映画-Movie Walker > 人物を探す > 高良健吾

年代別 映画作品( 2006年 ~ 2019年 まで合計28映画作品)

2019年

葬式の名人

大阪府茨木市市制70 周年記念事業の一環として茨木市が全面協力、川端康成の短編小説をモチーフにした群像コメディ。息子と二人で暮らす雪子のもとに、高校時代の同級生の訃報が届く。卒業から10年の時を経て集まった同級生たちは、奇想天外な通夜を体験する。映画評論家で「インターミッション」など監督業にも進出する樋口尚文がメガホンを取った。また、川端康成の母校・大阪府立茨木高校の卒業生で、劇団とっても便利の脚本を担当、日本チャップリン協会会長を務める大野裕之が脚本を手がけた。『十六歳の日記』『師の棺を肩に』『少年』『バッタと鈴虫』『葬式の名人』『片腕』などの川端康成の短編小説を下地にしている。シングルマザーの渡辺雪子を「旅のおわり世界のはじまり」の前田敦子が、雪子共に奇想天外な通夜に翻弄される茨木高校の野球部顧問・豊川大輔を「多十郎殉愛記」の高良健吾が演じる。2019年8月16日茨木市先行ロードショー。

監督
樋口尚文
出演キャスト
前田敦子 高良健吾 白洲迅 尾上寛之

人間失格 太宰治と3人の女たち

世界的な写真家であり、『さくらん』『ヘルタースケルター』などで映画監督としても活躍する蜷川実花が、構想に7年を費やし、天才作家・太宰治と彼を取り巻く3人の女性のスキャンダラスな関係を映画化。小栗旬が主人公の太宰に扮し、その妻を宮沢りえが、愛人を沢尻エリカ、最後の女・富栄を二階堂ふみが演じる。

監督
蜷川実花
出演キャスト
小栗旬

アンダー・ユア・ベッド

『殺人鬼を飼う女』や『甘い鞭』など数々の映像化作品で知られる大石圭の同名小説を、高良健吾主演で映画化したサスペンス・ホラー。かつて自分に対して唯一、優しくしてくれた女性に対し、歪んだ思いを強くしていく男の行き過ぎた行動の行方が描かれる。主人公が思い続けるヒロインを演じるのは『私は絶対許さない』の西川可奈子。

監督
安里麻里
出演キャスト
高良健吾 西川可奈子 安部賢一 三河悠冴

多十郎殉愛記

  • 2019年4月12日(金)公開
  • 出演(清川多十郎 役)

『木枯らし紋次郎』シリーズをはじめ、様々なジャンルの作品を手がけるベテラン、中島貞夫の『極道の妻たち 決着』以来約20年ぶりの劇映画監督作となる時代劇。守るべき者のために再び剣を握ることになった男の過酷な戦いが描かれる。高良健吾が主人公の多十郎を演じ、クライマックスの30分にも及ぶ大立ち回りなど新境地を見せる。

監督
中島貞夫
出演キャスト
高良健吾 多部未華子 木村了 三島ゆり子
2018年

止められるか、俺たちを

  • 2018年10月13日(土)公開
  • 出演(吉澤健 役)

「孤狼の血」の白石和彌監督が、師匠である故・若松孝二の若き日を映し出す青春群像劇。1969年、21歳で若松プロダクションの門を叩き、助監督として奔走した吉積めぐみの目を通して、映画や政治、そして恋、なにもかもが危うくきらめいていた一瞬の時が綴られる。吉積めぐみを「サニー/32」の門脇麦が、若松孝二を「光(大森立嗣監督)」の井浦新が演じる。脚本は「あいときぼうのまち」の井上淳一。撮影を「だれかの木琴」の辻智彦が務める。

監督
白石和彌
出演キャスト
門脇麦 井浦新 山本浩司 岡部尚

劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~

  • 2018年9月29日(土)公開
  • 出演(声)(津村椋雄 役)

他の人には見えない妖(あやかし)が見える少年・夏目と妖たちが繰り広げるせつない物語を描く、同名コミックが原作のTVアニメの初の劇場版。夏目の祖母レイコを知る女性や、小学校時代の同級生らとの出会いが新たなトラブルを巻き起こす。原作の緑川ゆきの監修による完全新作のオリジナルエピソードとなる。

