映画-Movie Walker > 人物を探す > ジム・ジャームッシュ

年代別 映画作品( 1986年 ~ 2020年 まで合計36映画作品)

2020年

ザ・デッド・ドント・ダイ(原題)

  • 2020年春公開
  • 監督、脚本

アメリカの田舎町に出現したゾンビと保安官の戦いを描くジム・ジャームッシュ監督作

監督
ジム・ジャームッシュ
出演キャスト
ビル・マーレイ アダム・ドライバー ティルダ・スウィントン クロエ・セヴィニー
2019年

天才たちの頭の中~世界を面白くする107のヒント~

  • 2019年10月12日(土)公開予定
  • 出演

デヴィッド・ボウイら世界の偉人107人がクリエイティブ論を語るドキュメンタリー

監督
ハーマン・ヴァスケ
出演キャスト
デビッド・ボウイ クエンティン・タランティーノ ジム・ジャームッシュ ペドロ・アルモドバル

カーマイン・ストリート・ギター

「ロバート・アルトマン ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男」のロン・マン監督によるニューヨークにあるギターショップのドキュメンタリー。NYの建物の廃材を使って作るギターは、L・リード、B・ディランなど名ギタリストたちに愛用されている。第75回ヴェネチア国際映画祭、第43回トロント国際映画祭、第56回ニューヨーク映画祭正式出品作品。

監督
ロン・マン
出演キャスト
リック・ケリー シンディ・ヒュレッジ ドロシー・ケリー ジム・ジャームッシュ
2018年

バスキア、10代最後のとき

  • 2018年12月22日(土)公開
  • 出演

画家ジャン=ミシェル・バスキア没後30年を記念して制作されたドキュメンタリー。まだ名声を得る前の1970~80年代のNYの社会やムーブメントに焦点を当て、初期の作品や影響を受けた詩や音楽を交えながら、アーティストとして活躍していく姿に迫る。監督は、「豚が飛ぶとき」のサラ・ドライバー。出演は、ミュージシャンのファブ・5・フレディ、グラフィティ・アーティストのリー・キュノネス、映画監督のジム・ジャームッシュ、ファッション・デザイナーのパトリシア・フィールドら。

監督
サラ・ドライバー
出演キャスト
アレクシス・アドラー アル・ディアス ファブ・5・フレディ リー・キュノネス

SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬

  • 2018年5月19日(土)公開
  • 出演

デヴィッド・ボウイ、ジム・ジャームッシュ、YMOら多くのアーティストとコラボレーションする写真家・鋤田正義に迫るドキュメンタリー。時代の寵児をカメラに収めてきた足跡を辿るとともに、彼自身や親交ある人々の証言から人柄や魅力を浮かび上がらせる。監督は、数々のミュージックビデオの演出・プロデュースを手がけ、「自分の事ばかりで情けなくなるよ」などのプロデュースを務めてきた相原裕美。鋤田正義の甥・鋤田晃久が、音楽担当およびプロデューサーとして参加している。

監督
相原裕美
出演キャスト
鋤田正義 布袋寅泰 ジム・ジャームッシュ 山本寛斎
2017年

ポルト

  • 2017年9月30日(土)公開
  • 製作総指揮

ポルトガル第二の都市ポルトを舞台に、孤独な男女の姿を過去と未来を交錯させながら描出するラブストーリー。家族に追放された26歳のアメリカ人ジェイクと、32歳のフランス人留学生マティ。気楽に結んだたった一夜の関係が、二人の人生を大きく変えていく……。出演は「スター・トレック」シリーズのアントン・イェルチン、『フランス絶景ミステリー コレクション レ島』のルシー・ルーカス、「めぐりあう日」のフランソワーズ・ルブラン。監督・脚本は、本作が初の長編劇映画となるブラジル出身のゲイブ・クリンガー。共同脚本は「ストリート・オブ・ファイヤー」「トゥルー・クライム」のラリー・グロス。製作総指揮を「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」のジム・ジャームッシュが手がける。

監督
ゲイブ・クリンガー
出演キャスト
アントン・イェルチン ルシー・ルーカス パウロ・カラトレ フランソワーズ・ルブラン

ギミー・デンジャー

  • 2017年9月2日(土)公開
  • 監督、脚本

ジム・ジャームッシュが、ロックバンド“ザ・ストゥージズ”の元メンバーや関係者に取材し、その真実に迫ったドキュメンタリー。1967年、アメリカ。イギー・ポップらは“ザ・ストゥージズ”を結成するが、その先進的な音楽は世間から受け入れられず……。出演は元メンバーのイギー・ポップ、ロン・アシュトン、スコット・アシュトン、ジェームズ・ウィリアムソンら。一般公開に先駆け、特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017』にて上映(上映日:2017年8月18日)。

監督
ジム・ジャームッシュ
出演キャスト
イギー・ポップ ロン・アシュトン スコット・アシュトン ジェームズ・ウィリアムスン

パターソン

  • 2017年8月26日(土)公開
  • 監督、脚本

「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のアダム・ドライバー主演による鬼才ジム・ジャームッシュ監督作。ニュージャージー州パターソンを舞台に、街と同じ名前を持つバス運転手パターソンのなにげない7日間を、ユニークな人々との交流を交えながら映し出す。共演は「彼女が消えた浜辺」のゴルシフテ・ファラハニ、「光」の永瀬正敏。主人公の愛犬マーヴィンを演じたイングリッシュ・ブルドッグのネリーが第69回カンヌ国際映画祭<パルム・ドッグ賞>を受賞。

監督
ジム・ジャームッシュ
出演キャスト
アダム・ドライバー ゴルシフテ・ファラハニ 永瀬正敏 バリー・シャバカ・ヘンリー
2013年

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ

  • 2013年12月20日(金)公開
  • 監督、脚本

オフ・ビートな作風で人気を博す映像作家、ジム・ジャームッシュの『リミッツ・オブ・コントロール』以来3年ぶりの長編作は、吸血鬼が主人公のラブストーリー。ミュージシャンとして人間たちに紛れて暮らす吸血鬼と仲間たちの運命が描かれる。『マイティ・ソー』でソーの弟ロキを演じたトム・ヒドルストンが主人公の吸血鬼に扮する。

監督
ジム・ジャームッシュ
出演キャスト
トム・ヒドルストン ティルダ・スウィントン ミア・ワシコウスカ ジョン・ハート

あまり期待するな

  • 2013年6月15日(土)公開
  • 出演

「理由なき反抗」のニコラス・レイ監督の妻であるスーザン・レイが、レイの生誕100年を機に監督したドキュメンタリー。レイの最晩年の実験作「We Can't Go Home Again」の製作過程を追いかけながら、ハリウッドの異端児として多くの傑作を残したニコラス・レイの人物像にも迫る。

監督
スーザン・レイ
出演キャスト
ジム・ジャームッシュ ヴィクトル・エリセ ニコラス・レイ ゲイリー・バマン

関連ニュース

ハリウッド女優・工藤夕貴、役者をやめられない理由とは?
ハリウッド女優・工藤夕貴、役者をやめられない理由とは?(2009年9月19日)

近年、ハリウッドで活躍する日本人俳優の草分け的存在として一目置かれている女優、工藤夕貴。アメリカ進出のきっかけとなった『ミステリー・トレイン』(89)以来、20…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジム・ジャームッシュ