映画-Movie Walker > 人物を探す > ロザンナ・ノートン

年代別 映画作品( 1975年 ~ 1999年 まで合計11映画作品)

1999年

ザ・メイカー

  • 1999年7月31日(土)公開
  • 衣装デザイン

悩みを抱えて生きる高校生の危険な青春を描いたドラマ。監督は「リバース・エッジ」「聖者が眠る街」のティム・ハンター。脚本はランド・ラヴィッチ。製作は「アンフォゲタブル」のアンドリュー・ラザー、デミトリ・サマハ。製作総指揮はエリー・サマハ、アヴィ・ラーナー、ダニー・ディムボート、トレヴァー・ショート。撮影はヒュベール・タクザノウスキ。音楽は「12モンキーズ」のポール・バックマスター。美術はジェーン・アン・スチュワート。編集はスコット・チェスナット。衣裳はロザンナ・ノートン。出演は「ベルベット・ゴールドマイン」のジョナサン・リース=マイヤーズ、「ブラックアウト」のマシュー・モディーン、「ブロードウェイと銃弾」のメアリー・ルイーズ・パーカー、「フェイク」のマイケル・マドセンほか。

監督
ティム・ハンター
出演キャスト
マシュー・モディン メアリー・ルイーズ・パーカー ジョナサン・リース・マイヤーズ フェルザ・バルク

沈黙の陰謀

  • 1999年2月20日(土)公開
  • 衣装デザイン

突然町を襲った細菌兵器に単身立ち向かう医師の姿を描くアクション快作。監督は「ファイアーストーム」のディーン・セムラー。主演は「沈黙の断崖」のスティーヴン・セガール。撮影は「ポストマン」「ファイアーストーム」のスティーヴン・ウィンドン。音楽はスティーヴン・エドワーズ。美術は「バウンド」のイヴ・コーリー・ターナー。編集は「ブレーキ・ダウン」のデレク・ブレチン。衣裳は「トロン」のロザンナ・ノートン。共演は「ロスト・ワールド ジュラシック・パーク」のカミーラ・ベル、「マスク・オブ・ゾロ」のL・Q・ジョーンズ、新人のホイットニー・イエロー・ローブほか。

監督
ディーン・セムラー
出演キャスト
スティーヴン・セガール ゲイラード・サーテイン L・Q・ジョーンズ シラー・ウェアー・ミッチェル
1997年

沈黙の断崖

  • 1997年11月8日(土)公開
  • 衣装デザイン

有毒廃棄物を不当投棄する巨大企業の陰謀に挑む、環境保護調査官の活躍を描いた西部劇調のサスペンス・アクション。「グリマーマン」のスティーヴン・セガールが製作・主演を手掛け、今回は得意のマーシャル・アーツを生かしたアクション・シーンのほか、挿入曲の作曲とギターの腕前も披露している。日本公開にあたり、「沈黙」シリーズ完結篇と銘打たれたが、「沈黙の戦艦」と「暴走特急」を除いて個々の作品の物語や登場人物に関連はない。監督は『ER/緊急救命室』などを手掛けたTV界のベテランで、これが初の劇場用映画のフェリックス・エンリケス・アルカラ。原案・製作総指揮は「理由」のジェブ・スチュアート、脚本はスチュアートとTV『オン・ジ・エアー』のフィリップ・モートンの共同。製作はセガールとパートナーのジュリアス・R・ナッソ。撮影は「メジャーリーグ2」のトム・ホートン、音楽は「ザ・ロック」のニック・グレニー=スミス、美術は「ジョーズ」「未知との遭遇」のジョー・アルヴェス、編集は「沈黙の戦艦」「沈黙の要塞」のロバート・A・フェレッティ、衣裳は「フリントストーン/モダン石器時代」のロザンナ・ノートン。共演は「バッドボーイズ」のマーグ・ヘルゲンバーガー、「潜望鏡を上げろ」のハリー・ディーン・スタントン、「ザ・ターゲット」のスティーヴン・ラング、「天国の門」のクリス・クリストファーソン、ロックグループ〈ザ・バンド〉のドラマーで、「フィーリング・ミネソタ」などの出演作もあるリヴォン・ヘルムほか。また音楽好きのセガールらしく、マーク・コリー、ランディ・トラヴィス、トラヴィス・トリット、そして伝説的な歌手ロレッタ・リンの双子の娘パッツィとペギーらが出演している。

