映画-Movie Walker > 人物を探す > リチャード・ロス

年代別 映画作品( 1971年 ~ 1991年 まで合計7映画作品)

1991年

ハバナ

  • 1991年3月21日(木)公開
  • 製作

革命に揺れるハバナの街を舞台に描く、ギャンブラーと謎めいた人妻のラブ・ストーリー。エグゼクティヴ・プロデューサーはロナルド・L・シュワリー、監督は「愛と哀しみの果て」のシドニー・ポラック、彼がリチャード・ロスと共同で製作を兼ね、脚本はジュディス・ラスコーの原案を基に、ラスコーとデイヴィッド・レイフィール、撮影はオーウェン・ロイズマン、音楽はデーヴ・グルーシンが担当。出演はロバート・レツドフオード、レナ」オリンほか。

監督
シドニー・ポラック
出演キャスト
ロバート・レッドフォード レナ・オリン アラン・アーキン トマス・ミリアン
1988年

刑事グラハム 凍りついた欲望

  • 1988年10月15日(土)公開
  • 製作

満月の夜に惨殺をくり返す殺人鬼と元FBI捜査官の対決を描くアクション。製作はリチャード・ロス、エグゼクティヴ・プロデューサーはバーナード・ウィリアムス。原作は卜ーマス・ハリスの『レッド・ドラゴン』(早川書房)。監督・脚本はマイケル・マン、撮影はダンテ・スピノッティ、音楽はザ・レッズ&ミシェル・ルビーニが担当。出演はウィリアム・ピーターセン、トミー・ヌーナンほか。「羊たちの沈黙」の大ヒットを受けて「レッド・ドラゴン/レクター博士の沈黙」に改題されてビデオ再発売。

監督
マイケル・マン
出演キャスト
ウィリアム・ピーターセン キム・グライスト ジョアン・アレン ブライアン・コックス
1987年

ブルーベルベット

  • 1987年5月2日(土)公開
  • 製作総指揮

のどかな町を舞台にした殺人、脅迫、倒錯の物語。監督・脚本のデイヴィッド・リンチが10年以上あたためてきた企画という。製作はフレッド・カルーン、エグゼクティヴ・プロデューサーはリチャード・ロス。撮影はフレデリック・エルムス、音楽はアンジェロ・バダラメンティが担当。出演はリンチの前作「砂の惑星」(84)でデビューしたカイル・マクラクラン、イザベラ・ロッセリーニほか。63年のヒット曲「ブルー・ベルベット」がフューチャーされている。

監督
デイヴィッド・リンチ
出演キャスト
カイル・マクラクラン イザベラ・ロッセリーニ デニス・ホッパー ローラ・ダーン
1981年

アウトランド

  • 1981年7月25日(土)公開
  • 製作

近未来の木星第3衛星イオを舞台に宇宙開発連合の管理化の悪に敢然と立ち向かう1人の連邦保安官の活躍を描くSF映画。製作総指揮はスタンリー・オトゥール、製作はリチャード・ロス、監督・脚本は「ハノーバー・ストリート」のピーター・ハイアムズ、撮影はスティーブン・ゴールドブラット、音楽はロビン・グレゴリー、編集はスチュアート・ベアード、衣裳はジョン・モロ、製作デザインはフィリップ・ハリソン、美術はマルコム・ミドルトン、特殊効果はジョン・スティアーズ、特殊視覚効果はロイ・フィールドが各々担当。出演はショーン・コネリー、ピーター・ボイル、フランセス・スターンヘイゲン、キカ・マーカム、ジェームズ・B・シッキングなど。

監督
ピーター・ハイアムズ
出演キャスト
ショーン・コネリー ピーター・ボイル フランセス・スターンヘイゲン キカ・マーカム
1978年

ジュリア

  • 1978年6月17日(土)公開
  • 製作

アメリカ演劇界の女流劇作家として知られるリリアン・ヘルマンが74年に出した回顧録(「ジュリア」パシフィカ刊)の映画化で、ヘルマンに絶大な影響を与えた女性ジュリアとの美しい友情とハードボイルド作家ダシェル・ハメットとの愛が描かれる。製作指揮をジュリアン・デロード、製作はリチャード・ロス、監督は「ジャッカルの日」のフレッド・ジンネマン、脚色を「ボビー・ディアフィールド」のアルビン・サージェント、撮影は「華麗なるギャツビー」のダグラス・スローカム、編集はウォルター・マーチ、音楽はジョルジュ・ドルリューが各々担当。出演はジェーン・フォンダ、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、ジェースン・ロバーズ、マクシミリアン・シェル、ハル・ホルブルックなど。

監督
フレッド・ジンネマン
出演キャスト
ジェーン・フォンダ ヴァネッサ・レッドグレイヴ ジェイソン・ロバーズ マクシミリアン・シェル
1977年

新シャーロック・ホームズ おかしな弟の大冒険

  • 1977年11月3日(木)公開
  • 製作

名探偵シャーロック・ホームズの知られざる弟、ホームズよりいくらか好男子でスマートな弟のくりひろげる珍冒険談。製作はリチャード・ロス、監督・脚本は「大陸横断超特急」に出演したジーン・ワイルダー、撮影はゲリー・フィッシャー、音楽はジョン・モリスが各々担当。出演はジーン・ワイルダー、マデリーン・カーン、マーティ・フェルドマン、ドム・デルイズ、レオ・マッカーン、ロイ・キニアー、ジョン・レ・メシュリエ、ダグラス・ウィルマー、ソーリー・ウォルターズ、ジョージ・シルバー、スーザン・フィールドなど。

監督
ジーン・ワイルダー
出演キャスト
ジーン・ワイルダー マデリーン・カーン マーティ・フェルドマン ドム・デルイーズ
1971年

おもいでの夏(1971)

  • 1971年8月7日(土)公開
  • 製作

性への好奇心と、美しく優しい年上の女性への思慕の情と、同時に湧き起こる思春期を迎えた少年の微妙な心理をノスタルジックな感覚で描いた作品。製作は29歳の新進気鋭のプロデューサー、リチャード・ロス、監督は「レッド・ムーン」「幸せをもとめて」のロバート・マリガン、脚本はハーマン・ローチャー、撮影は「コレクター」「卒業」のロバート・サーティース、音楽は「シェルブールの雨傘」「華麗なる賭け」のミシェル・ルグラン、編集はフォルマー・ブラングステッドがそれぞれ担当。出演は「リオ・ロボ」のジェニファー・オニール、16歳の新人ゲーリー・グライムス、19歳で俳優志望のジェリー・ハウザー、オリヴァー・コナント、キャサリン・アレンタック、クリストファー・ノリス、ルー・フリッゼルなど。

監督
ロバート・マリガン
出演キャスト
ジェニファー・オニール ゲイリー・グライムス ジェリー・ハウザー オリヴァー・コナント
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > リチャード・ロス