監督
伊藤秀樹
出演キャスト
神谷浩史 井上和彦 小林沙苗 伊藤美紀

万引き家族

第71回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールに輝いた、是枝裕和監督による人間ドラマ。祖母の年金を頼りに、足りないものを万引きで賄っている一家が、ひとりの少女を迎え入れたのを機にバラバラになっていくさまがつづられる。一家の主をリリー・フランキー、その妻を安藤サクラが演じるなど、個性派たちの熱演が物語をより一層味わい深いものにしている。

監督
是枝裕和
出演キャスト
リリー・フランキー 安藤サクラ 松岡茉優 池松壮亮
2017年

月と雷

  • 2017年10月7日(土)公開
  • 出演(智 役)

直木賞作家・角田光代の同名小説を「海を感じる時」の安藤尋が映画化。結婚を控えた泰子の前に、かつて半年間だけ一緒に暮らしたことがある父の愛人の息子・智が現れる。これをきっかけに、2人は一緒に母親や異父妹、智の母・直子の元を訪ね歩くが……。出演は「終戦のエンペラー」の初音映莉子、「彼女の人生は間違いじゃない」の高良健吾。

監督
安藤尋
出演キャスト
初音映莉子 高良健吾 藤井武美 黒田大輔

彼女の人生は間違いじゃない

  • 2017年7月15日(土)公開
  • 出演

廣木隆一監督が処女小説を自ら映画化した人間ドラマ。福島で父親と仮説住宅で暮らし、週末だけ東京でデリヘル嬢をするヒロインが、福島と東京を行き来する生活のなかで、光を見出そうとする姿を描く。『日本で一番悪い奴ら』などでも激しい濡れ場に挑戦した瀧内公美がヒロインのみゆきを、廣木監督作の常連である高良健吾らが脇を固める。

監督
廣木隆一
出演キャスト
瀧内公美 高良健吾 光石研 柄本時生

関連ニュース

夫婦役で共演の上戸彩と高良健吾。「似てる」2人が転機を告白!
夫婦役で共演の上戸彩と高良健吾。「似てる」2人が転機を告白!(2013年12月13日)

江戸時代を舞台に、日本の台所の息遣いと、夫婦の誠実な心を描く『武士の献立』が12月14日より公開。悩み迷いながらも、一歩ずつ進むべき道を見つけていく主人公たち。…

船越英一郎と高良健吾が『県庁おもてなし課』錦戸亮との共演で得た刺激
船越英一郎と高良健吾が『県庁おもてなし課』錦戸亮との共演で得た刺激(2013年5月9日)

「図書館戦争」など作品が次々と映像化されている人気作家の有川浩。「ダ・ヴィンチ」のブック・オブ・ザ・イヤー2011で総合・恋愛ランキング第1位に選ばれた同名小説…

『県庁おもてなし課』で親子を演じた船越英一郎と高良健吾が明かす親父への思い
『県庁おもてなし課』で親子を演じた船越英一郎と高良健吾が明かす親父への思い(2013年5月9日)

ふるさとへの愛をテーマにした、心温まる物語が誕生。高知県出身の人気作家・有川浩の同名小説を映画化した『県庁おもてなし課』が5月11日(土)より公開される。高知県…

高良健吾&吉高由里子が『横道世之介』への愛情を語る「自分を前向きにさせてくれた」
高良健吾&吉高由里子が『横道世之介』への愛情を語る「自分を前向きにさせてくれた」(2013年2月18日)

「悪人」の吉田修一による同名青春小説を映画化した『横道世之介』(2月23日公開)。高良健吾と吉高由里子にとっても、「大好きな作品」と愛してやまない、かけがえのな…

高良健吾&吉高由里子、5年ぶりの共演で確かめ合った絆「醜い部分も見せてきた人」
高良健吾&吉高由里子、5年ぶりの共演で確かめ合った絆「醜い部分も見せてきた人」(2013年2月18日)

高良健吾と吉高由里子が『蛇にピアス』(08)以来、5年ぶりに共演を果たした『横道世之介』が2月23日(土)より公開される。同じ青い時期を描いたものなれど、全く違…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 高良健吾