映画-Movie Walker > 人物を探す > マリアン・ニクソン

年代別 映画作品( 1923年 ~ 1934年 まで合計36映画作品)

1934年

自殺合戦

  • 1934年公開
  • 出演(Jane 役)

「歓呼の夜」「麦畑を荒らす者」のチェスター・モリスが主役を勤める映画で、ウィリアム・A.マクガイアが原作し、「幻の合唱」のグラディス・アンガーがチャールズ・ローグと共同脚色し、「テキサス無頼漢」のエドワード・レムルが監督し、「倫敦の人狼」のチャールズ・ステューマーが撮影した。助演者は「友情の曲線」のマリアン・ニクソン、「女難アパート」のウォルター・ウルフ、「虚栄の市(1935)」のアラン・モーブレイ、ジョン・レイ、ヘンリー・アーメッタ等である。

監督
エドワード・レムル
出演キャスト
チェスター・モリス マリアン・ニクソン ウォルター・ウルフ ジョン・レイ
1933年

彼女の戦術

  • 1933年公開
  • 出演(Glory_Franklyn 役)

「生活への道」「世界一の金持娘」のジョエル・マクリーと「艦隊を追って」「本人出現」のジンジャー・ロジャースが主演する映画で、ヴィニャ・デルマー作の小説に基づき「小牧師(1934)」「若草物語(1933)」のサラ・Y・メイソンと「あめりか祭」のジュリエン・ジョセフソンが共同脚色し、「夢の並木路」「ロバータ」のウィリアム・A・サイターが監督に当り、「大学の人気者」のニコラス・ミュスラカが撮影した。助演は「戦争と母性」のマリアン・ニクソン、「東への道」のアンディ・デヴァイン、「美人探し」のヴァージニア・ハモンド、「人生は42から」のルシアン・リトルフィールド、「結婚の夜」のジョージ・ミーカー等である。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
ジョエル・マクリー ジンジャー・ロジャース マリアン・ニクソン アンディ・デヴァイン

戦争と母性

  • 1933年公開
  • 出演(Mary_Saunders 役)

「名門芸術」に出演した舞台の名女優ヘンリッタ・クロスマンが主演する映画で、I・A・R・ワイリー原作の小説を「街の狼」「軟派ガール」と同じくフィリップ・クラインとバリイ・コナーズが共同脚色し、「肉体」「人類の戦士」のジョン・フォードが監督に当たり、「輝く西部」のジョージ・シュナイダーマンが、撮影した。助演者は「あめりか祭」のノーマン・フォスター、「懐かしの谷」のマリアン・ニクソン、欧州映画界の花形だったヘザー・エンジェル、「白馬王国」のチャールズ・グレイプウィン及びルシル・ラヴァーン、「お気に召すまま(1932)」のヘッダ・ホッパーその他である。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
ヘザー・エンジェル マリアン・ニクソン ヘッダ・ホッパー モーリス・マーフィー

友情の曲線

  • 1933年公開
  • 出演(Lena_Schneider 役)

「頬は薔薇色」「沈黙の犯罪」のバディー・ロジャースと「農園のレベッカ」「懐かしの谷」のマリアン・ニクソンとが共演する映画で、「風来坊」「一千万ドルの醜聞」のフランク・モーガンと「恐怖城」「今晩愛して頂戴ナ」のジョセフ・カウソーンとが主役2人を助けて重要な役を勤めている外、「レヴュー艦隊」のグレタ・ニッセンも出演している。原作は「軟派ガール」その他を物していたライアン・ジェームズがあたり、なお台詞もジェームズが書いている。撮影は「武装ラグビー」のL・ウィリアム・オコンネルの担任。

監督
ライアン・ジェームズ
出演キャスト
バディー・ロジャース マリアン・ニクソン フランク・モーガン ジョセフ・カウソーン
1932年

拳闘のキャグネー

  • 1932年公開
  • 出演(Peggy 役)

「群集の喚呼」に次ぐジェームル・キャグネー主演映画で、監督は「腕の男」「タクシー」等キャグネー映画をものしているロイ・デル・ルースが当たった。ジェラルド・ポーモンが書卸したストーリーをウィルソン・ミズナーと「男子入用」「支配する声」のロバート・ロードが脚色している。カメラは「シンガポール航路」「夜の大統領」のロバート・カール。助演者は「ほほえみの街」「狼火」主演のマリアン・ニクソンを始め、「母」「ブロンド・ビィナス」のディッキー・ムーア、「ルンペン紳士」「群集の喚呼」のガイ・キッビー、「空の花嫁」のヴァージニア・プルース、「腕白大将」のクラレンス・ミューズ等である。

