映画-Movie Walker > 人物を探す > 宮崎吾朗

年代別 映画作品( 2006年 ~ 2018年 まで合計3映画作品)

2018年

西遊記 ヒーロー・イズ・バック

  • 2018年1月13日(土)公開
  • 日本語吹き替え監修

孫悟空や猪八戒など個性豊かなキャラクターで日本でもおなじみの「西遊記」をベースにした中国製の3DCGによるファンタジーアニメ。妖怪に襲われた女の子を助けようとした少年が、孫悟空を眠りから目覚めさせてしまったことから、一緒に冒険の旅に向かう。『コクリコ坂から』の宮崎吾朗が日本語吹替版の制作監修を手がける。

監督
田暁鵬
出演キャスト
咲野俊介 子安武人 羽村仁成 麦人
2011年

コクリコ坂から

  • 2011年7月16日(土)公開
  • 監督

宮崎駿が企画&脚本を担当し、『ゲド戦記』以来、5年ぶりに宮崎吾朗が監督を手がけた、同名漫画が原作のスタジオジブリによるアニメ映画。1963年の横浜を舞台に、16歳の女子高校生・海の恋愛模様や友情を通して、まっすぐに生きる高校生たちの青春を描き出す。海役を長澤まさみ、彼女が好意を寄せる少年・俊を岡田准一が演じる。

監督
宮崎吾朗
出演キャスト
長澤まさみ 岡田准一 竹下景子 石田ゆり子
2006年

ゲド戦記

  • 2006年7月29日(土)公開
  • 監督、脚本

世界中から注目を集めるジブリの宮崎駿の息子、宮崎吾朗の監督デビュー作。「花よりもなほ」など話題作の主演がつづく岡田准一が主人公、アレンの声を担当したファンタジー。

監督
宮崎吾朗
出演キャスト
岡田准一 手嶌葵 菅原文太 田中裕子

関連ニュース

『コクリコ坂から』の宮崎吾朗監督と長澤まさみが語る、宮崎駿との三世代のコラボレーション
『コクリコ坂から』の宮崎吾朗監督と長澤まさみが語る、宮崎駿との三世代のコラボレーション(2012年6月25日)

2011年度興行収入で、邦画第1位の44.6億円を記録した宮崎吾朗監督作『コクリコ坂から』のDVDが、6月20日にリリースされた。本作で、ヒロインの声優を務めた…

『コクリコ坂から』の制作風景に見るスタジオジブリの生々しいリアリティとは?
『コクリコ坂から』の制作風景に見るスタジオジブリの生々しいリアリティとは?(2012年5月15日)

昨年夏に全国公開され、2011年度の邦画興行収入No.1を記録したスタジオジブリの劇場アニメ『コクリコ坂から』。今年3月に発表された日本アカデミー賞では最優秀ア…

恋をするのって素敵! 『コクリコ坂から』舞台挨拶に長澤まさみらが登壇
恋をするのって素敵! 『コクリコ坂から』舞台挨拶に長澤まさみらが登壇(2011年7月16日)

『ゲド戦記』(06)以来、宮崎吾朗監督にとって5年ぶりの作品となるスタジオジブリ最新作『コクリコ坂から』。その初日舞台挨拶が7月16日、TOHOシネマズ スカラ…

宮崎駿が息子・宮崎吾朗に「もっと俺をおびやかしてみろ」
宮崎駿が息子・宮崎吾朗に「もっと俺をおびやかしてみろ」(2011年7月4日)

スタジオジブリ最新作『コクリコ坂から』(7月16日公開)の完成披露会見が、7月4日に本作の舞台である横浜で開催。長澤まさみ、岡田准一が山下公園で信号旗のUW旗(…

『コクリコ坂から』の声優に長澤まさみ、岡田准一が決定! 風間俊介、大森南朋もジブリ作品初参加
『コクリコ坂から』の声優に長澤まさみ、岡田准一が決定! 風間俊介、大森南朋もジブリ作品初参加(2011年5月13日)

東京オリンピックを目前に控えた1963年を描く、スタジオジブリの最新作『コクリコ坂から』(7月16日公開)の声優が発表され、主人公の海を長澤まさみが、俊役を岡田…

宮崎駿、日本は「自然に恵まれた国。より美しくある甲斐がある国」と前向きな姿勢を見せる
宮崎駿、日本は「自然に恵まれた国。より美しくある甲斐がある国」と前向きな姿勢を見せる(2011年3月29日)

東京オリンピックを目前に控えた1963年を描く、スタジオジブリの最新作『コクリコ坂から』(7月16日公開)の主題歌発表会見が3月28日、スタジオジブリで行われ、…

ジブリ最新作『コクリコ坂から』、実は『耳をすませば』の対抗馬だった!
ジブリ最新作『コクリコ坂から』、実は『耳をすませば』の対抗馬だった!(2010年12月16日)

スタジオジブリ最新作『コクリコ坂から』が2011年夏に公開されることが決定し、プロデューサーを務める鈴木敏夫が製作報告会見を行った。 鈴木は今作を製作するきっか…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 宮崎吾朗