映画-Movie Walker > 人物を探す > ギイ・マルシャン

年代別 映画作品( 1974年 ~ 1996年 まで合計11映画作品)

1996年

アメリカの贈りもの

  • 1996年7月27日(土)公開
  • 出演(Docteur Carrion 役)

第二次大戦後のアメリカ軍駐留時代のフランスを舞台に、アメリカ文化に憧れ、性に目覚める少年時代をみずみずしいタッチで綴った作品。監督は「めぐりあう朝」のアラン・コルノー。現代フランス文学を代表する作家の一人パスカル・キニャールの小説『アメリカの贈りもの』(ハヤカワ文庫)を基に、「めぐりあう朝」と同様にコルノーとキニャールが脚色(台詞はキニャール)。製作は「愛の報酬/シャベール大佐の帰還」のジャン=ルイ・リヴィ。撮影は「ヌーヴェルヴァーグ」の名手ウィリアム・リュプチャンスキー。美術は「めぐりあう朝」のベルナール・ヴェザ、録音はピエール・ベフヴと「インド夜想曲」のジェラール・ランプ。音楽はポール・アンカ、ニール・セダカ、バディ・ホリーなど50年代のアメリカのポピュラー音楽とマイルス・デイヴィスやジョン・コルトレーンのジャズがふんだんに用いられている。出演は17歳の新人ニコラ・シャッテルと、同じく新人の15歳のサラ・グラッパンがオーディションで選ばれたほか、「クルーレス」のアリシア・シルヴァーストーン、「クリムゾン・タイド」のジェームス・ガンドルフィーニほか。

監督
アラン・コルノー
出演キャスト
ニコラ・シャッテル サラ・グラッパン ジェームス・ガンドルフィーニ アリシア・シルヴァーストーン
1992年

レプスキー最後の挑戦 コートダジュール殺人事件

  • 1992年6月6日(土)公開
  • 出演(Ottavioni 役)

金持ちばかりを狙う殺人事件を追う元刑事を描くアクション映画。ジェームズ・ハドリー・チェイス原作のシリーズ第4弾。監督・脚本はクロード・ベルナール・オーベル、製作・脚本はセルジオ・ゴッビ、共同脚本はアレック・メディエフ、エグゼクティヴ・プロデューサーはニコール・ゴッビ、撮影はクロード・ベコネ、音楽はクロード・ボランが担当。

監督
クロード・ベルナール・オーベル
出演キャスト
マイケル・ブランドン ミッキー・セバスチャン ギイ・マルシャン カトリーヌ・エラルディ

レプスキー大胆不敵 ジェネシスNO.18

  • 1992年3月21日(土)公開
  • 出演(Ottavioni 役)

大女優の宝石を警備する元刑事の活躍を描くサスペンス・アクション。ジェームズ・ハドリー・チェイス原作のシリーズ第3弾。監督は「スーパーガール」のジャノー・シュワーク、製作はセルジオ・ゴッビ、エグゼクティヴ・プロデューサーはニコール・ゴッビ、脚本はアアレック・メディエフとセルジオ・ゴッビ、撮影はジャン・イヴ・ル・ムネール、音楽はクロード・ボランが担当。

監督
ジャノー・シュワーク
出演キャスト
マイケル・ブランドン マリサ・ベレンソン ギイ・マルシャン マルク・ド・ジョンジュ
1990年

恋はワインの香り

  • 1990年当年公開
  • 出演(Dr.Charmant 役)

情熱的な親子の、奔放なアヴァンチュールを描くセクシー・コメディー。監督はテレビドラマなどで定評のあるキャロル・ワイズマン。製作はモニーク・アノー。脚本はピーター・レフコート。撮影はイブス・ダーハン。主演は「ブレードランナー」でレプリカントを演じたジョアンナ・キャシディ、テレビ「ツイン・ピークス」のララ・フリン・ボイル。共演は「夫たち、妻たち、恋人たち」のギイ・マルシャン、「ワールド・アパート」のポール・フリーマン。

監督
キャロル・ワイズマン
出演キャスト
ジョアンナ・キャシディ ララ・フリン・ボイル ギイ・マルシャン ポール・フリーマン

レプスキー危機一髪 ロシア皇帝の秘宝

  • 1990年10月19日(金)公開
  • 出演

製作者セルジオ・ゴッビが、イギリスのハードボイルド作家ジェームズ・ハドリー・チェイスの作品4本を映画化する“チェイス・プロジェクト”のシリーズ第1弾。フレンチ・アクション・コメディーのタッチで、元刑事の保険調査員と怪盗の対決を描く。監督は「レモ/第一の挑戦」のガイ・ハミルトン。

