映画-Movie Walker > 人物を探す > 綾戸智恵

年代別 映画作品( 2006年 ~ 2018年 まで合計6映画作品)

2018年

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話

難病で車いす生活を強いられながらも、力強い生き様で多くの人々に影響を与えた実在の人物、鹿野靖明さんを、大泉洋が演じるヒューマンドラマ。難病・筋ジストロフィーで、人の助けがないと生きていけないのに病院を飛び出して自立生活を始めた鹿野。そんな彼に振り回されながらも、出会いを機に変わっていく人々の物語が描かれる。

監督
前田哲
出演キャスト
大泉洋 高畑充希 三浦春馬 萩原聖人
2016年

Given 〜いま、ここ、にあるしあわせ

  • 2016年2月6日(土)公開
  • 主題歌、語り

難病に苦しむ子供を抱えて生きる3つの家族にスポットを当てたドキュメンタリー。それぞれの家族の生きる歓びを通じて、生きることの意味や本当の幸せとは何かを問いかける。主題歌と作中の語りを担当したのは、ジャズシンガーの綾戸智恵。フリーで医療関係のテレビ番組などでディレクターを務めてきた高橋夏子が、映画監督に初挑戦。

監督
高橋夏子
2013年

言葉のきずな

  • 2013年9月21日(土)公開
  • 挿入歌

失語症や構音障害など、言葉の障害を持った人々が中心となって運営されている長野県の劇団“ぐるっと一座”の活動を追ったドキュメンタリー。“失語症テーマ劇”、“コミュニケーションワークショップ”といった独自の活動を続ける彼らの姿を通して、人間らしい生き方を探る。監督は、テレビドキュメンタリーを手掛けてきた田村周。

監督
田村周
出演キャスト
ぐるっと一座
2009年

60歳のラブレター

  • 2009年5月16日(土)公開
  • 出演(松山光江 役)

“ラブレター”をモチーフに、長年連れ添ってきた男女の思いをつづる感動ドラマ。3組の登場人物の喜びや迷いを描きつつ、人と人との絆の大切さを観る者に伝える。

監督
深川栄洋
出演キャスト
中村雅俊 原田美枝子 井上順 戸田恵子
2007年

風の外側

  • 2007年12月22日(土)公開
  • 出演(梁民子 役)

前作「長い散歩」が海外の映画祭などで、高い評価を得た奥田瑛二の監督第4作。夢を失った少女と差別の壁に生き方をはばまれる青年の悲しい恋の行方を描く。

監督
奥田瑛二
出演キャスト
佐々木崇雄 安藤サクラ 石田卓也 加納史敏
2006年

待合室 Notebook of Life

  • 2006年11月4日(土)公開
  • 主題歌

富司純子と寺島しのぶ、母娘の共演による実話を基にした感動のドラマ。駅の待合室に置かれた、旅人が思いをつづるノートを通して絆をはぐくむ人々の姿を温かく見つめる。

監督
板倉真琴
出演キャスト
富司純子 寺島しのぶ ダンカン あき竹城

関連ニュース

『最強のふたり』に著名人から絶賛の声届く!竹中直人「なんてチャーミングな友情物語!」
『最強のふたり』に著名人から絶賛の声届く!竹中直人「なんてチャーミングな友情物語!」(2012年7月24日)

車椅子生活を送る富豪と、図らずも介護役になったスラム出身の黒人青年の友情を描く『最強のふたり』(9月1日公開)。本作を公開前にいち早く見た観客や各界の著名人から…

金子みすゞの詩を宣伝に用いた『光のほうへ』に各界、著名人から絶賛コメントが!
金子みすゞの詩を宣伝に用いた『光のほうへ』に各界、著名人から絶賛コメントが!(2011年5月25日)

幼い弟の死を受け入れられず、心に深い傷を残したまま大人になった兄弟の物語『光のほうへ』(6月4日公開)のチラシや宣伝物には、偶然にも東日本大震災以降、CMで使用…

熟年夫婦の味わい深い人生模様を描く『60歳のラブレター』―No.10 大人の上質シネマ
熟年夫婦の味わい深い人生模様を描く『60歳のラブレター』―No.10 大人の上質シネマ(2009年5月8日)

長年連れ添った熟年夫婦が“ラブレター”を交わす――。 とある銀行の応募企画として2000年にスタートした“60歳のラブレター”企画。団塊世代には気恥ずかしさが先…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 綾戸智恵