映画-Movie Walker > 人物を探す > デューウィ・ロビンソン

年代別 映画作品( 1932年 ~ 1937年 まで合計14映画作品)

1937年

新人豪華版

  • 1937年公開
  • 出演(Joe_Guzzola 役)

「女学生大行進」「カレッジ・リズム」のジョー・ペナー、音楽劇やラジオの人気者ミルトン・パール、「当たり屋勘太」のパーキャカーカスことハリー・パーク、艦隊を追って」のハリエット・ヒリヤード、「市街戦」のジェローム・コウマン、新顔のウィリアム・ブレディ、セルマ・リーズ及びロレーン・クルーガーが共演するもので、ジョージ・ブラッドショウ作の物語「靴の紐」に基づいて「深夜の星」のハワード・J・グリーン、「ロイドの牛乳屋」のハリー・クローク及びハロルド・キュゼルが協力してストーリーを書き「ロジタ(1936)」のナット・ペリン、「聖林裸道中」のフィリップ・G・エプスタイン及びアーヴィング・S・プレチャーが共同脚色し「聖林裸道中」「世界の唄姫」のリー・ジェーンスが監督に当たり、「世界の唄姫」のJ・ロイ・ハントが撮影した。なお前記の俳優の外、芸人連が多勢出演している。

監督
レイ・ジェイスン
出演キャスト
ジョー・ペナー ミルトン・バール ハリー・パーク ハリエット・ヒリヤード

大帝の密使(1937)

  • 1937年公開
  • 出演(Cart_Driver 役)

「たそがれの維納」「ワルツ合戦」のアドルフ・ウォールブリュクが渡米してアントン・ウォルブルックと改名しての第一回主演映画である。ジュール・ヴェルヌ作の小説に基いて「男装」のモーティマー・オフナーと「女性の反逆」のアンソニー・ヴェイラーが協力して台本を作り、「紅雀」のジョージ・ニコルズ・ジュニアが監督に当たり、「男装」のジョセフ・オーガストが撮影した。助演俳優は「女性の反逆」のエリザベス・アラン、「将軍暁に死す」のエイキム・タミロフ、「三銃士(1935)」のマーゴット・グラハム、舞台に名あるフェイ・ベインター、「目撃者(1936)」のポール・ギルフォイル、「大学の人気者」のエリック・ブローア、「情無用ッ」のエドワード・ブロフィー、ポール・ハーヴェイ、ドリス・ロイドその他である。

監督
ジョージ・ニコルズ・ジュニア
出演キャスト
アントン・ウォルブルック エリザベス・アラン エイキム・タミロフ マーゴット・グラハム

富豪一代

  • 1937年公開
  • 出演(Beefy_Dolan 役)

[街は春風」「大自然の凱歌」のエドワード・アーノルド「報道戦」「大自然の凱歌」のフランセス・ファーマー、「天国漫歩」「男装」のケイリイー・グラント、「世界の歌姫」「テキサス決死隊(1936)」のジャック・オーキーが主演する映画で、ブック・ホワイト作の「ダニエル・ドルウ伝」およびマッシュウ・ジョゼフストン作の「強盗資本家」を素材として「男の敵」「十字軍」のダドリー・ニコルズが、「海の巨人(1937)」のジョン・ツウィスト、「愛の弾丸」のジョエル・セイヤーと協同脚色し、「血に笑う男」「三銃士(1935)」のロウランド・V・リーが監督に当たり、「愛の花篭」「目撃者(1936)」のペヴァレル・マーレーが撮影した。助演者は「空駆ける恋」「特ダネ戦線」のドナルド・ミーク、ラジオやナイトクラブの歌手で短篇映画に出ていたセルマ・リーズ、新顔のクラレンス・コルブ、「オーケストラの少女」のビリー・ギルバート、「テンプルの灯台守」のジョージ・アーヴィング「人生は四十二から」のジョイス・コンプトン、フランク・M・トーマス等の面々である。

監督
ローランド・V・リー
出演キャスト
エドワード・アーノルド ケーリー・グラント フランセス・ファーマー ジャック・オーキー
1936年

真夏の夜の夢(1936)

  • 1936年公開
  • 出演(Snug 役)

シェークスピアの傑作夢幻劇の映画化で、ドイツ劇団第一の演出家といわれたマックス・ラインハルトが映画処女作品として製作したもの。脚色は「夫の日記」のチャールズ・ケニヨンが「最初の接吻」のメエリーマッコール・ジューニアと協力し、監督にはラインハルトを助けて「流行の王様」「暁の砂漠」のウィリアム・ディーターレが当たった。出演者は「シスコ・キッド(1935)」のジェームズ・キャグニー、「ブラウンの千両役者」のジョー・E・ブラウン、「春の夜明け」のディック・パウエル、「最初の接吻」のジーン・ミューア、「水曜日の恋」のヴィクター・ジョリー、「頑張れキャグニー」のオリヴィア・デ・ハヴィランド、ヒュー・ハーバート、アニタ・ルイズ、フランク・マクヒュー、ロス・アレクサンダー、アイアン・ハンター、ミッキー・ルーニー、ヴェリー・ティーズデール等の面々で、撮影は「水曜日の恋」のハル・モーアが主任である。音楽はメンデルスゾーンの原曲をエリック・ウォルフガング・コーンゴールドが編曲し、バレーはブロニスロワ・ニジンスカがニナ・テイラードの協力を得て按舞した。

監督
マックス・ラインハルト ウィリアム・ディターレ
出演キャスト
ジェームズ・キャグニー ディック・パウエル ジョー・E・ブラウン ジーン・ミューア
1935年