出演キャスト
スティーヴン・セガール マーグ・ヘルゲンバーガー スティーブン・ラング ブラッド・ハント

バーブ・ワイヤー ブロンド美女戦記

  • 1997年1月11日(土)公開
  • 衣装デザイン

セクシーでタフなヒロインが活躍する近未来アクション。監督はミュージック・ビデオの演出家出身であるデイヴィッド・ホーガン。製作は「マスク」「タイムコップ」のマイク・リチャードソンほか。製作総指揮はピーター・ヘラー。脚本は原案のイレーヌ・チェイケン自身と、チャック・ファーラー。撮影はリック・ボタ。音楽は「黒豹のバラード」のミシェル・コロンビエ。音楽監修はバークリー・K・グリッグス。美術はジャン・フィリップ・カープ。編集はピーター・シンク。衣装はロザンナ・ノートン。出演は『プレイボーイ』誌の表紙を史上最多の6回も飾った「硝子のバラ」のパメラ・アンダーソン・リー、「D.N.A」のテムエラ・モリソン、「ジム・キャリーはMrダマー」のヴィクトリア・ロウエル、「奇跡の海」のウド・キアー、スティーヴン・レイルズバックほか。

監督
デイヴィッド・ホーガン
出演キャスト
パメラ・アンダーソン テムエラ・モリソン ヴィクトリア・ロウウェル ジャック・ノースワーシー
1995年

キャスパー

  • 1995年7月29日(土)公開
  • 衣装デザイン

淋しがりやで人なつこいゴーストと、ある父娘の交流を描いた、ハートフルなファンタジー・コメディ。ジョー・オリアロとサイ・レイトが創造し、40~50年代にかけてコミックスとテレビアニメ・シリーズで好評を博したキャラクターを、CGを駆使して実写映画化。「ジュラシック・パーク」のデニス・ミュレン率いるILMが2年間を費やし、28兆バイツ(フロッピーディスクで1900万枚)のデータを入力、300 カット以上の実写とCGを合成した映像が驚異的(「ジュラシック・パーク」の恐竜のCG映像が全体で約6分半とするなら、本作のゴーストは約40分間にわたって登場)。実際の撮影に当たってはパペットやメカを使用せず、全てコンピュータ内部でキャラクターが作り上げられている。監督はテレビ界で活躍し、これが初の劇場用作品となる30歳の新鋭ブラッド・シルバーリング。製作はコリン・ウィルソン、エグゼクティヴ・プロデューサーはスティーヴン・スピルバーグ、ジェラルド・R・モーレン、ジェフリー・A・モンゴメリー。脚本はシェリー・ストナー、ディーナ・オリヴァー。撮影は「ジュラシック・パーク」のディーン・カンディ、音楽は「レジェンド・オブ・フォール 果てしなき想い」のジェームズ・ホーナー、美術はレスリー・ディリーが担当。主演は「アダムス・ファミリー」シリーズのクリスティナ・リッチと「めぐり逢えたら」のビル・プルマン。共演は「ソープディッシュ」のキャシー・モリアーティ、モンティ・パイソン一家で「ナンズ・オン・ザ・ラン 走れ!尼さん」のエリック・アイドルほか。

監督
ブラッド・シルバーリング
出演キャスト
クリスティーナ・リッチ ビル・プルマン キャシー・モリアーティ エリック・アイドル

エンジェルス

  • 1995年6月10日(土)公開
  • 衣装デザイン

少年の願いを聞き入れた天使たちが最下位のプロ野球チームを見事優勝に導くさまを描いたファンタジー・コメディ。監督は「ハリーとヘンダソン一家」のウィリアム・ディア。脚本は「メイド・イン・アメリカ」のホリー・ゴールドバーグ・スローン。製作は「シティ・スリッカーズ」のアービー・スミス、「メジャーリーグ」のジョー・ロス、「ラスト・オブ・モヒカン」のロジャー・バーンバウムの共同。撮影は「デモリションマン」のマシュー・F・レオネッティ、音楽は「マスク(1994)」のランディ・エデルマン、美術は「逃亡者(1993)」のデニス・ワシントン、編集は「クール・ランニング」のブルース・グリーン、衣装は「トロン」(アカデミー賞を受賞)のロザンナ・ノートンがそれぞれ担当。主演は「リバー・ランズ・スルー・イット」のジョセフ・ゴードン・レヴィットと、「聖者の眠る街」のダニー・グローヴァー、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」3部作のクリストファー・ロイド。共演は「ラスト・ショー」のベン・ジョンソン、「ホーム・アローン2」のブレンダ・フリッカーら。