監督
ロイ・デル・ルース
出演キャスト
ジェームズ・キャグニー マリアン・ニクソン ガイ・キッビー クラレンス・ミューズ

拳骨大売出し

  • 1932年公開
  • 出演(Bee 役)

「進めオリンピック」のジャック・オーキーが主演する映画で、トムソン・バーティスの原作をP・J・ウルフソンとアレン・リヴキンが共同で脚色し、ケン・エイナード西部劇の監督者だったハリー・ジョ・ブラウンが監督に当たり、「偽りのマドンナ」のヘンリー・シャープが撮影したもの。「拳闘のキャグネー」のマリアン・ニクソン、「摩天楼の悲劇」のトーマス・ミーアン、「偽りのマドンナ」のウィリアム・ボイド、「河上の別荘」のウォーレン・ハイマー及びウィリアム・コリアー・シニア、「七万人の目撃者」のルー・コディー・ロバート・エリオット、ザス・ピッツ等が助演するほか、有名なスポーツ記者、引退した名ボクシング家連中が大勢出演している。

監督
ハリー・ジョー・ブラウン
出演キャスト
ジャック・オーキー マリアン・ニクソン トーマス・ミーアン ウィリアム・ボイド

チャーリー・チャンの機会

  • 1932年公開
  • 出演(Shirley_Marlowe 役)

「怪探偵張氏」「黒い駱駝」と同様アール・デア・ビブース作のチャーリー・チャン物語を映画化したもので主演者も同じくリーナー・オーランド。脚色者もバリー・コナーズ、フィリップ・クラインで前作と同じ。監督だけが「愛の暴風」のジョン・ブライストン。助演者はアレクサンダー・カークランド、H・B・ワーナー、マリアン・ニクソン、等で、カメラは「餓鬼娘」のジョセフ・オーガストが担当。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
ワーナー・オーランド アレクサンダー・カークランド H・B・ワーナー マリアン・ニクソン

農園のレベッカ

  • 1932年公開
  • 出演(Rebecca 役)

「ほほえみの街」のマリアン・ニクソンと「真実の力」のラルフ・ベラミーが主演する映画で、ケイト・ダグラス・ウィギンとシャーロット・トンプソン合作の同名の舞台劇に基づいて「脱走兵」のS・N・ベールマンと「デリシャス」のソニア・レブィーンとが共同して脚色し「陽炎の春」「地獄のサーカス」のアルフレッド・サンテルが監督し、「肉と霊」のグレン・マクウィリアムスが撮影したもの。助演者は「オーバー・ザ・ヒル」のメイ・マーシュ、「ロイドの活動狂」のルイズ・クロッサー・ヘイル、「母」のアラン・ヘール、「腕白大将」のシャーロット・ヘンリー、サラ・パッデン、ユーラ・ガイ、クレア・マクドウェル等。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
マリアン・ニクソン ラルフ・ベラミー メエ・マーシュ ルイズ・クロッサー・ヘイル

ほほえみの街

  • 1932年公開
  • 出演(Sidney_Tayior 役)

ジョン・ゴールデン、ヒュウ・S・ステンジ合作の舞台を「脱走兵」のソニア・レヴィーンが脚色し、「バッド・ガール」のフランク・ボーゼージが監督し、「脱走兵」のジェームズ・ウォン・ホウが撮影した映画で、主なる出演者は「再生の港」のチャールズ・ファーレル、「狼火」のマリアン・ニクソン、「バッド・ガール」のミナ・ゴンベル、「餓鬼娘」の老ウィリアム・コリアー・シニア、ジョセフィン・ハル、ウィリアム・パウレイ、ノラ・レーン等である。

監督
フランク・ボーゼージ
出演キャスト
チャールズ・ファーレル マリアン・ニクソン ミナ・ゴンベル ウィリアム・コリアー・シニア
1931年

天晴れ競馬で一掴み

  • 1931年公開
  • 出演(Babe_Ellis 役)

「米国撃滅艦隊」「怒号する天地(1932)」のアルバート・S・ロージェルが監督した映画で、「米国撃滅艦隊」の脚色者リュウ・リプトンが書き下ろした台本に、現在は監督となっているラルフ・マーフィーが台詞をつけた。主役は「ビッグ・マネー」「絶対の秘密」のエディ・クィランが勤め、「拳骨大売出し」「懐かしの谷」のマリオン・ニクスン、「米国撃滅艦隊」「歓呼の涯」のジェームズ・グリースンのほか、ルー・コディ、ポール・ハースト、ジョージ・桑が助演している。カメラは「ペインテッド・デザート」のエドワード・スナイダーがクランクした。

監督
アルバート・S・ロージェル
出演キャスト
エディ・クィラン ジェームズ・グリースン マリアン・ニクソン ルー・コディ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マリアン・ニクソン