TOP > 人物を探す > スタンリー・キューブリック

年代別 映画作品( 1957年 ~ 2018年 まで合計13映画作品)

1999年

アイズ ワイド シャット

  • 1999年7月31日(土)
  • 監督、製作、脚本

ある夫婦の愛と性をめぐる心の相克を冷徹に映し出したシリアス・ドラマ。監督・製作は「2001年宇宙の旅」「時計じかけのオレンジ」などの巨匠スタンリー・キューブリックで、88年の「フルメタル・ジャケット」以来11年ぶりとなる本作完成直後死去し、本作が遺作となった。脚本は19世紀末の文豪アーサー・シュニッツラーの『Tarumnovelle』を原典にキューブリックとフレデリック・ラフェエルが執筆。製作総指揮はキューブリック作品の常連であるジャン・ハーラン。撮影(クレジットはライティング・キャメラマン)はラリー・スミス。音楽は英国で活動するジョスリン・プーク。美術はレスリー・トムキンズとロイ・ウォーカー。編集はナイジェル・ゴルト。衣裳はマリット・アレン。出演は実生活でも夫婦であるトム・クルーズ(「ザ・エージェント」)とニコール・キッドマン(「プラクティカル・マジック」)、監督でもある「夫たち、妻たち」のシドニー・ポラック、「ツイスター」のトッド・フィールド、「日曜日のピュ」のマリー・リチャードソン、「ディープ・インパクト」のリーリー・ソビエスキー、「恋のレディ&レディ?・」のヴィネッサ・ショーほか。、

監督
スタンリー・キューブリック
出演キャスト
トム・クルーズ ニコール・キッドマン シドニー・ポラック マリー・リチャードソン
1988年

フルメタル・ジャケット

  • 1988年3月19日(土)
  • 製作、監督、脚色

ヴェトナム戦争を舞台に、新兵の厳しい訓練と彼らが赴いた戦場での体験を描く。「シャイニング」以来7年ぶりのスタンリー・キューブリック製作・監督作品。エグゼクティヴ・プロデューサーはヤン・ハーラン、共同製作にフィリップ・ホブス。グスタフ・ハスフォードの原作をハスフォード自らとキューブリックおよびマイケル・ハーが脚色。撮影はダグラス・ミルサム、プロダクション・デザイナーはアントン・ファースト、音楽はアビゲイル・ミード、編集はマーティン・ハンター、録音はエドワード・タイズが担当。出演は「ビジョン・クエスト 青春の賭け」のマシュー・モディン、「地獄の黙示録」のリー・アーメイ、「俺達の明日」のアダム・ボールドウィン、ヴィンセント・ドノフリオほか。

監督
スタンリー・キューブリック
出演キャスト
マシュー・モディン アダム・ボールドウィン ヴィンセント・ドノフリオ R・リー・アーメイ
1980年

シャイニング

  • 1980年12月13日(土)
  • 製作、監督、脚色

コロラドの雪深い山中にあって冬期は閉鎖されている由緒あるリゾート・ホテルを舞台に、その管理にやって来た、ある親子三人に取り憑く怨念と狂気を描く恐怖映画。製作総指揮はジャン・ハーラン、製作・監督は「バリー・リンドン」のスタンリー・キューブリック。スティーヴン・キングの原作を基にキューブリックとダイアン・ジョンソンが脚色。撮影はジョン・オルコット、音楽はベラ・バートク、編集はレイ・ラヴジョイ、美術はレス・トムキンズ、製作デザインはロイ・ウォーカーが各々担当。出演はジャック・ニコルソン、シェリー・デュヴァル、ダニー・ロイド、スキャットマン・クローザース、バリー・ネルソンなど。オリジナル版は143分。日本で公開されたのは119分の国際版。