監督
ウィリアム・ディア
出演キャスト
ジョセフ・ゴードン・レヴィット ダニー・グローヴァー クリストファー・ロイド ミルトン・デイヴィス・Jr
1994年

フリント・ストーン モダン石器時代

  • 1994年7月30日(土)公開
  • 衣装デザイン

スティーヴン・スピルバーグが主宰するアンブリン・エンターテインメントの10周年記念作で、日米で好評を博したハンナ=バーベラ・プロのTVアニメ『原始家族』を実写で映画化したSFコメディ。太古の地球とそっくりでありながら、自然と文明が不思議に調和した町ベッドロックを舞台に、ごく平凡な会社員一家が巻き起こす騒動を描く。珍奇な日用品や建物の数々はじめ、アニメの世界を忠実に再現した映像が見もの。監督は「ベートーベン」のブライアン・レヴァント。脚本は「ゲッティンク・イーブン」のコンビ、トム・S・パーカーとジム・ジェニウェインと、スティーヴン・E・デ・スーザの共同。製作は「フック」のブルース・コーエン、撮影は「ジュラシック・パーク」のディーン・カンディ。音楽はデイヴィッド・ニューマンがスコアを書き、BC52S'というバンドの役で出演もしているロックグループのB-52S'、アル・ヤンコヴィックらが挿入曲を提供。SFXはILMが担当。主演は「マチネー 土曜の午後はキッスで始まる」のジョン・グッドマン。共演は「ジャイアント・ベビー」のリック・モラニス、「ビッグ」のエリザベス・パーキンス、「トライアル 審判」のカイル・マクラクラン、「クリスタル殺人事件」のエリザベス・テイラーほか。

監督
ブライアン・レヴァント
出演キャスト
ジョン・グッドマン エリザベス・パーキンス リック・モラニス ロージー・オドネル
1986年

恋のじゃま者(1986)

  • 1986年11月8日(土)公開
  • 衣装デザイン

別居中の両親との絆と仕事や恋にゆれる働き盛りのサラリーマンの姿を描くコメディ。製作はアレクサンドラ・ローズ、エグゼキュティブ・プロデューサーはロジャー・M・ロススタイン、監督は「フラミンゴ・キッド」のゲイリー・マーシャル、脚本はリック・ボーデルとマイケル・プレミンジャー、撮影はジョン・A・アロンゾ、音楽はパトリック・レナードが担当。出演はトム・ハンクスほか。

監督
ゲイリー・マーシャル
出演キャスト
トム・ハンクス ジャッキー・グリーソン エヴァ・マリー・セイント ヘクター・エリゾンド
1984年

ハード・ツー・ホールド

  • 1984年11月17日(土)公開
  • 衣装デザイン

サンフランシスコを舞台にロック・ミュージシャンと児童相談所を主宰する女性との恋を描く。製作はD・コンスタンティン・コンテ。エグゼクティヴ・プロデューサーはジョー・ゴットフリード。監督は「さよならコロンバス」のラリー・ピアース、トム・ヘドリーとリチャード・ロススタインの原案を基にトム・ヘドリーが脚色。撮影はリチャード・H・クライン、音楽はトム・スコット、編集はボブ・ワイマン、衣裳はロザンナ・ノートンが担当。出演はリック・スプリングフィールド、ジャネット・アイルバー、パティ・ハイセン、アルバート・サルミ、グレゴリー・イッツェンなど。日本版字幕は菊地浩司。テクニカラー、ビスタサイズ。1984年作品。

監督
ラリー・ピアース
出演キャスト
リック・スプリングフィールド ジャネット・アイルバー パティ・ハイセン アルバート・サルミ
1980年

フライングハイ

  • 1980年12月13日(土)公開
  • 衣装デザイン

乗客を満戴した旅客機内を舞台に、突然の食中毒発生にパニック状態に陥る人々と操縦を託された元パイロットの活躍を描くパロディ映画。製作はジョン・デイヴィソン、監督・脚本は「ケンタッキー・フライド・ムービー」を製作したジム・エイブラハムズと、デイヴィッドとジェリーのザッカー兄弟、撮影はジョセフ・バイロック、音楽はエルマー・バーンスタイン、編集はパトリック・ケネディ、製作デザインはウォード・プレストン、衣裳はロザンナ・ノートンが各各担当。出演はロバート・ヘイズ、ジュリー・ハガティ、カリーン・アブダル・ジャバール、ロイド・ブリッジス、ピーター・グレイヴス、レスリー・ニールセン、ローナ・パターソン、ロバート・スタック、スティーブン・スタッカーなど。

監督
ジム・エイブラハムズ デイヴィッド・ザッカー ジェリー・ザッカー
出演キャスト
ロバート・ヘイズ ジュリー・ハガティ カリーン・アブドゥル・ジャバール ロイド・ブリッジス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ロザンナ・ノートン