天国突進

  • 1935年公開
  • 出演(Beef 役)

「トップ・ハット」「小さい親分」のエドワード・エヴァレット・ホートンが主演する映画で、チャールズ・クリステンセンの原作を「不在証明なき犯罪」のドリス・マロイが脚色し、かつてMGMに在社したウィリアム・ナイが監督に当たり、エドワード・スナイダーが撮影したもの。相手役は「街の果報者」「拳骨ハリガン」のアイリーン・ハーヴェイで、助演者は「当たり屋勘太」のジャック・ラルー、ロバート・マクウェード、ウィラード・ロバートソン、ローラ・レーン等。

監督
ウィリアム・ナイ
出演キャスト
エドワード・エヴァレット・ホートン アイリーン・ハーヴェイ ロバート・マクウェード ジャック・ラルー
1934年

めりけん商売

  • 1934年公開
  • 出演(Slim 役)

「ミス・ダイナマイト」のジョン・フランシス・ディロンが監督した映画で、「女難アパート」「嵐の国のテス(1932)」のチャールズ・ファーレルと「流行の王様」「失踪者三万人」のベティ・デイヴィスが出演する。S・エンゲルスとネヴィーン・ブッシュが書き下ろし、ブッシュが「四十二番街」のライアン・ジェームズと共同脚色したもの。撮影には「女性二重奏」のシド・ヒコックスがあたっている。助演は「ブルースを唄う女」のリカルド・コルテス、「青空天国」のグレンダ・ファレルを始め、「地獄の市長」のアレン・ジェンキンス、「世界は還る」のヘンリー・オニール及びフィリップ・フェイヴァシャム、「カンターの闘牛師」のロバート・E・オコナーその他である。

監督
ジョン・フランシス・ディロン
出演キャスト
チャールズ・ファーレル ベティ・デイヴィス リカルド・コルテス グレンダ・ファレル
1933年

国境飛行隊

  • 1933年公開
  • 出演(Chuck_Bailey 役)

「兄貴は世界一」と同じくD・ロス・レダーマンが監督したもので、トムソン・バーティスの原作を「兄貴は世界一」のチャールズ・R・コンドンが脚色している。主演者は「二十四時間」「タッチダウン」のレジス・トゥーミー「私重役様よ」「摩天楼の狼」のアニタ・ペイジで「兄貴は世界一」のロバート・エリス及びウィーラー・オークマン、新人バーバラ・バロンデス、「天国爆撃隊」のジョージ・クーパー等が助演する。カメラは「米国の暴露」「ナイトクラブの女」のエディー・テヅラフの担任。

監督
D・ロス・レダーマン
出演キャスト
レジス・トゥーミー アニタ・ペイジ ロバート・エリス バーバラ・バロンデス

闇の銃声

  • 1933年公開
  • 出演(Dumpy 役)

「月の宮殿」「ビール万歳」のメアリー・ブライアンと「空飛ぶ悪魔」「キング・コング(1933)」のブルース・キャボットが出演する映画で、キャセリン・スコラとドリス・マロイが共同執筆した原作を「突進大飛行船」のアルバート・デモンドが脚色し、「消えゆく国境」のフィリップ・E・ローゼンが監督にあたり「恩讐」のベンジャミン・H・クラインが撮影した。助演者は「晩餐八時」のグラント・ミッチャル、「監視装甲車」のハリー・ウッヅ、「新世紀」のブラッド・ペイジ、「独裁大統領」のクレア・デュプレイその他である。

監督
フィリップ・E・ローゼン
出演キャスト
メアリー・ブライアン ブルース・キャボット グラント・ミッチェル ハリー・ウッズ
1932年

赤道を泳ぐ女

  • 1932年公開
  • 出演(Bouncer 役)

「彼女は金満家がお好き」「罪は若きにあり」のジョン・G・ブライストーンが監督した映画で、アルフレッド・C・ケネディー作の舞台劇“After the Rain”を「デリシャス」のガイ・ボルトンが脚色したものである。主役は「真実の力」「彼女は金満家がお好き」のスペンサー・トレイシーと、「タッチダウン」「頬は薔薇色」のペギー・シャノンで、「デリシャス」のラウル・ロウリン、「偽りのマドンナ」のウィリアム・ボイド「明暗二人女」「ミラクルマン(1932)」のアーヴィング・ピチェルが助演している。キャメラは「怪盗往来」「デリシャス」のアーネスト・パーマーの担当である。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
スペンサー・トレイシー ペギー・シャノン ウィリアム・ボイド アーヴィング・ピチェル

聖ジョンソン

  • 1932年公開
  • 出演(Ed_Deal 役)

「光に叛く者」「戦争と貞操」のウォルター、ヒューストンが主演する映画で、W・R・バーネットのストオリイをジョン・ヒューストンと「東は西」のトム・リードの二人が脚色し、新人エドワード・カーンがメガフォンを手にしたもの。助演者の主なるものは「トレイダ・ホーン(1931)」のハリー・ケイリー、「砂漠の生霊」のレイモンド・ハットン、「緑の処女地」のラッセル・シンプソン、「惨劇の波止場」のラッセル・ホプトン、「夜の大統領」のラルフ・インス、ハリー・ウッズ、リチャード・アレクサンダー等でカメラは「母性」「ロスト・ツェッペリン」のジャクソン・J・ローズが担任である。

監督
エドワード・L・カーン
出演キャスト
ウォルター・ヒューストン ハリー・ケイリー レイモンド・ハットン ラッセル・シンプソン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > デューウィ・ロビンソン