映画-Movie Walker > 人物を探す > メロディ・ロンドン

年代別 映画作品( 1986年 ~ 2016年 まで合計7映画作品)

2016年

ハート・オブ・ドッグ 犬が教えてくれた人生の練習

  • 2016年10月22日(土)公開
  • 編集

ニューヨークの音楽家ローリー・アンダーソンが、亡き夫ルー・リードと共に飼っていた愛犬との日々を振り返りつつ、“愛と死”、“アメリカの今”を見つめたドキュメンタリー。様々な思い出の断片が、美しい映像とアンダーソン本人の朗読によって綴られる。監督、脚本、音楽をアンダーソン本人が担当。撮影も共同で手掛けている。

監督
ローリー・アンダーソン
2005年

コーヒー&シガレッツ

  • 2005年4月2日(土)公開
  • 編集

インディペンデント映画の鬼才、ジム・ジャームッシュが放つ“コーヒーとタバコ”にまつわる短編集。人気スターからミュージシャンまで、多彩な顔ぶれも魅力。

監督
ジム・ジャームッシュ
出演キャスト
ロベルト・ベニーニ スティーヴ・ブシェーミ イギー・ポップ トム・ウェイツ
2002年

ノボケイン 局部麻酔の罠

  • 2002年8月17日(土)公開
  • 編集

ベテラン俳優スティーブ・マーチンほか、個性派女優2人を主演に迎えたサスペンス。幸福なエリート歯科医が、女性の誘惑に負けたことから思わぬ事件に巻き込まれる。

監督
デイヴィッド・アトキンス
出演キャスト
スティーヴ・マーティン ヘレナ・ボナム・カーター ローラ・ダーン イライアス・コティーズ
1991年

コーヒー&シガレット2

  • 1991年3月9日(土)公開
  • 編集

メンフィスのカフェで働くウェイターと、コーヒーを飲み、タバコをふかす双子らしき黒人姉弟の奇妙な会話を撮った作品。「ダウン・バイ・ロー」のロベルト・ベニーニとコメディアンのスティーヴン・ライト主演で作られた「コーヒー&シガレット」のパート2。「ミステリー・トレイン」のスタッフ、キャストに、サンキー・リーの姉、ジョイ・リーが参加した。

監督
ジム・ジャームッシュ
出演キャスト
ジョイ・リー サンキ・リー スティーヴ・ブシェーミ
1989年

ミステリー・トレイン

  • 1989年12月23日(土)公開
  • 編集

メンフィスの一夜を舞台に、同じホテルに泊まる互いを知らない3組の人物を描く。エグゼクティヴ・プロデューサーは平田国二郎と須田英昭、製作はジム・スターク、監督・脚本は「ダウン・バイ・ロー」のジム・ジャームッシュ、撮影はロビー・ミュラー、音楽はジョン・ルーリーが担当。出演は工藤夕貴、永瀬正敏、ジョー・ストラマーほか。

監督
ジム・ジャームッシュ
出演キャスト
永瀬正敏 工藤夕貴 スクリーミン・ジェイ・ホーキンス サンキ・リー
1986年

ダウン・バイ・ロー

  • 1986年11月22日(土)公開
  • 編集

獄中で出会った3人の男たちの触れ合いを描く。製作はアラン・クラインバーグ。監督・脚本は「ストレンジャー・ザン・パラダイス」のジム・ジヤームッシュ、撮影はロビー・ミュラー、主題歌・主演はトム・ウェイツ、音楽・出演ジョン・ルーリー、編集はメロディ・ロンドンが担当。共演はロベルト・ベニーニなど。

監督
ジム・ジャームッシュ
出演キャスト
トム・ウェイツ ジョン・ルーリー ロベルト・ベニーニ ニコレッタ・ブラスキ

ストレンジャー・ザン・パラダイス

  • 1986年4月19日(土)公開
  • 編集

ニューヨークに住む若者とハンガリーからやって来たいとこの少女との触れ合いを描く。製作はサラ・ドライヴァー、エグゼクティヴ・プロデューサーはオットー・グロッケンバーガー、監督・脚本はミュージシャンでもありこの映画で日本初登場のジム・ジャームッシュ。撮影はトム・ディチロ、音楽は主演も兼ねるジョン・ルーリー、編集はジャームッシュとメロディ・ロンドンが担当。出演はルーリーの他にエスター・バリント、リチャード・エドソンなど。

監督
ジム・ジャームッシュ
出演キャスト
ジョン・ルーリー エスター・バリント リチャード・エドソン セシリア・スターク
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > メロディ・ロンドン