TOP > 人物を探す > ジャン・キープラ

年代別 映画作品( 1930年 ~ 1936年 まで合計6映画作品)

1936年

恋のナポリ

  • 1936年
  • 出演(Antonio 役)

「南の哀愁」「今宵こそは」のジャン・キープラが「ロジタ(1936)」のグラディス・スウォザウトと共に主演する歌の映画で、ジャック・バクラクの原作に基づき「薔薇はなぜ紅い」のエドウィン・ジャスタス・メイヤーと「恋のセレナーデ」のリン・スターリングが協力脚色し、「さらば海軍兵学校」「帰らぬ船出」のアレクサンダー・ホールが監督に当たり、「薔薇はなぜ紅い」「十字軍」のヴィクター・ミルナーが撮影した。音楽はオスカー・シュタイン二世が作詞し、「真夏の夜の夢」のエリッヒ・ウォルガング・コルンゴルトが作曲並びに指揮している。助演は「ドン・ファン」のフィリプ・メリヴェール、「学生怪死事件」のベニー・ベイカー、「花嫁の感情」のウィリアム・コリアー・シニア老、「真珠の首飾」のアラン・モープレイ、シドニー・トーラー等である。

監督
アレクサンダー・ホール
出演キャスト
ジャン・キープラ グラディス・スウォザウト フィリップ・メリヴェール ベニー・ベイカー
1934年

唄へ今宵を

  • 1934年
  • 出演(Mario Delmonti 役)

「南の哀愁」「今宵こそは」のジャン・キープラと「未完成交響楽(1933)」「おもかげ」のマルタ・エゲルトが主演する映画で「おもかげ」「南の哀愁」のカルミネ・ガローネが監督したもの。脚本は「別れの曲」「春のパレード」のエルンスト・マリシュカが書卸した。助演者は「桃源郷」のパウル・ケンプ「ブロンドの夢」のパウル・ヘルビガー「君を夢みて」のテオ・リンゲン、「黄昏の維納」のヒルデ・フォン・シュトルツ、「ベロニカの花束」のヒルデ・ヒルデブラント、「激情の嵐」のトルーデ・ヘステルベルク等である。撮影は「ボートの八人娘」のフリーデル・ベーン・グルント、作曲は「モナ・リザの失踪」のロベルト・シュトルツの担当。

監督
カルミネ・ガローネ
出演キャスト
ジャン・キープラ マルタ・エゲルト パウル・ケンプ パウル・ヘルビガー

歌によせて

  • 1934年
  • 出演(Gatti 役)

「春のいざなひ」の英語版で同じくジャン・キープラが主演する映画でかつてアメリカで「虚栄地獄」「浮気禁制」等をものしたモーリス・エルヴィが監督に当たったもの。脚本はリチャード・ベンソンがオースティン・エドマンドの台詞を得て書いた。助演は「十三日の金曜日」のソニー・ヘイル及びエムリン・ウィリアムズ、新顔のアイリーン・マーソン、「ドン・ファン」のジナ・マロ等で、撮影は「十三日の金曜日」のチャールズ・ヴァン・エンガーの担当、歌は「キング・ソロモン」のミッシャ・スポリアンスキーが作曲した。

監督
モーリス・エルヴィ
出演キャスト
ジャン・キープラ ソニー・ヘイル アイリーン・マーソン エムリン・ウィリアムズ
1933年

春のいざなひ

  • 1933年
  • 出演(Gatti 役)

「歌へ今宵を」「恋のナポリ」のジャン・キープラが主演する映画で、「別れの曲」のエルンスト・マリシュカと「最後の戦闘機」のI・フォン・クーベとが脚本を書き「空飛ぶ音楽」のヨーエ・マイが監督に当たり音楽は「桑港」「モスコウの一夜」のワルター・ユルマンとP・カパーのチームが担当、撮影にはオットー・カントレック、ブルーノ・ティムが協力した。助演者はかつて「パンチネロ」に出たイェニー・ユーゴー、「ヴェロニカの花束」のパウル・ヘルビガー、「紅天夢」のパウル・ケンプ、「狂乱のモンテカルロ」のイダ・ヴュスト、ハンス・ユンカーマン、ユリウス・ファルケンシュタイン等である。なお音楽指揮には「おもかげ」のウィリー・シュミット・ゲントナーが任じた。

監督
ヨーエ・マイ
出演キャスト
ジャン・キープラ イェニー・ユーゴー イダ・ヴュスト パウル・ケンプ
1932年

今宵こそは

  • 1932年
  • 出演(Ferraro 役)

「女人禁制」のアナトール・リトヴァクの監督のもとに「南の哀愁」のジャン・キープラが主演する音楽映画で脚本も「女人禁制」のI・フォン・クーベがA・ヨゼフと協力して書卸し、主題歌も「女人禁制」のミッシャ・スポリアンスキーが作曲に当った。撮影は「お洒落王国」のフリッツ・アルノ・ワグナーが「女人禁制」のロベルト・バベルスケと共同して担任している。キープラの相手は新進花形マグダ・シュナイダー、「会議は踊る」のオットー・ヴァルブルグ及び新顔のフリッツ・シュルツで、助演者は「女人禁制」のマルゴ・リオン、「勝利者」のユリウス・ファルケンシュタイン、「狂乱のモンテカルロ」のイダ・ヴュスト等である。

監督
アナトール・リトヴァク
出演キャスト
ジャン・キープラ フリッツ・シュルツ マグダ・シュナイダー オットー・ヴァルブルグ
1930年

南の哀愁

  • 1930年
  • 出演(Giovanni Cavallone 役)

「アトランティド」「妖花アラウネ(1927)」のブリギッテ・ヘルムがポーランドの名テナー歌手ジャン・キープラと共演する映画で、「プレジャンの舟唄」「掻払いの一夜」のカルミネ・ガローネが監督に当たり、「旅愁」「彼女の選んだ道」のクルト・クーラントが南イタリアにロケーション撮影した。脚本は監督ガローネの原案に基いて「悲歌」「帰郷」のハンス・スツェケリーが執筆した。助演者は「眠れよ我が児」のガートルード・ベルリナー、「恋は盲目」のゲオルク・アレクサンダー、ワルター・ヤンセン等。

監督
カルミネ・ガローネ
出演キャスト
ブリギッテ・ヘルム ジャン・キープラ ワルター・ヤンセン ガートルード・ベルリナー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/5更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ジャン・キープラ