監督
スタンリー・キューブリック
出演キャスト
ジャック・ニコルソン シェリー・デュヴァル ダニー・ロイド スキャットマン・クローザース
1976年

バリー・リンドン

  • 1976年7月3日(土)
  • 監督、製作、脚本

18世紀後半のヨーロッパを舞台に、野望に燃える青年の立身出世と、晩年の悲惨な人生を描く。製作・監督・脚本はスタンリー・キューブリック、製作総指揮はヤン・ハーラン、共同製作はバーナード・ウィリアムス、原作はウィリアム・メークピース・サッカレー、撮影はジョン・オルコット、音楽編曲・指揮はレナード・ローゼンマン、美術はロイ・ウォルカー、衣裳デザインはウルラ=ブリッド・ジョダールンドとミレナ・カノネロが各々担当。出演はライアン・オニール、マリサ・ベレンソン、パトリック・マギー、ハーディー・クリューガー、スチーブン・ベルコフ、ガイ・ハミルトン、マリー・ケーン、ダイアナ・コーナー、マーレイ・メルヴィン、フランク・ミドルマス、アンドレ・モレル、アーサー・オサリバン、ゴッドフリー・クイグレー、レナード・ロシター、フィリップ・ストーン、レオン・ヴィタリ、マイケル・ホーダーン、ジョン・ビンドなど。

監督
スタンリー・キューブリック
出演キャスト
ライアン・オニール マリサ・ベレンソン パトリック・マギー ハーディ・クリューガー
1972年

時計じかけのオレンジ

  • 1972年4月29日(土)
  • 製作、監督、脚本

人々は生活を賭けた労働から解放され、衣食住の心配をすることがなくなった世の中。15歳のアレックス少年は、機械的に規則正しく過ぎてゆく毎日に退屈していた。完全に管理された未来社会で、あまりあるエネルギーをもてあそぶティーン・エイジャーの理由なき反抗を描く。製作・脚本・監督は「2001年宇宙の旅」のスタンリー・キューブリック、原作は1962年に発表されたアンソニー・バージェスの同名小説。撮影はジョン・オルコット、音楽はウォルター・カーロス、編集はビル・バトラー、美術はラッセル・ハッグ、ピーター・シールズが各々担当。出演は「if もしも…」のマルコム・マクドウェル、パトリック・マギー、ウォーレン・クラーク、ジェームズ・マーカス、マッジ・ライアンなど。

監督
スタンリー・キューブリック
出演キャスト
マルコム・マクダウェル パトリック・マギー ウォーレン・クラーク ジェームズ・マーカス
2018年

2001年宇宙の旅 字幕版)

  • 2018年10月19日(金)
  • 製作、監督、脚本、特殊効果

科学小説作家アーサー・C・クラークと「博士の異常な愛情」のスタンリー・キューブリックが製作・監督したSF。撮影は「オセロ」のジョフリー・アンスワース、補助撮影はジョン・オルコットが担当した。なお、特殊撮影効果のすべてはキューブリックの考案、監督のもとに行われた。セットの製作デザインはトニー・マスターズ、ハリー・ラング、アーネスト・アーチャーの3人を中心にデザイナーと製図工35人が動員された。特殊効果監督には、ウォリー・ビーヴァーズ、ダグラス・トランブル、コン・ペダーソン、トム・ハワード、の3人があたり衣裳は、ハーディ・エイミーズが担当した。そして、この映画を科学技術的に正確にするため、キューブリック監督はアメリカ航空宇宙局の多くの科学者、アメリカおよびイギリスの主要な科学研究所や大学と密接な提携をし、撮影中は、3人の一流科学者が技術顧問としてつき添った。それはもと陸軍弾道ミサイル部のフレドリック・J・オーダウェイとハリー・H・C・レンジ、元航空宇宙局の宇宙飛行センター勤務で、今はアラバマ州ハンツビルのジェネラル宇宙飛行研究会社のジョー・C・ジマーシャルである。出演は「女狐」のキア・デュリア、TVや「ヤング・ヤング・パレード」のゲイリー・ロックウッド、「BM15必死の潜行」のウィリアム・シルヴェスター、「キッスは殺しのサイン」のレナード・ロシター、「BM15必死の潜行」のマーガレット・タイザック、コンピューターに扮するダグラス・レインである。

監督
スタンリー・キューブリック
出演キャスト
キア・デュリア ゲイリー・ロックウッド ウィリアム・シルベスター Daniel Richter
1964年

博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか

  • 1964年10月6日(火)
  • 製作、監督、脚本

ピーター・ジョージの「赤い警報」(架空政治小説)を彼自身とスタンリー・キューブリック、テリー・サザーンが共同で脚色、「ロリータ」のスタンリー・キューブリックが製作・監督した空想政治ドラマ。撮影は「恐怖の砂」のギルバート・テイラー、音楽は「追いつめられて」のローリー・ジョンソンが担当。出演は「ピンクの豹」のピーター・セラーズが3役、「殺人秘密計画書」のジョージ・C・スコット、「私はそんな女」のキーナン・ウィン、ほかにスリム・ピケンズ、ピーター・ブル、トレイシー・リードなど。

