TOP > 映画監督・俳優を探す > セルゲイ・イワノフ

年代別 映画作品( 2006年 ~ 2020年 まで合計5映画作品)

2020年

ドヴラートフ レニングラードの作家たち

現代ロシアの伝説的作家セルゲイ・ドヴラートフの知られざる6日間に迫る、ベルリン映画祭銀熊賞受賞作。1971年レニングラード。詩人ヨシフ・ブロツキーと共に自らの作品を発表しようと模索するドヴラートフだが、政府からの抑圧により出版を封じられてしまう。ドヴラートフを演じるのは、セルビア人俳優のミラン・マリッチ。監督は「神々のたそがれ」のアレクセイ・ゲルマンを父に持つアレクセイ・ゲルマン・ジュニア。4月25日より公開延期。

監督
アレクセイ・ゲルマン・ジュニア
出演キャスト
ミラン・マリッチ ダニーラ・コズロフスキー スヴェトラーナ・コドチェンコワ スヴェトラーナ・ホドチェンコワ
2008年

チェチェンへ アレクサンドラの旅

  • 2008年12月20日(土)
  • 編集

「太陽」の名匠アレクサンドル・ソクーロフが、紛争の絶えないチェチェンで撮影を実施。ひとりの年老いた母親の旅を通して、平和への願いを観る者に語りかける反戦映画だ。

監督
アレクサンドル・ソクーロフ
出演キャスト
ガリーナ・ヴィシネフスカヤ ワシーリー・シェフツォフ ライーサ・ギチャエワ エフゲーニー・トゥカチュク
2007年

ロストロポーヴィチ 人生の祭典

  • 2007年4月21日(土)
  • プロデューサー、編集

ロシアの偉大なチェロ奏者、ロストロポービチ。彼と妻の天才ソプラノ歌手が、激動の半生を振り返るさまを、その演奏風景などを交えながらつづるドキュメンタリー。

監督
アレクサンドル・ソクーロフ
出演キャスト
ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ ガリーナ・ヴィシネフスカヤ 小澤征爾 クシシュトフ・ペンデレツキ
2006年

太陽(2005)

  • 2006年8月5日(土)
  • 編集

ロシアの鬼才アレクサンドル・ソクーロフ監督が放つ、異色のドラマ。終戦前後の昭和天皇を生身の人間として捉え、その苦悩や葛藤を通して“戦後日本”を真摯に見つめる。

監督
アレクサンドル・ソクーロフ
出演キャスト
イッセー尾形 ロバート・ドーソン 佐野史郎 桃井かおり

ファザー、サン

  • 2006年4月29日(土)
  • 編集

「エルミタージュ幻想」の名匠、アレクサンドル・ソクーロフ監督による詩的なヒューマン・ドラマ。1組の父子の触れ合いが、夢幻的な美しさをたたえた映像でつづられる。

監督
アレクサンドル・ソクーロフ
出演キャスト
アンドレイ・シチェティーニン アレクセイ・ネイムィシェフ アレクサンドル・ラズバシ マリアーナ・ザスーヒナ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > セルゲイ・イワノフ

ムービーウォーカー 上へ戻る