TOP > 人物を探す > フランシス・ウォーレス

年代別 映画作品( 1931年 ~ 1963年 まで合計6映画作品)

1963年

恋のKOパンチ

  • 1963年3月7日(木)
  • 原作

フランシス・ウォーレスの小説「キッド・ギャラハッド」をウィリアム・フェイが脚色し「秘密諜報機関」のフィル・カールソンが監督したコメディ。撮影は「終身犯」のバーネット・ガフィ、音楽はジェフ・アレクサンダー。出演者は「夢の渚」のエルヴィス・プレスリー、「ミンクの手ざわり」のギグ・ヤング、「ブルー・ハワイ」のジョーン・ブラックマン、TVのチャールズ・ブロンソン。製作は「夢の渚」のデイヴィッド・ワイスバート。

監督
フィル・カールソン
出演キャスト
エルヴィス・プレスリー ギグ・ヤング ローラ・オルブライト ジョーン・ブラックマン
1937年

倒れるまで

  • 1937年
  • 原作

「弾丸か投票か」「俺は善人だ」のエドワード・G・ロビンソンと「札つき女」「化石の森」のベティ・デイヴィスが主演する映画で、フランシス・ウォーレス作の大衆小説を「弾丸か投票か」「Gメン」のシートン・I・ミラーが脚色し、「進め龍騎兵」「海賊ブラッド」のマイケル・カーティズが監督に当たり、「大森林」「科学者の道」のガエタノ・ゴーディオが撮影したもの。助演者は「札つき女」「化石の森」のハンフリー・ボガートを始め、「太平洋横断機」のウェイン・モリス、「札つき女」のジェーン・ブライヤン及びベン・ウェルデン、「黄金(1936)」のハリー・ケイリー、「カリアンテ」のソレダッド・ヒミメス、ウィリアム・ハード等である。

監督
マイケル・カーティズ
出演キャスト
エドワード・G・ロビンソン ベティ・デイヴィス ハンフリー・ボガート ウェイン・モリス
1936年

ローズ・ボール

  • 1936年
  • 原作

「素晴らしき求婚」のエリノア・ウィットニー及びウィリアム・フローリー、「悪魔の疾走」のトム・ブラウン、「彼女は制服が好き」のラリー・バスター・クラブ、「シャムパン・ワルツ」のベニー・ベイカー、「黄金(1936)」のプリシラ・ローソンが共演する映画で、フランシス・ウォーレスの原作を「フロリダ超特急」に協力したマーゲリット・ロバーツが脚色し、「悪魔の疾走」「最後の駐屯兵」のチャールズ・バートンが監督に当たり、「花婿は漫遊病」のヘンリー・シャープが撮影した。助演者は「クレイグの妻」のニディア・ウェストマン、新顔のニック・ルーカツその他である。

監督
チャールズ・バートン
出演キャスト
エリノア・ウィットニー トム・ブラウン ラリー・バスター・クラブ ウィリアム・フローリー

大試合

  • 1936年
  • 原作

新顔のフィリップ・ヒューストン、「一対二」「空の軍隊」のジェームズ・グリーン、「無限の青空」のジューン・トラヴィス、「激怒(1936)」「情無用ッ」のブルース・キャボット、「東への道」「全米軍」のアンディ・ディヴァインが共演する映画で、フランシス・ウォーレスの原作をアーウィン・ショウが脚色し、「大帝の密使」「紅雀」のジョージ・ニコルズ・ジュニアが監督に当たり、ハリー・J・ワイルドが撮影したもの。但し蹴球場面はエドワード・キリーが監督している。助演は「進め龍騎兵」のC・ヘンリー・ゴードン、「硝煙牧場」のグィン・ウィリアムス、「大学の人気者」のジョン・アーレッジで、その他1935年度の全米軍選手8名が特別出演している。

監督
ジョージ・ニコルズ・ジュニア
出演キャスト
フィリップ・ヒューストン ジェームズ・グリースン ジューン・トラヴィス ブルース・キャボット
1932年

若き血に燃ゆる頃

  • 1932年
  • 原作

「マタ・ハリ」「印度の寵児」のラモン・ノヴァロが主演する映画で、「メリケン押切帳」「裸一貫(1931)」のサム・ウッドが監督したもの。原作はフランシス・ウォーレスで、ロバート・リー・ジョンソンとアーサー・S・ハイマンが改作し、「キューバの恋唄」のC・ガードナー・サリヴァンがウォルトン・ホール・スミスと共同して脚色して台詞をつけた。キャメラは「太平洋爆撃隊」「秘密の6」のハロルド・ウェンストロムの担当である。助演者は「印度の寵児」「狂へる銀翼」のマッジ・エヴァンス、「男子入用」「鉄窓の女」のユーナ・マーケル、「大飛行船」「希望の星」のラルフ・グレイヴス、「狂へる銀翼」「蜘蛛の怪」のジョン・アーレッジ、フランク・アルバートソン、ケイン・リッチモンド、マーサ・スリーパー、ヘンリー・アーメッタ、ロックリフ・フュロウズ、フェリケ・ポロス等である。

監督
サム・ウッド
出演キャスト
ラモン・ノヴァロ マッジ・エヴァンス ウナ・マーケル ラルフ・グレイヴス
1931年

タッチ・ダウン(1931)

  • 1931年
  • 原作

名コーチャーと謳われた故ヌート・ロックイニイーの助手をしてたフランシス・ウォレス作の蹴球小説「スタディアム」を映画化したもので、「砲煙」「征服群」と同じくグローヴァ・ジョーンズとウィリアム・スレイヴンス・マクナットが共同脚色し、「いんちき商売」「青春来る(1931)」のノーマン・マクロードが監督し「いんちき商売」「哄笑の世界」のアーサー・L・トッドが撮影した。主役は「沈黙の犯罪」「砲煙」のリチャード・アーレンで「沈黙(1931)」のペギー・シャノン、「おしゃれ牧場」「珍暗黒街」のジャック・オーキイ、「キック・イン」のレジス・トゥーミー、「名門芸術」のチャールズ・スターレット、「陽気な中尉さん」のジョージ・バービア、「蹴球大学」のJ・ファーレル・マクドナルド等が共演している。

監督
ノーマン・マクロード
出演キャスト
リチャード・アーレン ペギー・シャノン ジャック・オーキー レジス・トゥーミー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/4更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > フランシス・ウォーレス

ムービーウォーカー 上へ戻る