TOP > 映画監督・俳優を探す > フランセス・モフェット

年代別 映画作品( 1931年 ~ 1932年 まで合計5映画作品)

1932年

日向の罪人

  • 1932年
  • 出演(Mrs._Fred_Blake 役)

ミドルレッド・クラムの筆になる小説から「素晴らしき嘘」のヴィンセント・ローレンス、「少年世界」のワンデマー・ヤング、「アメリカの悲劇」のサミュエル・ホッフェンシュタインの三人が共力して脚色、新人アレクサンダー・ホールが感得にあたり、「恋愛即興詩」のレイ・ジューンが撮影した映画で出演者は「恋を喰べる女」のキャロル・ロンバート、「ミラクルマン(1932)」のチェスター・モリス、「待ちのおんな」のドリアン・エイムス、ウォルター・バイロンの面々である。

監督
アレクサンダー・ホール
出演キャスト
キャロル・ロンバード チェスター・モリス エイドリアン・エイムス アリソン・スキップワース

恋を食べた女

  • 1932年
  • 出演(Delia 役)

ルパート・ヒューズ原作の小説を「おしゃれ牧場」「珍暗黒街」のパーシー・ヒースが改作し、「春ひらく(1931)」「山猫酒場」のアグネス・ブランド・リーとシドニー・バックマンの二人が映画脚本に組み立て「龍の娘」「春ひらく(1931)」のロイド・コリガンが監督した映画で、主なる出演者は「悪魔が跳び出す」「失われた抱擁」のカロール・ロムバード、「めくらの鼠」「春ひらく(1931)」のポール・ルーカス、「マルタの鷹(1931)」のリカルド・コルテス、「鉄壁の男」のジュリエット・コンプトン、「陽気な中尉さん」のジョージ・バービア、ヴァージニア・ハモンドなど。「素晴らしき嘘」「山猫酒場」のチャールズ・ラングが撮影責任者である。

監督
ロイド・コリガン
出演キャスト
キャロル・ロンバード リカルド・コルテス ポール・ルーカス ジュリエット・コンプトン
1931年

闇に踊る(1932)

  • 1931年
  • 出演(Ruby 役)

「明暗二人女」「二十四時間」のミリアム・ホプキンスと「タッチダウン」「おしゃれ牧場」のジャック・オーキーとが主演する映画で、「女学生の日記」「戦う商隊」を共同監督したデイヴィッド・バートンが単独で監督した最初の作品である。原作はジェームズ・アシュモア・クリールマンの舞台劇「ジャズ王」で「街のをんな」のブライアン・マーロウと「魅惑を賭けて」のハワード・エメット・ロジャースとが共同で書き改め、「摩天楼の巨人」「高等恋愛術」のハーマン・J・マンキウィッツが台本を作った。キャメラは「ジギル博士とハイド」「忍び寄る心」のカール・ストラッスの担当。共演者は「犯罪王リコ」の小ウィリアム・コリアー、「街のをんな」のユージーン・パレット、舞台から来たリダ・ロバーティ、「速成成金」のジョージ・ラフト等で、その他モーリス・ブラック・フランセス・モフェット、ウォルター・ハイアース等が出演している。

監督
デイヴィッド・バートン
出演キャスト
ミリアム・ホプキンス ジャック・オーキー ウィリアム・コリアー・ジュニア ユージン・ポーレット

めくらの鼠

  • 1931年
  • 出演(Lou 役)

ヴェラ・キャスパリーとウィニフレッド・レニハン合作の舞台劇から「愛する権利(1930)」「夫無き妻」のゾー・エイキンスが映画脚本に組み立て「夫無き妻」「彼女の名誉」のドロシー・アーズナーが監督したもので、主なる出演者は「春ひらく(1931)」「忍びよる心」のポール・ルーカス、「影を売る男」のジュディス・ウッド、「青春来る(1931)」のチャールズ・バディー・ロジャース、「アメリカの悲劇」のフランセス・ディール、スチュアート・アーウィン、ドロシー・ホール、「裸で御披露」のアルバータ・ヴォーン等でカメラは「珍暗黒街」「掠奪者」のハリー・フィッシュベックの担当である。

監督
ドロシー・アーズナー
出演キャスト
ポール・ルーカス ジュディス・ウッド ドロシー・ホール チャールズ・バディー・ロジャース

電話の復讐

  • 1931年
  • 出演(Gwen 役)

「征服軍」「砲煙」と同じくリチャード・アーレンの主演になる映画。原作は「モダンガールと山男」「医者の秘密」その他の監督者としても知られているウィリアム・C・デミルの筆になる舞台劇、それを「悪魔が跳び出す」のアーサー・コーバーが改作し、「夜霧の女」「悪魔が跳び出す」のイヴ・アンセルが脚本にまとめ上げ、スチュアート・ウォーカーが監督に当たったもので助演者は「海上ジャズ大学」のペギー・シャノン、「影を売る男」のウィリアム・B・デイヴィッドソン、「海の狼(1930)」のジェーン・キースリー、「失われた抱擁」のチャールズ・ドロウブリッジ、セルマー・ジャクソン、ネッド・スパークス、ジェッド・プラウティー、チャールズ・D・ブラウン、ハリー・ベレスフォード、ラリー・スティーアス、エレン・ベイカー、フランセス・モフェット、クレア・ドッド等でカメラは「赤新聞」「戦争と貞操」のデイヴィッド・エーベルが担当。

監督
スチュアート・ウォーカー
出演キャスト
リチャード・アーレン ペギー・シャノン ウィリアム・B・デイヴィッドソン チャールズ・トロウブリッジ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > フランセス・モフェット

ムービーウォーカー 上へ戻る