映画-Movie Walker > 人物を探す > 浜野謙太

年代別 映画作品( 2006年 ~ 2019年 まで合計8映画作品)

2019年

おいしい家族

作家としても活躍するふくだももこが、自身の短編監督作「父の結婚」を原作に長編化。夫と別居中のキャリアウーマン、橙花は仕事もうまくいかず都会の生活に疲れ気味。母の三回忌を迎え、故郷の離島へ帰った橙花が見たのは、亡き母の服を着ている父の姿だった。出演は「君は月夜に光り輝く」の松本穂香、「九月の恋と出会うまで」の浜野謙太、「かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発」の板尾創路、「デイアンドナイト」の笠松将、「少女邂逅」のモトーラ世理奈。音楽は「マルサの女」「マルタイの女」などの伊丹十三監督作品を手がけた本多俊之。

監督
ふくだももこ
出演キャスト
松本穂香 浜野謙太 板尾創路 笠松将

九月の恋と出会うまで

  • 2019年3月1日(金)公開
  • 出演

「書店員が選んだ、もう一度読みたい恋愛小説」で1位に輝いた松尾由美による小説を、高橋一生&川口春奈主演で映画化したラブストーリー。未来の声のおかげで命を救われたものの、タイムパラドックスによって1年後に消えてしまうという運命を背負ったヒロインが、隣人の青年とともに奇跡を起こそうとする姿が描かれる。

監督
山本透
出演キャスト
高橋一生 川口春奈 浜野謙太 中村優子
2017年

8年越しの花嫁 奇跡の実話

  • 2017年12月16日(土)公開
  • 出演

結婚式の直前に病に倒れて意識不明になった花嫁と、そんな彼女への愛を貫き8年間待ち続けた新郎との奇跡の実話を、佐藤健&土屋太鳳主演で映画化したラブストーリー。NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」の岡田惠和が脚本を、『64-ロクヨン-』の瀬々敬久が監督を手がけ、2人の恋愛と、ヒロインの両親との家族の物語を描き出す。

監督
瀬々敬久
出演キャスト
佐藤健 土屋太鳳 北村一輝 浜野謙太

望郷

  • 2017年9月16日(土)公開
  • 出演

「少女」など映像化が続くミステリー作家・湊かなえの同名連作短編集収録の『夢の国』『光の航路』を映画化。しきたりを重んじる家に育ち島に縛られる夢都子。確執を抱えたまま死別した父の本当の思いを知った航。二人はそれぞれ葛藤を胸に、故郷と向き合う。監督は「ハローグッバイ」の菊地健雄。小説の舞台のモデルであり、湊かなえの出身地でもある瀬戸内の因島を中心に撮影された。主演は、同じく湊かなえ原作の「白ゆき姫殺人事件」でも共演した貫地谷しほりと大東駿介。一般公開に先駆け、特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017』シークレット作品として上映(上映日:2017年8月11日)。

監督
菊地健雄
出演キャスト
貫地谷しほり 大東駿介 木村多江 緒形直人
2016年

闇金ウシジマくん Part3

  • 2016年9月22日(木)公開
  • 出演(天生翔 役)

10日で5割という法外な金利で金を貸す闇金、カウカウファイナンスの社長・丑嶋と、彼の元を訪れる債務者たちの姿をリアルに描いた人気コミック「闇金ウシジマくん」の劇場版第3作。乃木坂46の白石麻衣やオリエンタルラジオの藤森慎吾らが、巨額の金を手に入れようとマネーゲームに挑み、堕ちていく人々を演じる。

監督
山口雅俊
出演キャスト
山田孝之 綾野剛 本郷奏多 白石麻衣

ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-

  • 2016年9月3日(土)公開
  • 出演(鈴木博隆 役)

日本の官庁が関与しない警察組織、ディアスポリスの署長・久保塚早紀の活躍を描く、松田翔太主演のバイオレンスドラマの劇場版。誘拐殺害事件を巡って、久保塚らとアジア人犯罪組織、ヤクザによる三つ巴の戦いが繰り広げられる。主人公の相棒役の浜野謙太らドラマ版のキャストが引き続き出演する。監督は『私の男』の熊切和嘉。

監督
熊切和嘉
出演キャスト
松田翔太 浜野謙太 柳沢慎吾 康芳夫
2006年

ハチミツとクローバー

  • 2006年7月22日(土)公開
  • 出演(焼肉パーティーで肉の歌を唄う男 役)

人気グループ、嵐の櫻井翔や、話題作への出演が続いている俳優の伊勢谷友介、女優の蒼井優らが切ない片思いを熱演。人気少女マンガが原作の、甘く切ないラブ・ストーリー。

監督
高田雅博
出演キャスト
櫻井翔 蒼井優 加瀬亮 関めぐみ

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 浜野謙太