監督
スタンリー・キューブリック
出演キャスト
ピーター・セラーズ ジョージ・C・スコット スターリング・ヘイドン スリム・ピケンズ
1962年

ロリータ(1962)

  • 1962年9月22日(土)
  • 監督

教養ある中年男の、ローティーンの少女に対する、耽美と溺愛の、異常な愛欲生活を描いた問題の書「ロリータ」の映画化である。原作小説は、ケンブリッジ大学で勉学中、祖国を失った亡命ロシア作家ウラジーミル・ナボコフが、1954年に6年がかりで書きあげたもので、世界的なベストセラーとなった。監督は「スパルタカス」のスタンリー・キューブリック。脚色は原作者のナボコフが自ら担当し、「ナバロンの要塞」のオズワルド・モリスが撮影、「オーシャンと十一人の仲間」のネルソン・リドルが音楽を受け持っている。出演者には、14歳の少女スー・リオンが抜擢された。その他の出演は「ザーレンからの脱出」のジェームズ・メイスン、「明日なき十代」のシェリー・ウィンタース、「マダムと泥棒」のピーター・セラーズ、「三十九階段」のマリアン・ストーンなど。製作はジェームズ・ボブ・ハリス。

監督
スタンリー・キューブリック
出演キャスト
ジェームズ・メイソン シェリー・ウィンタース ピーター・セラーズ スー・リオン
1960年

スパルタカス

  • 1960年12月15日(木)
  • 監督

ハワード・ファストの原作をダルトン・トランボが脚色し、「突撃(1957)」のスタンリー・キューブリックが監督したスペクタクル。撮影は「黒い肖像」のラッセル・メティ、音楽は「悶え」のアレックス・ノスが担当。出演は「逢うときはいつも他人」のカーク・ダグラス、「ねずみの競争」のトニー・カーティス、「黄昏に帰れ」のジーン・シモンズ、「悪魔の弟子」のローレンス・オリヴィエ、「サイコ」のジョン・ギャビン、ほかにチャールズ・ロートン、ピーター・ユスチノフ、ジョン・アイランドら。製作総指揮カーク・ダグラス。製作エドワード・ルイス。

監督
スタンリー・キューブリック
出演キャスト
カーク・ダグラス トニー・カーティス ローレンス・オリヴィエ ジーン・シモンズ
1958年

突撃(1957)

  • 1958年2月19日(水)
  • 監督、脚本

1930年代に書きおろしたハンフリー・コップの小説を原作に「現金に体を張れ」のスタンリー・キューブリック、それにカルダー・ウィリンガム、ジム・トンプソンの3人が脚本を書き、キューブリックが監督した異色戦争映画。撮影監督はゲオルク・クラウス、音楽は「現金に体を張れ」のジェラルド・フリード。主演は「炎の人ゴッホ」のカーク・ダグラス、「歓びの街角」のアドルフ・マンジュウ、「赤い矢」のラルフ・ミーカー、それにジョージ・マクレディ、ウェイン・モリス、スーザン・クリスチャンなど。

監督
スタンリー・キューブリック
出演キャスト
カーク・ダグラス ラルフ・ミーカー アドルフ・マンジュウ ジョージ・マクレディ

関連ニュース

呪われたホテルを大人になったダニー(ユアン・マクレガー)が再び訪れる(『ドクター・スリープ』)
【レビュー】小説と映画、2つの「シャイニング」が見事に融合!『ドクター・スリープ』の味わい方 11月30日 20:30

アメリカを代表するベストセラー作家で、その著作が次々に映像化されているスティーヴン・キング。現在公開中の『ドクター・スリープ』は、彼の同名長編を映画化したエンタテインメント大作だ。心に闇を抱える孤独な中年男ダニー。特別な…

没後20年を迎えたキューブリック監督がいま盛り上がりを見せている(『キューブリックに愛された男』)
男たちの人生を狂わせた!?『シャイニング』S・キューブリック監督の変人エピソード<写真11点> 11月5日 21:30

