映画-Movie Walker > 人物を探す > デイヴィッド・バートン

年代別 映画作品( 1931年 ~ 1935年 まで合計7映画作品)

1935年

忘れじの歌

  • 1935年
  • 監督

「支那ランプの石油」「春の夜明け」のジョセフ・ハッチンスンがオペラ出身の歌手ジョージ・ヒューストンを相手に主演するリライアンス・ピクチャー作品で、ロウエル・ブレンタノの小説に基づき「異人種の争闘」「国際列車」のラルフ・ブロットと「巌窟王(1934)」のフィリップ・ダンとが脚色ならびに台詞を執筆し、「街で拾った女」「恋をしましょう(1933)」のデイヴィッド・バートンが監督した。助演者は「猫目石怪事件」「春の夜明け」のジョン・ハリデイ、「心の緑野」のモナ・バリー、「紅雀」のヘレン・ウエストリー、ローラ・ホープ・クルーズ、ウィリアム・ハリガン、デイヴィッド・スコット、等である。キャメラは「暗黒街全滅」に参与したロバート・プランクの担任。

監督
デイヴィッド・バートン
出演キャスト
ジョセフィン・ハッチンスン ジョージ・ヒューストン ジョン・ハリデイ モナ・バリー
1934年

拾われた母

  • 1934年
  • 監督

「特急二十世紀」「紅蘭」のキャロル・ロンバードと「一日だけの淑女」「紅蘭」のメ イ・ロブスンが主演する映画で、ドワイト・テイラーの原作を「ますらを」「青空天国」のジョー・スワーリングが脚色し、「恋をしましょう(1933)」「月光瞑想曲」のデヴィッド・バートンが監督に当たり、「国境飛行隊」「光は野より」のデッド・テヅラフが撮影した。助演は「激浪」「紅蘭」のウォルター・コノリー、「罪じゃないわよ」「月の宮殿」のロージャ・プライアを始め、「青空天国」のアーサー・ホール、舞台から来たレイモンド・ウォルバーン、ジェームズ・バーク等である。

監督
デイヴィッド・バートン
出演キャスト
キャロル・ロンバード メイ・ロブソン ロジャー・プライア ウォルター・コノリー

月光瞑想曲

  • 1934年
  • 監督

「水曜日の恋」「原始人」のエリッサ・ランディが出演する映画で、相手役は「ニューヨーク・ハリウッド」「鏡の前の接吻」のフランク・モーガンと「ショウボート(1929)」「薫る河風」のジョセフ・シルドクラウトが勤める。原作はS・K・ローレンで「青空天国」「魔の海底」のジョー・スワーリングが脚色し「恋をしましょう(1933)」のデイヴィッド・バートンが監督し「青空天国」「十三日の殺人」のジョセフ・オーガストが撮影した。助演者は「明日の太陽」のドリス・ロイド、「419号室の女」のシャーリー・グレイ、「時計は踊る」のクララ・プランディック、サミュエル・S・ハインズ、ヘンリー・コルカー等である。

監督
デイヴィッド・バートン
出演キャスト
エリッサ・ランディ フランク・モーガン ジョゼフ・シルドクラウト ドリス・ロイド
1933年

恋をしましょう(1933)

  • 1933年
  • 監督

「闇に踊る(1932)」「女学生の日記」のデイヴィッド・バートンが監督した映画でハーバート・フィールズが書き下ろしたものである。主役は「暗夜行路」「晩餐八時」のエドモンド・老で、相手役は無名より抜擢されたアン・サザーンと「笑う巨人」「深夜の紳士」のミリアム・ジョーダン、「キャバレエの鍵穴」「めりけん音頭」のグレゴリー・ラトフで、「ナガナ」のタラ・ビレル、「肉体」のグレタ・マイヤー等が助演している。撮影は「恩讐」「戦時特派員」のベンジャミン・H・クラインの担任。

