TOP > 人物を探す > モニカ・ミケルセン

年代別 映画作品( 2006年 ~ 2015年 まで合計5映画作品)

2015年

しあわせへのまわり道

  • 2015年8月28日(金)
  • キャスティング

ニューヨーカー誌掲載のエッセイを基に、女性書評家とタクシー運転手の思いも寄らない出会いを描く、パトリシア・クラークソン&ベン・キングスレー主演のハートフルストーリー。価値観の違う男女が車の運転を通して、変わっていく姿を映し出すのは、『死ぬまでにしたい10のこと』のイサベル・コイシェ。

監督
イサベル・コイシェ
出演キャスト
パトリシア・クラークソン ベン・キングズレー グレイス・ガマー ジェイク・ウェバー

ラブストーリーズ コナーの涙

  • 2015年2月14日(土)
  • キャスティング

ニューヨークを舞台に一組の夫婦の別れから再生までを夫の視点から描く。妻の視点から描いた「ラブストーリーズ エリナーの愛情」も同時公開。監督・脚本は、本作が長編初監督のネッド・ベンソン。出演は、「X-MEN:フューチャー&パスト」のジェームズ・マカヴォイ。第67回カンヌ国際映画祭ある視点部門出品作品。

監督
ネッド・ベンソン
出演キャスト
ジェシカ・チャステイン ジェームズ・マカヴォイ ヴィオラ・デイヴィス ライアン・エッゴールド
2013年

NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ

  • 2013年4月27日(土)
  • キャスティング

「ゴジラ FINAL WARS」の北村龍平監督が、ハリウッドで撮り上げたバイオレンス・アクション。恋人を殺されたことをきっかけに隠されていた本性が現れ、ギャングを次々と惨殺していく男の姿を描く。出演は「推理作家ポー 最期の5日間」のルーク・エヴァンス、「ヴァンパイア」のアデレイド・クレメンス、「テキサス・チェーンソー・ビギニング」のリー・ターゲセン、「ビッチ・スラップ 危険な天使たち」のアメリカ・オリーヴォ。

監督
北村龍平
出演キャスト
ルーク・エヴァンス アデレイド・クレメンス デレク・マジャール リー・ターゲセン
2007年

パルス

  • 2007年12月22日(土)
  • キャスティング

鬼才・黒沢清の「回路」をリメイクしたホラー。あらゆる通信回路を媒介にして人間社会に侵食する幽霊たちが引き起こす恐怖を、おどろおどろしく映し出す。

監督
ジム・ソンゼロ
出演キャスト
クリスティン・ベル イアン・サマーホルダー クリスティナ・ミリアン リック・ゴンザレス
2006年

マインドハンター

  • 2006年2月25日(土)
  • キャスティング

ダイナミックなアクション描写で定評のレニー・ハーリン監督がサスペンスに挑戦。無人島に閉じ込められた7人のFBI訓練生が、次々と発生する殺人事件の謎に挑む。

監督
レニー・ハーリン
出演キャスト
LL・クール・J ジョニー・リー・ミラー キャスリン・モリス ヴァル・キルマー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/9更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > モニカ・ミケルセン