映画-Movie Walker > 人物を探す > ミヒル・ホイスマン

年代別 映画作品( 2007年 ~ 2019年 まで合計7映画作品)

2019年

ガーンジー島の読書会の秘密

  • 2019年8月30日(金)公開
  • 出演(Dawsey Adams 役)

『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』などを手掛けた製作陣が再結集したミステリードラマ。作家のジュリエットは、第二次世界大戦中イギリスで唯一ナチスドイツに占領されていたガーンジー島でエリザベスという女性が創設した“読書会”の存在を知り、島を訪れる。ジュリエット役に『シンデレラ』のリリー・ジェームズ、「ゲーム・オブ・スローンズ」のミキール・ハースマンらが共演。『フォー・ウェディング』のマイク・ニューウェルが監督を務める。

監督
マイク・ニューウェル
出演キャスト
リリー・ジェームズ ミキール・ハースマン グレン・パウエル ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ
2017年

インビテーション

  • 2017年1月28日(土)公開
  • 出演(David 役)

「イーオン・フラックス」のカリン・クサマ監督によるサスペンススリラー。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2017』の一作。

監督
カリン・クサマ
出演キャスト
ローガン・マーシャル=グリーン タミー・ブランチャード ミキール・ハースマン エマヤツィ・コーリナルディ
2015年

アデライン、100年目の恋

  • 2015年10月17日(土)公開
  • 出演(エリス・ジョーンズ 役)

老化が止まり、100年以上も生き続けた女性が自らの運命に翻弄されながらも真実の愛に巡りあうまでを描くラブストーリー。ドラマ「ゴシップガール」で一躍注目を浴びる存在となったブレイク・ライブリーがミステリアスなヒロインに扮する。彼女が身に着ける1900年代から現代まで様々な時代のハイブランドドレスも見どころ。

監督
リー・トランド・クリーガー
出演キャスト
ブレイク・ライヴリー ミキール・ハースマン ハリソン・フォード エレン・バースティン

わたしに会うまでの1600キロ

  • 2015年8月28日(金)公開
  • 出演(ジョナサン 役)

何のトレーニングもせずに、3か月をかけて1600キロもの自然歩道踏破に挑んだ女性シェリル・ストレイドの自伝を、リース・ウィザースプーン主演で映画化した人間ドラマ。極寒の雪山や酷暑の砂漠が待つ厳しい道のりを、必死に乗り越えようとするヒロインの姿が胸を打つ。監督を務めたのは、『ダラス・バイヤーズクラブ』のジャン=マルク・ヴァレ。

監督
ジャン=マルク・ヴァレ
出演キャスト
リース・ウィザースプーン ローラ・ダーン ミヒル・ホイスマン ダブル・アール・ブラウン
2009年

ヴィクトリア女王 世紀の愛

  • 2009年12月26日(土)公開
  • 出演(アーネスト 役)

19世紀、18歳で即位しイギリス女王となったヴィクトリアと、その夫アルバートとの絆や愛を描くドラマ。「プラダを着た悪魔」のエミリー・ブラントがヴィクトリアを熱演。

監督
ジャン=マルク・ヴァレ
出演キャスト
エミリー・ブラント ルパート・フレンド ポール・ベタニー ミランダ・リチャードソン
2007年

ブラックブック

  • 2007年3月24日(土)公開
  • 出演(ロブ 役)

「氷の微笑」のポール・バーホーベンが、23年ぶりに故国オランダで監督したサスペンスタッチの戦争ドラマ。昨年のオランダ映画祭で作品・監督・主演女優の3部門を受賞した。

監督
ポール・バーホーベン
出演キャスト
カリス・ファン・ハウテン ゼバスチャン・コッホ トム・ホフマン ハリナ・ライン

フィレーネのキライなこと

  • 2007年1月27日(土)公開
  • 出演(マックス 役)

オランダ映画祭4部門受賞に輝いた恋愛映画。勝気な性格で周囲に迷惑ばかりかけている女性が、ある青年との恋を通して自分を見つめ直すまでを軽妙につづる。

監督
ロバート・ヤン・ウェストダイク
出演キャスト
キム・ファン・コーテン ミヒル・ホイスマン タラ・エルダース ハデヴィック・ミニズ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ミヒル・ホイスマン