TOP > 人物を探す > クリスティーン・ランガン

年代別 映画作品( 2007年 ~ 2018年 まで合計15映画作品)

2018年

ブレス しあわせの呼吸

  • 2018年9月7日(金)
  • 製作総指揮

『ブリジット・ジョーンズの日記』のプロデューサー、ジョナサン・カヴェンディッシュが、自身の両親の物語を映画化した人間ドラマ。28歳で首から下が全身マヒとなり、医師から余命数か月を宣告された男と家族の物語がつづられる。モーション・キャプチャーで数々のキャラクターを演じてきたアンディ・サーキスの長編監督デビュー作となる。

監督
アンディ・サーキス
出演キャスト
アンドリュー・ガーフィールド クレア・フォイ トム・ホランダー スティーヴン・マンガン
2017年

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣

  • 2017年7月15日(土)
  • 製作総指揮

史上最年少で英国ロイヤル・バレエ団プリンシパルとなりながら人気絶頂期に電撃退団した異端のダンサー、セルゲイ・ポルーニンの素顔に迫るドキュメンタリー。本人や関係者のインタビューを織り交ぜ、稀有の才能と大きな苦悩を抱えた彼の心を浮き彫りにする。歌手ジェームス・ブラントや写真家サリー・マンなどのドキュメンタリー映画を手がけてきたスティーヴン・カンター監督が、型にはまらない天才ダンサーの姿を追っていく。

監督
スティーヴン・カンター
出演キャスト
セルゲイ・ポルーニン イーゴリ・ゼレンスキー モニカ・メイソン
2016年

ミス・シェパードをお手本に

  • 2016年12月10日(土)
  • 製作総指揮

イギリスの劇作家アラン・ベネットの回想録を映画化。ベネットの家の敷地に車を停めて生活する風変わりなミス・シェパードとの、長きにわたる奇妙な共同生活と友情を綴る。舞台でミス・シェパードを演じ続けたアカデミー賞女優マギー・スミスが本作でも主演。監督は「英国万歳!」でもベネットと組んだ、舞台演出家としての顔も持つニコラス・ハイトナー。ベネットには、「クィーン」などに出演し舞台を中心に活躍するアレックス・ジェニングスが扮する。ベネットとミス・シェパードが実際に暮らしていたロンドン北部の町カムデンのグロスター・クレセント通りで撮影された。

監督
ニコラス・ハイトナー
出演キャスト
マギー・スミス アレックス・ジェニングス ジム・ブロードベント フランシス・デ・ラ・トゥーア

ブルックリン

  • 2016年7月1日(金)
  • 製作総指揮

1950年代を舞台に、アイルランドの田舎町からニューヨークへと移住した女性の波乱の生涯を描くヒューマンドラマ。姉の勧めでニューヨークへ渡り、人生を横臥するヒロインをシアーシャ・ローナンが演じる。原作はイギリスまたはアイルランド在住の作家に与えられる文学賞、コスタ賞に輝いた、コルム・トビーンの同名小説。

監督
ジョン・クロウリィ
出演キャスト
シアーシャ・ローナン ドーナル・グリーソン エモリー・コーエン ジム・ブロードベント
2015年

パレードへようこそ

  • 2015年4月4日(土)
  • 製作総指揮

サッチャー政権下のイギリスで、ストが長引き困窮する炭坑労働者たちを支援しようとする同性愛者グループとウェールズ奥地の炭鉱町の人々とが結ぶ友情を、実話をベースにカルチャー・クラブやザ・スミスなど1980年代のヒット曲にのせて描いたドラマ。監督はロイヤル・シェイクスピア・カンパニーをはじめ多くの舞台演出を手がけ、また「背信の行方」といった映画やオペラなど多岐にわたった活躍を見せるマシュー・ウォーチャス。同性愛者グループのリーダーを「やさしい本泥棒」(未)のベン・シュネッツァーが、炭坑町の人々を「ラブ・アクチュアリー」のビル・ナイや「ヴェラ・ドレイク」のイメルダ・スタウントンらが演じる。

監督
マシュー・ウォーチャス
出演キャスト
ビル・ナイ イメルダ・スタウントン ドミニク・ウェスト パディ・コンシダイン
2014年

あなたを抱きしめる日まで

  • 2014年3月15日(土)
  • 製作総指揮

無理やり引き裂かれてしまった息子を捜すアイルランド人の主婦が、元エリート記者の男との旅を通して不思議な友情で結ばれていくさまを描く、実話をベースにしたヒューマンドラマ。『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』のジュディ・デンチが複雑な生い立ちの主婦をユーモアたっぷりに熱演し、感動を誘う。

監督
スティーヴン・フリアーズ
出演キャスト
ジュディ・デンチ スティーヴ・クーガン ソフィ・ケネディ・クラーク アンナ・マックスウェル・マーティン

ウォルト・ディズニーの約束

  • 2014年3月21日(金)
  • 製作総指揮

日本でも1965年に公開された、アカデミー賞5部門受賞の不朽の名作『メリー・ポピンズ』。いまもなお世界中で愛されるミュージカル映画の誕生秘話をディズニーならではの幻想的な映像でつづるファンタジー。エマ・トンプソンが原作者でイギリス人作家のP・L・トラヴァースを、トム・ハンクスがウォルト・ディズニー役に扮する。

監督
ジョン・リー・ハンコック
出演キャスト
トム・ハンクス エマ・トンプソン コリン・ファレル ポール・ジアマッティ
2012年

英雄の証明

  • 2012年2月25日(土)
  • 製作総指揮

『ハリー・ポッター』シリーズのヴォルデモート役で知られるレイフ・ファインズが映画監督に初挑戦。みずから主演も兼任し、シェイクスピアの悲劇「コリオレイナス」を現代に甦らせる。ジェラルド・バトラー、ヴァネッサ・レッドグレイヴほか演技派キャストの重厚な演技と、緊張感あふれるストーリー展開から目が離せない。

監督
レイフ・ファインズ
出演キャスト
レイフ・ファインズ ジェラルド・バトラー ヴァネッサ・レッドグレイヴ ブライアン・コックス

ジェーン・エア

  • 2012年6月2日(土)
  • 製作総指揮

これまで何度も映像化されてきた、シャーロット・ブロンテの同名小説を『アリス・イン・ワンダーランド』のミア・ワシコウスカ主演で映画化。不遇な少女時代を過ごし、やっと幸せをつかみかけたヒロインにさらなる悲劇が降りかかる。監督は本作が長編2作目となる、『闇の列車、光の旅』の日系米国人キャリー・ジョージ・フクナガ。

監督
キャリー・ジョージ・フクナガ
出演キャスト
ミア・ワシコウスカ マイケル・ファスベンダー ジェイミー・ベル ジュディ・デンチ

マリリン 7日間の恋

  • 2012年3月24日(土)
  • 製作総指揮

数々の伝説に彩られた女優マリリン・モンローと年下の英国人青年との知られざる純愛を描いた、甘く切ないラブストーリー。主演のミシェル・ウィリアムズがモンローの天真爛漫、繊細でピュアな側面に焦点を当てた役作りで数々の映画賞を受賞。『紳士は金髪がお好き』など名場面の再現シーンも大きな見どころだ。

監督
サイモン・カーティス
出演キャスト
ミシェル・ウィリアムズ ケネス・ブラナー エディ・レッドメイン ドミニク・クーパー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/3更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > クリスティーン・ランガン

ムービーウォーカー 上へ戻る