TOP > 人物を探す > アルヴィン・グリーンマン

年代別 映画作品( 1951年 ~ 1954年 まで合計3映画作品)

1954年

原子怪獣現わる

  • 1954年10月17日(日)
  • 出演(1st.Rader_Man 役)

ジャック・ディーツとハル・チェスターが共同で製作した空想怪奇映画1953年作品。レイ・ブラッドベリの原作をルー・モーハイムとフレッド・フリーバーガーが監督にあたった。撮影はジャック・ラッセル、音楽はデイヴィッド・バトルフ。出演者はポール・クリスチャン、「三つの恋の物語」のポーラ・レイモンド、「奥様は魔女」のセシル・ケラウェイ、ケネス・トビー、ジャック・ペニックなど。

監督
ユージン・ローリー
出演キャスト
ポール・クリスチャン ポーラ・レイモンド セシル・ケラウェイ ケネス・トビー
1953年

零号作戦

  • 1953年2月26日(木)
  • 出演(Private_Lane 役)

朝鮮紛争に取材して「硫黄島の砂」のエドモンド・グレインジャーが1952年に製作した戦争劇で「狐の王子」のミルトン・クリムスとウィリアム・ウィスター・ヘインズの脚本から「美しき生涯」のテイ・ガーネットが監督した。撮影は「カルメンの恋」のウィリアム・スナイダー、音楽監督は「生きるためのもの」のヴィクター・ヤング。「月下の銃声」のロバート・ミッチャムと「世界を彼の腕に」のアン・ブライスが主演し、以下「十三号桟橋」のウィリアム・タルマン、「月下の銃声」のチャールズ・マッグロー、マーガレット・シェリダン「遊星よりの物体X」、リチャード・イーガン「成吉思汗」、ウォリー・キャッセルなどが助演。

監督
ティー・ガーネット
出演キャスト
ロバート・ミッチャム アン・ブライス ウィリアム・タルマン チャールズ・マッグロー
1951年

我輩は新入生

  • 1951年4月3日(火)
  • 出演(Corney_Whittaker 役)

グウェン・ダヴェンポート原作の映画化「愉快な家族」の続篇。「ママは大学一年生」のリチャード・セイルとメリイ・ルイスがメリイ・マッコオル2世と協同した脚本を「暗黒街の巨頭」のエリオット・ニュージェントが監督、「都会の叫び」のロイド・エイハーンが撮影を「頭上の敵機」のアルフレッド・ニューマンが音楽を担当した1949年度作品で、製作は「愉快な家族」以来のサミュエル・G・エンジェル。前篇と同じクリフトン・ウェヴの他「令嬢画伯」のシャーリー・テンプル、「若草の頃」のトム・ドレイク、アラン・ヤング、キャスリーン・ヒューズらが共演。

監督
エリオット・ニュージェント
出演キャスト
グリフトン・ウェブ シャーリー・テンプル トム・ドレイク アラン・ヤング
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/6更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > アルヴィン・グリーンマン

ムービーウォーカー 上へ戻る