監督
デイヴィッド・バートン
出演キャスト
エドモンド・ロウ アン・サザーン ミリアム・ジョーダン グレゴリー・ラトフ
1931年

闇に踊る(1932)

  • 1931年
  • 監督

「明暗二人女」「二十四時間」のミリアム・ホプキンスと「タッチダウン」「おしゃれ牧場」のジャック・オーキーとが主演する映画で、「女学生の日記」「戦う商隊」を共同監督したデイヴィッド・バートンが単独で監督した最初の作品である。原作はジェームズ・アシュモア・クリールマンの舞台劇「ジャズ王」で「街のをんな」のブライアン・マーロウと「魅惑を賭けて」のハワード・エメット・ロジャースとが共同で書き改め、「摩天楼の巨人」「高等恋愛術」のハーマン・J・マンキウィッツが台本を作った。キャメラは「ジギル博士とハイド」「忍び寄る心」のカール・ストラッスの担当。共演者は「犯罪王リコ」の小ウィリアム・コリアー、「街のをんな」のユージーン・パレット、舞台から来たリダ・ロバーティ、「速成成金」のジョージ・ラフト等で、その他モーリス・ブラック・フランセス・モフェット、ウォルター・ハイアース等が出演している。

監督
デイヴィッド・バートン
出演キャスト
ミリアム・ホプキンス ジャック・オーキー ウィリアム・コリアー・ジュニア ユージン・ポーレット

戦う隊商

  • 1931年
  • 監督

ゼーン・グレイの西部開拓小説を映画化した作品で脚色には「勇敢ならでは」のエドワード・E・バラモア・ジュニア、「狼の唄」のキーン・トンプソン、「拳の王者」のアグネス・ブランド・リー、監督には「国境の狼群(1930)」のオットー・ブラワーとデイヴィッド・バートンがあたり、撮影は「西部の唄」のリー・ガームス氏及び「巴里選手」のヘンリー・ジェラードとが担任した。主なる出演者は「モロッコ」「掠奪者」のゲイリー・クーパー、「藪睨みの世界」のリリー・ダミタ、「スピードウェイ」のアーネスト・トーレンス、「西部の星影(1930)」のフレッド・コーラー、「快走王」のタリー・マーシャルで、他に「テキサス無宿」のジェームズ・マーカス、「青春倶楽部(1930)」のユージーン・パレット、「曠野に叫ぶ(1930)」のロイ・スチュアート、メイ・ボーレー、イヴ・サザーンなども付き合っている。

監督
オットー・ブラワー デイヴィッド・バートン
出演キャスト
ゲイリー・クーパー リリー・ダミタ アーネスト・トーレンス フレッド・コーラー

女学生の日記

  • 1931年
  • 監督

「アメリカの悲劇」と同じくフィリップス・ホームズとシルヴィア・シドニーが共演する映画で、実在の一女大学生の日記にもとづき組み立てられた脚本により新人デイヴィッド・バートン、ダッドリー・マーフィー両人が監督に当たったもの。「悪魔が跳び出す」「女給と強盗」のノーマン・フォスター、「四十八手の裏表」のクローディア・デル、フローレンス・ブリットン、マーサ・スリーパーなどが助演、カメラは「アメリカの悲劇」「市街」のリー・ガームスの担任である。

監督
デイヴィッド・バートン ダッドリー・マーフィー
出演キャスト
フィリップス・ホームス シルヴィア・シドニー ノーマン・フォスター クローディア・デル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1

マーク・チャオ&ホァン・ボー主演、台湾の人気アクション刑事ドラマが劇場映画化

ハーバー・クライシス 都市壊滅
ハーバー・クライシス 都市壊滅

台湾の湾岸都市をねらう秘密武装組織に立ち向かう二人の刑事の戦いを描くアクション

チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜
チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜

広瀬すず主演、全米大会で優勝した福井県立福井商業高等学校チアリーダー部の実話を映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > デイヴィッド・バートン