映画-Movie Walker > 人物を探す > ビリー・ローズ

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1919年 まで合計4映画作品)

1919年

恋の手招き

  • 1919年当年公開
  • 出演(Kid_Allen 役)

ビリー・ローズ嬢の第4回ロバートソンコール映画で、4部を背景とした人情喜劇。「鬼火ロウドン」でジョーに扮したハート・ホクシー氏が牧童のニックに扮して居る。

監督
ルイ・ウィリアム・ショーデ
出演キャスト
ビリー・ローズ ロイド・ウィトロック ハート・ホクシー William Dyer

女曲馬師(フープ・ラ)

  • 1919年当年公開
  • 出演(Hoop-La_Charters 役)

田舎廻りのサーカスの花形フープ・ラは、裸馬に乗った空中の離れ業を演じたり、道化者の身代わりとなったりしてその日を送っていた。フープ・ラの唯一の保護者たり遊び相手は一座の道化者トードルス老人であった。ある日フープ・ラは貧しき騎手のジョー・マッギーに代わって競馬に出場し大勝利を得た。これを見物し大富豪の子息トニーは彼女に恋をする。その後フープ・ラは自分が金持ちのカーター家の後嗣であることを知り、煩わしい交際社会へ入るのが厭さに名儀だけマッギーの妻となって自由な生活を楽しんでいた。泥酔したマッギーは火を失してサーカスの天幕を焼き、その身も梁に打たれて死んだ。フープ・ラはやがてトニーの誠を知ってその申し出に同意し、父の遺した家に移って新生涯に入ることになった。

出演キャスト
ビリー・ローズ バートラム・グラスビー John Cooke ヴァル・ポール
1918年

夢に見る女

  • 1918年当年公開
  • 出演(Billie_the_Weed 役)

サンベルナンデイノ山中にウイクアムス夫婦に育てられていた孤児のビリー(ビリー・ローズ嬢)の身の上を軽く取り扱った人情喜劇とでもいうべきものである。ある日ビリーはホテルに来ている富豪のバツセット老人(ジャック ・マックドナルド氏)に会った。心優しい娘の仕打ちに感じてバツセットはビリーを孫のように可愛がるが、老人の甥のケンネスと姪のマデリシはこれを快く思わない。娘は自動車で負傷したラルフ青年(レオ・ピアーソン氏)を救ってからは彼を慕っていた。ある暑い日娘が小川に水を浴びているところをケンネスは撮影して都の写真クラブに出品した。その後ケンネスはビリーは自分が昔棄てた山の女の遺児と知り、現在の娘に対する道ならぬ行を恥じて町を去り、ビリーはバツセットの遺産を相続してラルフと生涯を共にすべく誓った。

監督
マーティン・L・ドナー
出演キャスト
ビリー・ローズ ジャック・マクドナルド Lama Johnston レオ・ピアーソン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ビリー・ローズ