

ドラキュラ都へ行く

  • 1979年12月8日(土)公開
  • 音楽

故郷の古城を追われた吸血鬼ドラキュラ伯が、近代都市ニューヨークで最愛の女性を得るまでを描いたコメディ映画。エグゼクティブ・プロデューサーはロバート・カウフマンとジョージ・ハミルトン、製作はジョエル・フリーマン、監督はスタン・ドラゴッティ、原案はロバート・カウフマン、マーク・ジンデス、脚本はロバート・カウフマン、撮影はエドワード・ロッソン、音楽はチャールズ・バーンスタイン、製作デザインはサージ・クリッツマン、編集はモート・ファリックとアラン・ジェイコブス、振付けはアレックス・ロメロ、特殊効果はアレン・ホール、美装はウィリアム・タトルが各々担当。出演はジョージ・ハミルトン、スーザン・セント・ジェームズ、リチャード・ベンジャミン、ディック・ショーン、アート・ジョンソン、シャーマン・ヘムズリー、イサベル・サンフォードなど。

監督
スタン・ドラゴッティ
出演キャスト
ジョージ・ハミルトン スーザン・セント・ジェームズ リチャード・ベンジャミン ディック・ショーン
1977年

アウトローブルース

  • 1977年11月26日(土)公開
  • 音楽

人気歌手が囚人の作った歌を盗作して自分の持ち歌にして大ヒットしたため、出獄した囚人がその歌を自分の手に取り戻すまでを描く。製作総指揮はフレッド・ワイントローブとポール・ヘラー、製作はスティーヴ・ティシュ、監督は「トラックダウン」のリチャード・T・ヘフロン、脚本はB・W・L・ノートン、撮影はジュールス・ブレンナー、音楽はチャールズ・バーンスタインが各々担当。出演はピーター・フォンダ、スーザン・セント・ジェームズ、ジョン・クロフォード、ジェームズ・カラハン、マイケル・ラーナー、リチャード・ロックミラーなど。

監督
リチャード・T・ヘフロン
出演キャスト
ピーター・フォンダ スーザン・セント・ジェームズ ジョン・クロフォード ジェームズ・カラハン

ビバ・ニーベル

  • 1977年11月26日(土)公開
  • 音楽

スタント・レーサーが悪の陰謀を阻止する姿を描くアクション。製作総指揮はシェリル・C・コーウィン、製作はスタン・ヒュー、監督は「続・夜の大捜査線」のゴードン・ダグラス、脚本はアントニオ・サンティラン、ノーマン・カトコフ、撮影はフレッド・ジャックマン、音楽はチャールズ・バーンスタインが各々担当。出演はイーベル・ニーベル、ジーン・ケリー、ローレン・ハットン、レスリー・ニールセン、マージョー・ゴートナー、エリック・オルソン、レッド・バトンズズなど。

監督
ゴードン・ダグラス
出演キャスト
イーベル・ニーベル ジーン・ケリー ローレン・ハットン レスリー・ニールセン

トラックダウン

  • 1977年6月4日(土)公開
  • 音楽

暗黒街によって殺された妹のため復讐にたち上がる兄を描くアクション。製作はバーナード・シュワルツ、監督は「フィルムモア/最後のコンサート」のリチャード・T・ヘフロン、脚本はポール・エドワーズ、撮影はジーン・ポリト、音楽はチャールズ・バーンスタインが各々担当。出演はジム・ミッチャム、カレン・ラム、アン・アーチャー、エリック・エストラーダ、キャシー・リー・クロスビー、ヴィンス・キャノンなど。

監督
リチャード・T・ヘフロン
出演キャスト
ジム・ミッチャム カレン・ラム アン・アーチャー エリック・エストラーダ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > チャールズ・バーンスタイン