映画-Movie Walker > 人物を探す > エイミー・ライアン

年代別 映画作品( 2006年 ~ 2019年 まで合計14映画作品)

2019年

ビューティフル・ボーイ

『君の名前で僕を呼んで』のティモシー・シャラメが、父親の助けでドラッグ依存から抜け出そうと奮闘する少年を演じる人間ドラマ。ドラッグ依存を克服しようとする少年と父親の8年間の軌跡をそれぞれの視点から描いた2冊の回顧録をベースに、『ムーンライト』など見応えのあるドラマを手がけてきたプランBエンターテインメントが映画化した。

監督
フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン
出演キャスト
スティーヴ・カレル ティモシー・シャラメ モーラ・ティアニー エイミー・ライアン
2017年

セントラル・インテリジェンス

  • 2017年11月3日(金)公開
  • 出演(Agent Pamela Harris 役)

「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン主演のアクションコメディ。高校時代はスーパースターだったが今はしがない会計士のカルヴィンは、当時いじめられっ子で今はマッチョなCIAのボブと再会。組織から追われるボブに助けを求められる。出演は、「ペット」のケヴィン・ハート、「ブリッジ・オブ・スパイ」のエイミー・ライアン、ドラマ『ブレイキング・バッド』のアーロン・ポール、「モンスター上司」のジェイソン・ベイトマン。監督は、「なんちゃって家族」のローソン・マーシャル・サーバー。

監督
ローソン・マーシャル・サーバー
出演キャスト
ドウェイン・ジョンソン ケヴィン・ハート エイミー・ライアン アーロン・ポール

潜入者

  • 2017年5月13日(土)公開
  • 出演(Bonni Tischler 役)

麻薬王パブロ・エスコバルの組織に約5年間潜入捜査をしたロバート・メイザーの回顧録をベースにした犯罪サスペンス。1980 年代、エスコバルの巨大麻薬カルテルを内部から崩壊させるために、ベテラン捜査官ロバート・メイザーは架空の大富豪を装い近づく。監督は「リンカーン弁護士」のブラッド・ファーマン。「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」のブライアン・クランストンが、大胆不敵な計画を実行するベテラン捜査官を演じる。

監督
ブラッド・ファーマン
出演キャスト
ブライアン・クランストン ダイアン・クルーガー ジョン・レグイザモ エイミー・ライアン

グースバンプス モンスターと秘密の書

  • 2017年1月7日(土)公開
  • 出演

シリーズ累計3億5千万部のベストセラー小説『グースバンプス』をジャック・ブラック主演で映画化したファンタジー。作家のスタインが書いた小説の中のモンスターたちが現実世界に出現。隣家の少年ザックとスタインは、モンスターを封印する冒険に旅立つ。共演は「ドント・ブリーズ」のディラン・ミネット。メガホンを取ったのは「ガリバー旅行記」のロブ・レターマン。

監督
ロブ・レターマン
出演キャスト
ジャック・ブラック エイミー・ライアン ディラン・ミネット オデイア・ラッシュ
2016年

母の残像

  • 2016年11月26日(土)公開
  • 出演

ラース・フォン・トリアーの甥ヨアキム・トリアーの長編3作目。戦争写真家だった母イザベルの死から3年後、回顧展のために長男ジョナが父ジーンと弟コンラッドの暮らす実家に戻る。彼らが母への思いを語るうち、彼女の知られざる一面が明らかになっていく。出演は、「ユージュアル・サスペクツ」のガブリエル・バーン、「ソーシャル・ネットワーク」のジェシー・アイゼンバーグ、「8人の女たち」のイザベル・ユペール、デヴィン・ドルイド、「グッドナイト&グッドラック」のデヴィッド・ストラザーン。第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作品。

監督
ヨアキム・トリアー
出演キャスト
ガブリエル・バーン ジェシー・アイゼンバーグ イザベル・ユペール デヴィン・ドルイド

ブリッジ・オブ・スパイ

  • 2016年1月8日(金)公開
  • 出演(Mary Donovan 役)

『プライベート・ライアン』などでタッグを組んだスティーヴン・スピルバーグ監督とトム・ハンクス主演によるサスペンスドラマ。東西冷戦下の50〜60年代に起きたソ連によるアメリカ軍のU-2撃墜事件を基に、捕虜となったアメリカ軍パイロットの救出という極秘指令を受けた弁護士の奮闘を描く。イーサン&ジョエル・コーエンが脚本を務める。

監督
スティーヴン・スピルバーグ
出演キャスト
トム・ハンクス ピーター・マクロビー アラン・アルダ イヴ・ヒューソン
2015年

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

  • 2015年4月10日(金)公開
  • 出演(シルヴィア 役)

『バットマン』シリーズで主人公を演じたマイケル・キートンが、かつてヒーロー映画で人気を博した俳優に扮し、再起をかけてブロードウェイの舞台に挑む姿を描くブラック・コメディ。人間ドラマに定評のあるアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が『ゼロ・グラビティ』で撮影を担当したエマニュエル・ルベツキを迎え、ほぼワンカットの映像で見せる。

監督
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
出演キャスト
マイケル・キートン ザック・ガリフィアナキス エドワード・ノートン アンドレア・ライズボロー
2014年

デビルズ・ノット

  • 2014年11月14日(金)公開
  • 出演(マーガレット・ラックス 役)

93年にアメリカの田舎町で起きた少年を狙った猟奇殺人事件“ウエスト・メンフィス3事件”。発生から20年以上経ったいまも真相が明かされていない未解決事件を、カナダの名匠アトム・エゴヤン監督が映画化したサスペンス・ミステリー。コリン・ファース、リース・ウィザースプーンら実力派が多数出演し、物語に説得力を吹き込んでいる。

監督
アトム・エゴヤン
出演キャスト
コリン・ファース リース・ウィザースプーン デイン・デハーン ミレイユ・イーノス

大脱出

  • 2014年1月10日(金)公開
  • 出演(アビゲイル 役)

一時代を築いたアクションスター、シルヴェスター・スタローンとアーノルド・シュワルツェネッガーが『エクスペンダブルズ2』以来となるタッグを組み、本格共演を果たしたアクション大作。脱獄のプロと囚人が協力し、洋上に浮かぶ難攻不落の監獄からの脱出を試みるさまが描かれる。監督は『シャンハイ』のミカエル・ハフストローム。

監督
ミカエル・ハフストローム
出演キャスト
シルベスター・スタローン アーノルド・シュワルツェネッガー ジム・カビーゼル カーティス・“50セント”・ジャクソン
2012年

WINWIN ダメ男とダメ少年の最高の日々

  • 2012年8月18日(土)公開
  • 出演(ジャッキー・フラハティ 役)

冴えない弁護士が偶然出会った身寄りのない青年と過ごすうちに、青年の能力が開花し、ウィン・ウィン(自分も相手も勝つような、両者ともにメリットのある状態)の関係になっていくドラマ。監督・製作・脚本・原案は「扉をたたく人」で2007年インディペンデント・スピリット賞監督賞を獲得したトム・マッカーシー。共同原案はジョー・ティボーニ。出演は「スーパー・チューズデー~正義を売った日~」「サイドウェイ」のポール・ジアマッティ、本作でデビューを果たしたアレックス・シェイファー、「グリーン・ゾーン」のエイミー・ライアン、「アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!」のボビー・カナヴェイルほか。2011年サンダンス国際映画祭正式出品作品。

監督
トム・マッカーシー
出演キャスト
ポール・ジアマッティ エイミー・ライアン ボビー・カナヴェイル ジェフリー・タンバー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > エイミー・ライアン