映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェフリー・ホーナディ

年代別 映画作品( 1983年 ~ 1992年 まで合計4映画作品)

1992年

過ぎゆく夏

  • 1992年4月18日(土)公開
  • 監督

ロックがまだ不良たちの音楽として危険視されていた50年代を舞台に、少年たちのひと夏をロックを通して描いた青春映画。監督は本作が監督デビューとなるジェフリー・ホーナディ、製作はロバート・シモンズ、エグゼクティヴ・プロデューサーはリンズレイ・パーソンズ・ジュニア、撮影はロバート・ブリンクマン、音楽はランディ・エデルマンが担当。

監督
ジェフリー・ホーナディ
出演キャスト
ジェームズ・ウォルターズ ヘザー・グラハム ジョン・トラヴォルタ リチャード・ジョーダン
1985年

コーラスライン

  • 1985年12月14日(土)公開
  • 振り付け

ブロードウェイのスターを夢見る若きダンサーたちの熾烈なオーディション風景を描くミュージカル映画。1975年4月15日からスタートし今も続演中のマイケル・ベネット原案・振付・演出の同名舞台劇の映画化。製作はサイ・フュアー、アーネスト・H・マーティン、監督は「ガンジー」のリチャード・アッテンボロー。エグゼクティヴ・プロデューサーはゴードン・スタルバーク、脚本はアーノルド・シュルマン、撮影はロニー・テイラー、編集はジーン・ブルーム、振付はジェフリー・ホーナディ、衣裳はフェイ・ポリアキン、指揮・編曲はラルフ・バーンズ、作詞はエドワード・クレバン、作曲はマーヴィン・ハムリッシュが担当。出演はマイケル・ダグラス、アリソン・リードなど。70ミリと35ミリ・シネスコサイズ、ドルビー・ステレオでの上映。

監督
リチャード・アッテンボロー
出演キャスト
マイケル・ブレヴィンス ヤミール・ボージェス シャロン・ブラウン グレッグ・バージ
1984年

ストリート・オブ・ファイヤー

  • 1984年8月11日(土)公開
  • 振り付け

ストリート・ギャングに誘拐されたかつての恋人を救うために故郷に帰ってきたヒーローの活躍を描く。製作はローレンス・ゴードンとジョエル・シルヴァー。エグゼクティヴ・プロデューサーはジーン・レヴィ。監督は「48時間」のウォルター・ヒル。脚本はヒルとラリー・グロス、撮影はアンドリュー・ラズロ、音楽はライ・クーダー、プロダクション・デザイナーはジョン・ヴァロン、編集はフリーマン・デイヴィスとマイケル・リップス、衣裳はマリリン・ヴァンス、振付はジェフリー・ホーナディが担当。出演はマイケル・パレ、ダイアン・レイン、リック・モラニス、エイミー・マディガン、ウィレム・デフォー、デボラ・ヴァン・ヴァルケンバーグなど。ドルビー・ステレオ。日本版字幕は戸田奈津子。テクニカラー、ビスタサイズ。1984年作品。2018年7月21日よりデジタル・リマスター版が順次公開(配給:コピアポア・フィルム)。

監督
ウォルター・ヒル
出演キャスト
マイケル・パレ ダイアン・レイン リック・モラニス エイミー・マディガン
1983年

フラッシュダンス

  • 1983年7月30日(土)公開
  • 振り付け

ブロのダンサーをめざす19歳の溶接工の愛、友情、そして夢を描く。製作はドン・シンプソンとジェリー・ブラック・ハイマー。エグゼクティヴ・プロデューサーはジョン・ピータースとピーター・グーバーがつとめている。監督は「フォクシー・レディ」(80)のエイドリアン・ライン。トム・ヘドリーの原案に基づき、ヘドリー自身と「フィスト」のジョー・エスターハスが脚本を執筆。撮影はドン・ピーターマン、音楽はジョルジォ・モロダー、編曲・指揮はシルヴェスター・リーヴェイが担当。主題歌をアイリーン・キャラが歌っている。振付けはジェフリー・ホーナディが手掛けている。出演は四千人のなかから選ばれたエール大学の1年生のジェニファー・ビールス、マイケル・ヌーリー、リリア・スカラ、ベリンダ・バウアー、サニー・ジョンソンなど。82年10月18日、ピッツバーグのロケ撮影で製作を開始し、LAロケを含む3カ月間で主要場面の撮影を終了した。ドルビー・ステレオ。日本版字幕は戸田奈津子。イーストマン・カラー、ビスタサイズ。1983年作品。

監督
エイドリアン・ライン
出演キャスト
ジェニファー・ビールス マイケル・ヌーリー ベリンダ・バウアー リリア・スカラ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェフリー・ホーナディ