映画-Movie Walker > 人物を探す > トム・ウェイツ

年代別 映画作品( 1982年 ~ 2020年 まで合計26映画作品)

2020年

ザ・デッド・ドント・ダイ(原題)

  • 2020年春公開
  • 出演(Hermit Bob 役)

アメリカの田舎町に出現したゾンビと保安官の戦いを描くジム・ジャームッシュ監督作

監督
ジム・ジャームッシュ
出演キャスト
ビル・マーレイ アダム・ドライバー ティルダ・スウィントン クロエ・セヴィニー
2019年

さらば愛しきアウトロー

名優ロバート・レッドフォードが、実在した伝説の銀行強盗を演じる俳優引退作。80年代アメリカ。紳士的な犯行スタイルで強盗と脱獄を繰り返したフォレスト・タッカー。ジョン・ハント刑事が彼を追うなか、フォレストは仲間と共に金塊を狙った大仕事を計画する。共演は「歌え!ロレッタ 愛のために」のシシー・スペイセク、「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のケイシー・アフレック、「リーサル・ウェポン」シリーズのダニー・グローヴァー、「Dr.パルナサスの鏡」のトム・ウェイツ。監督は「A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー」のデヴィッド・ロウリー。

監督
デヴィッド・ロウリー
出演キャスト
ロバート・レッドフォード シシー・スペイセク ケイシー・アフレック ダニー・グローヴァー
2013年

セブン・サイコパス

  • 2013年11月2日(土)公開
  • 出演(ザカリア・リグビー 役)

『ヒットマンズ・レクイエム』が第81回アカデミー賞脚本賞候補になるなど評判を呼んだマーティン・マクドナー監督によるユニークなクライム・サスペンス。脚本家の脚本作りのために集められた個性あふれる面々が次から次へと巻き起こす騒動を、現実と空想が交錯する映像で描き出す。主演は『トータル・リコール』のコリン・ファレル。

監督
マーティン・マクドナー
出演キャスト
コリン・ファレル サム・ロックウェル ウディ・ハレルソン クリストファー・ウォーケン
2012年

Virginia ヴァージニア

  • 2012年8月11日(土)公開
  • ナレーション

巨匠フランシス・フォード・コッポラ監督が、エドガー・アラン・ポーをモチーフに、現代と過去に起きた2つの事件の謎を解明しようとする作家の姿を描くサスペンス・ミステリー。小説家役にヴァル・キルマー、謎の少女V.[ヴィー]をエル・ファニングが演じるほか、トム・ウェイツがナレーションを担当するなど、豪華な顔ぶれが揃った。

監督
フランシス・フォード・コッポラ
出演キャスト
ヴァル・キルマー ブルース・ダーン エル・ファニング ベン・チャップリン
2010年

ザ・ウォーカー

  • 2010年6月19日(土)公開
  • 出演(技師 役)

文明が崩壊した近未来を舞台に、謎の本を巡る戦いを描くサスペンス・アクション。ハリウッドきっての演技派、デンゼル・ワシントンとゲイリー・オールドマンが激しい攻防を展開。

監督
アルバート・ヒューズ アレン・ヒューズ
出演キャスト
デンゼル・ワシントン ゲイリー・オールドマン ミラ・クニス レイ・スティーヴンソン

Dr.パルナサスの鏡

  • 2010年1月23日(土)公開
  • 出演(Mr.ニック 役)

鬼才テリー・ギリアム監督による壮大なるファンタジー。撮影中に亡くなったヒース・レジャーの役を、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルの3人が演じ分ける。

監督
テリー・ギリアム
出演キャスト
ヒース・レジャー クリストファー・プラマー ジョニー・デップ ジュード・ロウ
2006年

人生は、奇跡の詩

  • 2006年12月9日(土)公開
  • オリジナルソング、出演(※本人出演 役)

「ライフ・イズ・ビューティフル」のロベルト・ベニーニが放つ感動喜劇。戦地で記憶を失った妻と、夫のきずなをコミカルにつづりながら“無償の愛”を高らかにうたう。

監督
ロベルト・ベニーニ
出演キャスト
ロベルト・ベニーニ ニコレッタ・ブラスキ ジャン・レノ トム・ウェイツ
2005年

ブコウスキー オールドパンク

  • 2005年10月8日(土)公開
  • 出演(Himself 役)

「町でいちばんの美女」などで知られる孤高の詩人&作家チャールズ・ブコウスキー。権力を嫌い、酒と女を愛した彼の破天荒な生涯を、関係者の証言でつづるドキュメンタリー。

監督
ジョン・デュラガン
出演キャスト
チャールズ・ブコウスキー リンダ・リー・ブコウスキー リンダ・キング パム・ミラー“カップケーキ”

コーヒー&シガレッツ

  • 2005年4月2日(土)公開
  • 出演(トム「カリフォルニアのどこかで」 役)

インディペンデント映画の鬼才、ジム・ジャームッシュが放つ“コーヒーとタバコ”にまつわる短編集。人気スターからミュージシャンまで、多彩な顔ぶれも魅力。

監督
ジム・ジャームッシュ
出演キャスト
ロベルト・ベニーニ スティーヴ・ブシェーミ イギー・ポップ トム・ウェイツ
1998年

FISHING WITH JOHN

  • 1998年3月14日(土)公開
  • 出演

「ストレンジャー・ザン・パラダイス」などで知られる映画人・ミュージシャンの才人、ジョン・ルーリーを水先案内人に、彼と5人のゲストがともに釣りをする、ドキュメンタリーのようでありながら、とぼけた味わいの演出がほどこされたコメディ・タッチの連作短編。ビデオで撮影された者をキネコ化して上映。監督・主演・脚本・原作・音楽はジョン・ルーリー。製作はルーリーと西前拓。製作総指揮は岡部憲治。撮影はジェームズ・ネアーズ、黒崎義行、トム・クリューガー、マイケル・スピラー。出演は第1話に、ルーリーとはデビュー作の「パーマネント・バケーション」以来と付き合いが深い監督のジム・ジャームッシュ。第2話にミュージシャンで「ショート・カッツ」など映画出演も多いトム・ウェイツ。第3話に「誘う女」の俳優マット・ディロン。第4話に「スピード2」の俳優ウィレム・デフォー。第5・6話に「スペース・トラッカー」の俳優・監督デニス・ホッパーと、ユニークな顔ぶれ。

監督
ジョン・ルーリー
出演キャスト
ジョン・ルーリー ジム・ジャームッシュ トム・ウェイツ マット・ディロン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > トム・ウェイツ