監督
ガイ・ハミルトン
出演キャスト
マイケル・ブランドン デイヴィッド・キャラダイン アリエル・ドンバール ギイ・マルシャン

夫たち、妻たち、恋人たち

  • 1990年6月9日(土)公開
  • 出演(Bruno 役)

夏のバカンスを過ごすさまざまな人々の人間模様を描く群像ドラマ。製作はシャルル・ガッソ、監督・脚本は「上級生」のパスカル・トマ、共同脚本はフランソワ・カヴィリオーリ、撮影はルナン・ポール、音楽はマリーヌ・ロジェが担当。出演はジャン・フランソワ・ステヴナン、スーザン・モンクールほか。

監督
パスカル・トマ
出演キャスト
ジャン・フランソワ・ステヴナン スーザン・モンクール エミリー・トマ クレマン・トマ
1989年

死への逃避行

  • 1989年3月4日(土)公開
  • 出演(L'hommepale 役)

殺人を繰り返してはヨーロッパ中を転々とするひとりの女と、彼女を執拗に尾行する探偵の逃避行を描く。エグゼキュティヴ・プロデューサーはシャルル、ガッソ、製作はベルナルド・グレネとクリスチャン・ガンドン、監督はクロード・ミレールで、本作品が日本での一般公開第一作になる。マルク・ベームの原作を基に、脚本はミシェル・オーディアールとジャック・オーディアール、撮影はピエール・ロム、音楽はカーラ・ブレイが担当。出演は「トレンチコートの女」のミシェル・セロー、「カルテット」のイザベル・アジャーニほか。

監督
クロード・ミレール
出演キャスト
ミシェル・セロー イザベル・アジャーニ ギイ・マルシャン ステファーヌ・オードラン
1986年

女ともだち(1983)

  • 1986年1月25日(土)公開
  • 出演(Michel 役)

子供を通して知り合った二人の女性のその後の交流を通じて時代と女性たちの生き方を描く。製作はアリエル・ゼイトゥン、監督・脚本はディアーヌ・キュリス、撮影はベルナール・リュティック、音楽はルイス・エンリケス・バカロフ、編集はジョエル・ヴァン・エフェンテールが担当。出演はミュウ・ミュウ、イザベル・ユペール、ギイ・マルシャンほか。

監督
ディアーヌ・キュリス
出演キャスト
ミュウ・ミュウ イザベル・ユペール ジャン・ピエール・バクリ ギイ・マルシャン
1983年

ザ・カンニング アルバイト情報

  • 1983年4月2日(土)公開
  • 出演(Memphis 役)

「ザ・カンニング[IQ=0]」の続編にあたり、陽光ふりそそぐサントロペを舞台に珍妙な恋人奪回作戦を展開する大学一年生たちの騒動を描く。製作はピエール・ゴーシェ。監督は前編に引き続きクロード・ジディ。ジディとディディエ・カミンカ、ミシェル・ファブルが共同で脚本を執筆。撮影はポール・ボニス、音楽はウラジミール・コスマが担当。出演はダニエル・オートゥイユ、ギイ・マルシャン、グラース・ド・カピターニ、シャルロット・ド・テュルケームなど。

監督
クロード・ジディ
出演キャスト
ダニエル・オートゥイユ ギイ・マルシャン グラース・ド・カピターニ シャルロット・ド・テュルケーム
1978年

さよならの微笑

  • 1978年4月1日(土)公開
  • 出演(Pascal 役)

いろいろな立場の男女がくりひろげる恋のゲームを描く。サンセバスチャン映画祭銀賞受賞作品。製作はベルトラン・ジャヴァル、監督は「忘れ得ぬ慕情」の脚本も手がけたジャン・シャルル・タケラ、脚本はジャン・シャルル・タケラとダニエル・トンプソン、撮影はジョルジュ・ランディ、音楽はジェラール・アンフォッソ、衣裳はジャニーヌ・ベルジュが各々担当。出演はマリー・クリスティーヌ・バロー、ヴィクトル・ラヌー、マリー・フランス・ピジェ、ギイ・マルシャン、ジネット・ガルサン、シビル・マース、ジャン・エルベール、ピエール・プレシス、カトリーヌ・ベルロール、ユベール・ジヌーなど。

監督
ジャン・シャルル・タケラ
出演キャスト
マリー・クリスティーヌ・バロー ヴィクトル・ラヌー マリー・フランス・ピジェ ギイ・マルシャン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ギイ・マルシャン