映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィリー・ベスト

年代別 映画作品( 1935年 ~ 1952年 まで合計8映画作品)

1952年

レッドスタリオン 荒原の凱歌

  • 1952年1月4日(金)
  • 出演(Jackson 役)

ベン・ストロフが製作し「銃弾」のレスリー・セランダーが監督した1947年シネカラー作品。脚本は、ロバート・E・ケントとクレーン・ウィルバーの共同オリジナルで、撮影は「拳銃の誓い」のヴァージル・ミラー、音楽は「ベルリン特急」のフレデリック・ホランダーである。出演者は「ラスティの伝令」のテッド・ドナルドスン、「夜の悪魔」のロバート・ペイジ、「夢見る少女」のジェーン・ダーウェル、ノリーン・ナッシュ、「摩天楼」のレイ・コリンズらである。

監督
レスリー・セランダー
出演キャスト
テッド・ドナルドスン ロバート・ペイジ ノリーン・ナッシュ ジェーン・ダーウェル
1951年

頓馬と金髪娘

  • 1951年3月13日(火)
  • 出演(Willie_Shelley 役)

「アラスカ珍道中」のポール・ジョーンズが製作し「森林警備隊」のジョージ・マーシャルが監督した1945年度作品。ポール・アームストロングの舞台劇を「凸凹幽霊屋敷」のウォールター・ドレオン、アール・ボールドウィン、E・エドウィン・モーランの3人が脚色し、「戦乱の花嫁」のダニエル・L・ファップが撮影した。主演は「真夏の曲線美」のエディ・ブラッケンと「奥様は魔女」のヴェロニカ・レイクで、他に「森林警備隊」のアルバート・デッカー等が出演する。

監督
ジョージ・マーシャル
出演キャスト
エディ・ブラッケン ヴェロニカ・レイク アルバート・デッカー ウィリー・ベスト
1937年

スタアと殺人鬼

  • 1937年
  • 出演(Warts 役)

「世界の歌姫」「バーレスクの王様」のジャック・オーキーと「青春万歳「空中散歩」のアン・サザーンが主演する映画で、ハリー・セゴール作の舞台喜劇を「大学の人気者」のアーネスト・パガノと「鋪道の雨」のガートルード・パーセルが協力脚色、「海の巨人(1937)」「薔薇色遊覧船」のベン・ストロフが監督に当たり、「男装」のジョセフ・オーガストが撮影した。助演者は「目撃者(1936)」「札つき女」のエドワード・チアネーリ、新顔のアラン・ブルース、「風雲児アドバース」のジョーン・ウッドベリー、エドガー・ケネディ、ブラッドリー・ペイジ等である。

監督
ベン・ストロフ
出演キャスト
ジャック・オーキー アン・サザーン エドワード・チアネーリ アラン・ブルース
1936年

花嫁の家出

  • 1936年
  • 出演(Smokie 役)

「愛の弾丸」「ガルシアの伝令」のバーバラ・スタンウィックが主演する映画でエドワード・スモールの入社第1回作品である。ハワード・エメット・ロジャースが書き下ろし、「聖林裸道中」と同じくP・J・ウルフソンとフィリップ・G・エプステインと共同脚色してレイ・ジェイスンが監督し、「愛情無限」「一対二」のJ・ロイ・ハントが撮影した。助演者は「聖林裸道中」のジーン・レイモンド、「花嫁の感情」のロバート・ヤング、「模倣の人生」のネッド・スパークス、「トップ・ハット」のヘレン・プロデリックを始め、ビリー・ギルバート、ハティー・マクダニエルス、ウイリー・ベスト等である。

監督
レイ・ジェイスン
出演キャスト
バーバラ・スタンウィック ジーン・レイモンド ロバート・ヤング ネッド・スパークス

頓珍漢ミイラ取り

  • 1936年
  • 出演(Catfish 役)

「旅鴉子供連れ」「メリケン万歳爆走の巻」と同じくバート・ウイーラーとロバート・ウールジーが主演する喜劇。短篇喜劇監督、脚色者を経て、監督に昇進したフレッド・ガイオルが監督に当たったものである。

監督
フレッド・ガイオル
出演キャスト
バート・ウイーラー ロバート・ウールジー バーバラ・ペパー モローニ・オルセン

探偵合戦

  • 1936年
  • 出演(High_Pockets 役)

「一対二」「ビック・ゲーム」のジェームズ・グリースンと「有頂天時代」「靴を脱いだ女」のヘレン・ブロデリックが主演する映画で、スチュアート・パーマー作の探偵小説に基づき「乙女よ嘆くな」「森の勇者」のドロシー・ヨーストがトーマス・レノン、エドモンド・ノースおよびジェームス・ゴウと協力して脚本を書き、「森の勇者」と同じくエドワード・キリーとウィリアム・ハミルトンが協同監督し、「大空地獄」「うるさき人々」のニコラス・ミュスラカが撮影したもの。助演者H「我家の誇り」のルイズ・レティマー、「西部戦線異状なし」のオウエン・デービス・ジュニア、「ビック・ゲーム」のジョン・アーレッジ歌手だったジョン・キャロル、「深夜の星」のレスリー・フェントン、「オペラ・ハット」のクリスチャン・ラップ、「五十六番街の家」のシーラ・テリー、「アリゾニアン」のウィリー・ベスト等の面々である。

監督
エドワード・キリー ウィリアム・ハミルトン
出演キャスト
ジェームズ・グリースン ヘレン・ブロデリック ルイズ・レティマー オーウェン・デイヴィス・ジュニア
1935年

テンプルの愛国者

  • 1935年
  • 出演(Janes_Henry 役)

「テンプルちゃんお芽出度う」につぐシャーリー・テンプル主演映画で、同じくジョン・ボールズが共演している。原作はエドワード・H・ピープルが書き卸し、「運河のそよ風」のエドウイン・バークが脚色、「小連隊長」のデイヴィッド・バトラーが監督、「私のテンプル」のジョン・サイツが撮影、に夫々当たった。助演者は「征空重爆撃」のジャック・ホルト、「黒地獄」のカレン・モーリー、「青春万歳」のビル・ロビンソン、グィン・ウィリアムス、ウイリー・ベスト等である。

監督
デイヴィッド・バトラー
出演キャスト
シャーリー・テンプル ジョン・ボールズ ジャック・ホルト カレン・モーリー

建設の嵐

  • 1935年
  • 出演(Pompey 役)

「快勇二丁拳銃」のリチャード・ディックスが主演する映画で、「男の敵」「十字軍」のダドリー・ニコルズが書き卸した台本によりチャールズ・ヴィダーが監督したもの。相手役は「男の敵」「三銃士(1935)」のマーゴット・グラハム、「ポンペイ最後の日(1935)」「男の敵」のプレストン・フォスターが勤め、「ポンペイ最後の日(1935)(1935)」のルイス・カルハーンその他が助演している。キャメラは「邪神島」のハロルド・ウェンストロム担任。

監督
チャールズ・ヴィダー
出演キャスト
リチャード・ディックス マーゴット・グラハム プレストン・フォスター ルイス・カルハーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
僕と世界の方程式
僕と世界の方程式

国際数学オリンピックで金メダルを目指す少年の姿を描く実話ベースの青春ストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィリー・ベスト