映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョーン・ローリング

年代別 映画作品( 1947年 ~ 1954年 まで合計5映画作品)

1954年

拳銃を売る男

  • 1954年4月公開
  • 出演(Angela 役)

昨53年、イタリアへ現地ロケして撮影された作品で、製作者ノエル・カレフの書き下ろしストーリイをアンドレア・フォルサノが脚色し監督した。撮影は「愛人ジュリエット」のアンリ・アルカン、音楽はG・C・ゾンツァニオ「空行かば」の担当。出演者はポール・ムニ「暗黒街の顔役(1932)」、ジョーン・ローリング「善人サム」の2人がアメリカ俳優で、他はすべてイタリア俳優がキャストされている。即ち子役のヴィトリオ・マヌンタ、ルイザ・ロッシ「シーラ山の狼」、アルド・シルヴァニ「平和に生きる」、アーノルド・フォア、アルフレッド・ヴァレッリ、エレナ・マンソンら。

監督
アンドレア・フォルサノ
出演キャスト
ポール・ムニ ジョーン・ローリング ヴィットリオ・マヌンタ ルイザ・ロッシ
1950年

情怨の谷

  • 1950年12月19日公開
  • 出演(Pepita 役)

1928年度のプリッツア賞を得たソーントン・ワイルダー(「我等の町」)の小説の3度目の映画化で、ユナイト系の独立プロデューサー、ベネディクト・ボジャースが製作、「海賊キッド」のローランド・V・リーが監督した1944年度作品。「町の人気もの」のハワード・エスタブルックがハーマン・ワイスマンと潤色し、エスターブルックが脚本を書き、ジョン・W・ボイルが撮影、「ラッキー・パートナー」のディミトリ・ティオムキンが音楽を担当している。「銀嶺セレナーデ」のリン・バリ、「ある雨の午後」のフランシス・レデラー、「コルシカの兄弟」のエイキム・タミロフ、嘗て舞台に名声を謳われた故アラ・ナジモヴァ、「ゾラの生涯」のルイス・カルハーン、「三人姉妹(1942)」のドナルド・ウッズ、ブランシュ・ヤーカ、「小麦は緑」のジョーン・ローリング等が出演している。

監督
ローランド・V・リー
出演キャスト
リン・バリ フランシス・レデラー エイキム・タミロフ アラ・ナジモヴァ
1949年

善人サム

  • 1949年9月公開
  • 出演(Shirley_Mae 役)

「我が道を往く」「聖メリイの鐘」と同じく、レオ・マッケリーが製作監督した映画で「打撃王」「オペラ・ハット」のゲイリー・クーパーと「嵐の青春」「栄光の都」のアン・シェリダンが主演する。ストーリイは、マッケリーがジョン・クローラーと共作し、脚本は、ケン・イングランドが執筆した。音楽は前記のマッケリー2作品と同じく、ロバート・エメット・ドーランが作曲し、撮影は「ジェーン・エア」「聖メリイの鐘」のジョージ・バーンズが、監督した1948年作品。助演は「二重生活」のレイ・コリンズ「晩餐8時」のエドモンド・ロウ「小麦は緑」のジョーン・ローリング、その他、クリントン・サンドバーグ、ディック・ロス、ルイス・ビーヴァース等である。

監督
レオ・マッケリー
出演キャスト
ゲイリー・クーパー アン・シェリダン レイ・コリンズ エドモンド・ロウ
1947年

ギャングスター(1947)

  • 1947年公開
  • 出演

ニューヨークのギャングの半生を描く犯罪ドラマ。製作はモーリス・キング、フランク・キング、原作・脚本はダニエル・フックス、監督はゴードン・ウィルズ、撮影はポール・アイヴァノ、音楽はルイス・グルエンバーグ、編集はウォルター・トンプソンが担当。出演はバリー・サリヴァン、ベリタ、ジョーン・ローリング、エイキム・タミロフ、ヘンリー・モーガンなど。

監督
ゴードン・ウィルズ
出演キャスト
バリー・サリヴァン ベリタ ジョーン・ローリング エイキム・タミロフ

小麦は緑

  • 1947年1月14日公開
  • 出演(Bessie_Watty 役)

1938年から2年間ロンドンで上演されたエムリン・ウィリアムスの戯曲を「サラトガ本線」のケイシー・ロビンソン、「我が道を往く」のフランク・キャヴェットが脚色、「情熱の航路」のアーヴィング・ラパーが監督にあたったもので1945年度の作品。

監督
アーヴィング・ラパー
出演キャスト
ベティ・デイヴィス ナイジェル・ブルース ジョン・ドール ジョーン・ローリング
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョーン・ローリング