映画-Movie Walker > 人物を探す > エイヴァリー・ホップウッド

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1933年 まで合計9映画作品)

1933年

ゴールド・ディガース

  • 1933年当年公開
  • 原作戯曲

「仮面の米国」「今宵ひととき」のマーヴィン・ルロイが監督したレヴュー映画で、無声時代及びトーキー初期に映画化されたことのあるエイヴァリー・ホップウッド作の舞台劇に基づいて「男の一頁」のアーウィン・ゲルシーと「つばさの天使」「四十二番街」のジェームズ・シーモアが共同して脚色に当たった。カメラは「四十二番街」「仮面の米国」のソル・ポリートの担任。出演者は「裁かれる魂」「摩天楼の狼」のウォーレン・ウィリアム、「お仰いましたわネ」「女探偵長」のジョーン・ブロンデル、「男の一頁」「裁かれる魂」のアリーン・マクマホン、「四十二番街」のルビー・キーラー、ディック・パウエル、ガイ・キッビー、ネッド・スパークス及びジンジャー・ロジャースが主なるもので、「ブラウンの本塁打」「国際喜劇ホテル」のスターリング・ホロウェイ、「グランド・ホテル」のフェルディナンド・ゴットシャルク、ロバート・アグニ ウが助演している。なお、舞台振付けは「四十二番街」「カンターの闘牛師」と同じくバスビー・バークレー。

監督
マーヴィン・ルロイ
出演キャスト
ウォーレン・ウィリアム ジョーン・ブロンデル アリーン・マクマホン ルビー・キーラー
1930年

女房盗塁

  • 1930年当年公開
  • 原作戯曲

「アイスクリーム艦隊」「高等恋愛術」と同じくフランク・タトル氏が監督したクララ・ボウ嬢主演映画で、故エイヴァリー・ホップウッド氏作の喜劇をヘンリー・マイヤース氏が脚色したものである。助演者は「黄金の世界へ」「学窓を出でて」のラルフ・フォーブス氏「春宵巴里合戦」「河宿の夜」のチャールズ・ラグルズ氏、「高等恋愛術」「極楽島満員」のスキーツ・ギャラガー氏を始め、ロジタ・モレノ嬢、ジェネヴァ・ミッチェル嬢及びナタリー・キングストン嬢で、キャメラは「ワイオミングの男」「悪魔の日曜日」のハリー・フィッシュベック氏が担任している。

監督
フランク・タトル
出演キャスト
クララ・ボウ ラルフ・フォーブス チャールズ・ラグルズ スキーツ・ギャラガー
1929年

ブロードウェイ黄金時代

  • 1929年当年公開
  • 原作

「恋の勝馬」「紐育狂想曲」のロイ・デル・ルース氏監督作品で、故エイヴァリー・ホップウッド氏原作の舞台劇を「評判女候補者」「犠牲」のロバート・ロード氏が脚色したものである。主演者はミュージカル・コメディー界の人気女優ナンシー・ウェルフォート嬢とウィニー・ライトナー嬢及び「白蛾は舞う」「からくり四人組」のコンウェイ・タール氏で、「ハッピイ・デイス」「流行の寵児」のアン・ペニントン嬢、「マンハッタン・カクテル」「恋愛運動場」のリリアン・タッシュマン嬢、「高速度娘恋愛合戦」「西部戦線異状なし」のウィリアム・ベイクウェル氏、ヘレン・フォスター嬢、アルバート・グラン氏、リー・モーラン氏、ニック・ルーカス氏等が助演している。キャメラは「ノアの箱船」「恋の勝馬」のバーニー・マクギル氏と「放浪の王者(1930)」「レッドスキン」のレイ・レナハン氏が担当している。総テクニカラーの歌舞映画である。

監督
ロイ・デル・ルース
出演キャスト
ナンシー・ウェルフォート コンウェイ・タール ウィニー・ライトナー アン・ペニントン
1927年

美人売約濟

  • 1927年当年公開
  • 原作戯曲

「奥様お耳拜借」「特制鋼鉄人形」等出演のマリー・プレヴォー嬢が主演する映画で「霹靂の巨弾の下に」「歓楽の不夜城」等と同じくE・メイソン・ホッパー氏が監督した。プレヴォー嬢の相手役は「楽園に帰る(1928)」「恋と挙闘」等出演のチャールズ・レイ氏で、そのほか「艶争奪戦」のハリー・マイヤース氏、「浮気は御法度」のサリー・ランド嬢、フランクリン・パングボーン氏、デル・ヘンダーソン氏、フリッツィ・リッジウェイ嬢等が助演する。

