TOP > 映画監督・俳優を探す > ジルク・ビューア

年代別 映画作品( 2007年 ~ 2020年 まで合計6映画作品)

2020年

ある画家の数奇な運命

  • 10月2日(金)
  • 美術

『善き⼈のためのソナタ』でアカデミー賞外国語映画賞を受賞したフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督が、現代美術界の巨匠ゲルハルト・リヒターの半生をモデルに描いた人間ドラマ。ナチ党政権下にあった激動のドイツを舞台に、“芸術の自由”と“自分だけの表現方法”を模索した芸術家の姿を追う。『コーヒーをめぐる冒険』のトム・シリング、『リリーのすべて』のセバスチャン・コッホらが出演。

監督
フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
出演キャスト
トム・シリング セバスチャン・コッホ パウラ・ベーア オリヴァー・マスッチ
2017年

ブルーム・オブ・イエスタディ

  • 2017年9月30日(土)
  • プロダクション・デザイナー

第29回東京国際映画祭東京グランプリ、WOWOW賞W受賞のヒューマンドラマ。ナチスの戦犯を祖父に持つ研究者トトと、ナチスの犠牲者を祖母に持つインターンのザジ。人付き合いが苦手なトトはザジに最初は反発するが、やがてお互いに惹かれてあっていく。監督は、「4分間のピアニスト」のクリス・クラウス。出演は、「パーソナル・ショッパー」のラース・アイディンガー、「午後8時の訪問者」のアデル・エネル。

監督
クリス・クラウス
出演キャスト
ラース・アイディンガー アデル・エネル ヤン・ヨーゼフ・リーファース ハンナー・ヘルツシュプルング
2014年

クロッシング・ウォー 決断の瞬間

  • 2014年11月29日(土)
  • プロダクション・デザイン

アフガニスタン撤退を決める直前のドイツ部隊を描いた戦争ドラマ。極限状態における人間の良心を問う。監督は、デビュー作がアカデミー賞外国語映画賞ドイツ代表に選ばれたフェオ・アラダグ。出演は、「東ベルリンから来た女」のロナルト・ツェアフェルト。2014年ベルリン国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。

監督
フェオ・アラダグ
出演キャスト
ロナルト・ツェアフェルト ムスフィン・アハマディ サイダ・バルマキ アブドゥル・サラム・ユスフザイ

ガーディアン

  • 2014年5月19日(月)
  • プロダクション・デザイン

「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」主演のティル・シュヴァイガーが監督・製作・脚本・主演を務めたサスペンス・アクション。出演は、ティルの娘で、「耳のないウサギ」のルナ・シュヴァイガ-、「es エス」のモーリッツ・ブライブトロイ。“カリテ・ファンタスティック! シネマコレクション2014”にて上映。

監督
ティル・シュヴァイガー
出演キャスト
ティル・シュヴァイガー ルナ・シュヴァイガー モーリッツ・ブライプトロイ ハイナー・ラウターバッハ
2007年

4分間のピアニスト

  • 2007年11月10日(土)
  • 美術

孤独な女囚と、彼女の才能を見抜いた女性教師が、音楽を通じて共鳴していく感動作。クラシックだけにとどまらず、ジャズやロックも盛り込んだ数々のピアノ曲が物語を彩る。

監督
クリス・クラウス
出演キャスト
ハンナー・ヘルツシュプルング モニカ・ブライブトロイ スヴェン・ピッピッヒ リッキー・ミュラー

善き人のためのソナタ

  • 2007年2月10日(土)
  • 美術

冷戦時代における東独の闇に迫ったサスペンス・ドラマ。国家のために監視活動を行なう男がたどる波乱に満ちた運命を描き、多くの映画賞に輝いている注目作だ。

監督
フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
出演キャスト
ウルリッヒ・ミューエ マルティナ・ゲデック ゼバスチャン・コッホ ウルトリッヒ・トゥクール
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ジルク・ビューア

ムービーウォーカー 上へ戻る