『2001年宇宙の旅』(68)『時計じかけのオレンジ』(71)、『フルメタル・ジャケット』(87)など、数々の名作を生み出してきたスタンリー・キューブリック監督。今年は彼の没後20年にあたり、カンヌ国際映画祭では、昨年の…

巨匠キューブリック監督の問題作を朝10時からスクリーンで堪能!
映画史にその名を刻む“R18指定”の超問題作、最新リマスターでスクリーンに帰還! 10月3日 10:00

『2001年宇宙の旅』(68)や『シャイニング』(80)など、多くの映画作家に影響を与えた巨匠スタンリー・キューブリック監督の『時計じかけのオレンジ』(71)が、現在開催中の「午前十時の映画祭10-FINAL」で、あす4…

『死霊館』シリーズのスピンオフ第3弾『アナベル 死霊博物館』もやっぱり怖すぎ!
『アナベル』『IT』最新作、『シャイニング』続編…“背筋も凍る”ホラー映画が大集合 9月23日 18:00

しだいに秋も深まり、日が落ちるのも早くなってきたなと感じる今日このごろ。そんな秋の夜長には、とびきりのホラー映画を楽しみたい…。そんな人にうれしいことに、この秋は注目作が続々と待機中!ということで、ここで一挙に紹介してい…

『シャイニング 北米公開版』特別試写会イベントに立川志らくが登壇!
立川志らくが『ドクター・スリープ』を大胆予想!「キング色が濃くなるのでは?」 9月23日 08:00

ホラー小説界の大家であるスティーヴン・キングが2013年に発表した同名小説を原作とした『ドクター・スリープ』が11月29日(金)から日本公開されるのに先がける22日、ワーナー・ブラザース内幸町試写室にて、10月30日(水…

謎の文字「REDRUM」が示すものは…?『ドクター・スリープ』ティザービジュアル
『シャイニング』の戦慄が再び…!?『ドクター・スリープ』日本公開決定&US版予告が解禁 6月14日 19:00

スティーヴン・キングが2013年に発表した同名小説を基に、『シャイニング』(80)で壮絶な過去を体験した幼い息子ダニーの40年後をユアン・マクレガーが演じる『ドクター・スリープ』の日本公開が決定。謎めいたビジュアルとUS…

“サイコ・サスペンス映画史上No.1”の看板に偽りなし?
“サイコ・サスペンス映画史上No.1”の称号に偽りなし?日本初公開の『ザ・バニシング-消失-』がトラウマ級! 4月14日 21:15

「サイコ・サスペンス映画史上No.1の傑作、ついに解禁―—」。そんなセンセーショナルな宣伝のキャッチコピーがつけられた『ザ・バニシング-消失-』(公開中)は、1988年製作のオランダ=フランス合作映画だ。日本では2000…

『2001年宇宙の旅』にも影響を与えたという逸話を持つ『イカリエ-XB1』
あのキューブリック監督にも影響を与えた!?伝説的なチェコ産SFとは? 12月26日 08:30

製作50周年を記念して、70mmフィルムや、IMAXでの上映など、今年大きな話題を集めた『2001年宇宙の旅』(68)。SF映画の金字塔として知られるこの作品に大きな影響を与えたと言われる、伝説的なSF映画が同じく今年公…

キューブリックが生み出した映画史に残る金字塔が、最高の上映環境で蘇る!
70ミリの次はIMAXで!『2001年宇宙の旅』2週間限定上映が本日スタート 10月19日 07:30

いまは亡き巨匠スタンリー・キューブリック監督が1968年に手掛け、その後SF映画のみならずすべての映画に多大なる影響を与えた『2001年宇宙の旅』が、本日10月19日(金)から全国28館のIMAX劇場で2週間限定で上映さ…

解禁されたポスターからも映画の内容を読み解くことが難しい
関係者が認めていないS・キューブリックのドキュメンタリーが気になる! 11月29日 17:00

20世紀最高の巨匠スタンリー・キューブリックの『シャイニング』(80)を徹底分析するドキュメンタリー映画『ROOM237』。サンダンス、カンヌと映画祭で注目されてきた話題作が2014年1月25日(土)より全国順次公開とな…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/5更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > スタンリー・キューブリック