監督
E・メイソン・ホッパー
出演キャスト
マリー・プレヴォー チャールズ・レイ ハリー・マイヤース サリー・ランド
1926年

桃色の曲者

  • 1926年当年公開
  • 脚本

ルネ・ペーテル氏とアンリ・ファルク氏の合作になるフランス舞台劇を骨子としてエイヴァリー・ホップウッド氏が書き改めた物語をピエール・コリングス氏が脚色し「夫婦円満哲学」「三日伯爵」「世界の女」等と同じくマルコム・セント・クレア氏が監督したもので、主役は「世界の女」「禁断の楽園」「練獄の花」等出演のポーラ・ネグリ嬢が演じ、相手役は「シンデレラ物語」「夫婦円満哲学」等出演のトム・ムーア氏と「駄法螺大当たり」「夫婦円満哲学」等出演のフォード・スターリング氏とが勤め、ミス・デュポン嬢、スチュアート・ホームズ氏。マリー・モスキニ嬢等も出演している。

監督
マルコム・セント・クレア
出演キャスト
ポーラ・ネグリ トム・ムーア フォード・スターリング ミス・デュポン
1925年

爆笑七日間

  • 1925年当年公開
  • 原作戯曲

「のんきなおばさん」「離婚希望」等と同じくスコット・シドニー氏が監督したクリスチー長編喜劇でメアリー・ロバーツ・ラインハート女史とエイヴァリー・ホツプウッド氏の合作喜劇を映画化したもの。脚色者はフランク・ローランド・クンクリン氏である。主演者は「黄金の寝床」「珍結婚」等出演のリリアン・リッチ嬢、「汝の母を如何せん」「赤ちゃん万歳」等出演のクレイトン・ヘール氏、「陽気なパリっ子」「ジョーンズの大事件」等出演のリリアン・タッシュマン嬢で、メイベル・ジュリエンヌ・スコット嬢、ハル・クーリー氏、トム・ウイルソン氏、エデイー・グリボン氏、ウィリアム・オースティン氏等が共演している。

監督
スコット・シドニー
出演キャスト
リリアン・リッチ クレイトン・ヘール リリアン・タッシュマン メイベル・ジュリエンヌ・スコット
1924年

豪傑ラリー

  • 1924年当年公開
  • 原作

ラリー・シーモン氏の第一回長編喜劇でチャドウィック社の製作である。すなわち「笑国万歳」の前の作品で、原作はウィルソン・コリソン氏およびエイブリー・ホプウッド氏原作の舞台劇を、シーモン氏自身監督したものである。対手役は「我れ一度怒れば」「天晴トニー」等出演のクレア・アダムス嬢で、喜劇俳優として有名なチャールズ・マレイ氏も出演している。

監督
ラリー・シーモン
出演キャスト
ラリー・シーモン クレア・アダムス チャールズ・マレイ ルシル・ワード
1923年

百花笑えば

  • 1923年当年公開
  • 原作

エイヴァリー・ホップウッド氏原作のベラスコ劇団の当り狂言を、グラント・カーペンター氏が脚色し、「ボー・ブラムメル」「本町通り」等と同じくハリー・ボーモン氏の監督した作品。主役は「陷穽の宮殿」「晩年の誘惑」等出演のホープ・ハンプトン嬢、「久遠の微笑」等出演のウィンダム・スタンディング氏、「本町通り」「快男子ソーヤー」等出演のルイズ・ファゼンダ嬢、その他アレック・B・フランシス氏、アン・コンウォール嬢、ジョニー・ハーロン氏等が出演する。

監督
ハリー・ボーモン
出演キャスト
ホープ・ハンプトン ウィンダム・スタンディング ルイズ・ファゼンダ アレック・B・フランシス
1920年

恋の薄衣

  • 1920年当年公開
  • 原作

「何者」と同様メトロ社オリーヴ・テル嬢主演映画である。エイヴァリー・ホップウッド氏及びチャニング・ポロック氏合作の舞台劇をアーサー・ゼルナー氏が脚色し、フレッド・シッテナム氏が監督したものである。「罪の人々」「他人の靴」等出演のクロフォード・ケント氏が相手役。

監督
フレッド・シッテナム
出演キャスト
オリーヴ・テル クロフォード・ケント シリル・チャドウィック ゼフィー・ティルバリー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > エイヴァリー・ホップウッド