映画-Movie Walker > 人物を探す > グレッチェン・マッゴーワン

年代別 映画作品( 2005年 ~ 2015年 まで合計4映画作品)

2015年

レストレポ前哨基地 PART.2

  • 2015年11月28日(土)公開
  • 製作、Co.プロデューサー

アフガニスタンの激戦地帯で任務に就くアメリカ陸軍小隊に密着したドキュメンタリーの続編。PART.1の共同監督ティム・ヘザリントンがリビアを取材中に落命。その3年後、セバスチャン・ユンガー監督は未使用場面を使いPART.2を完成させる。編集は、PART.1に続きマイケル・レヴィンが担当。

監督
セバスチャン・ユンガー
2009年

スワップ・スワップ 伝説のセックスクラブ

  • 2009年10月17日(土)公開
  • プロデューサー

1970年代後半、ニューヨークで公然とセックスを楽しめるナイトクラブをオープンさせた男の生き様と、スワッピング文化の栄華と衰退を描いたドキュメンタリー。製作・監督はTVドキュメンタリーなどを手掛けてきたマシュー・カウフマンと、ジャーナリストのジョン・ハート。1977年、不況や治安の悪化によりニューヨークはどん底状態にあった。しかし、市が財政崩壊の危機に直面している中、夜の世界を彩るナイトクラブは空前の盛り上がりを見せていた。ミッドタウンのディスコ“スタジオ54”には、コカインでハイになったセレブが集まり、ダウンタウンのライヴハウス“CBGB”には、社会に対する不満や怒りをぶちまけるパンクロッカーたちが、そして保守的なアッパー・ウエスト・サイドの芸術的建造物“アンソニア”の地下にあるナイトクラブ“プレイトーズ・リトリート(プラトンの隠れ家)”には、ごく普通のカップルたちが集い、ダンスフロアーで踊り、プールで泳ぎ、見知らぬ相手とのフリーセックスを楽しんでいた。オーナーであるラリー・レビンソン独自の発想から火がついた“プレイトーズ・リトリート”は、個人的な快楽を求める自己中心的な世代に支持され、公然とセックスを楽しめる場所として急速にその名が知れ渡っていく。階層に縛られることなくどんな人でも歓迎し、カップルたちはたったの35ドルで、この“裸の楽園”に足を踏み入れることができた。ラリーやそこに集う者たちにとって“プレイトーズ・リトリート”はユートピアだった。中には、「タイムマシーンのように忘却の彼方へ連れ去ってくれる場所だった」と言う者もいる。しかし1985年、恒例のニューイヤー・パーティ直前、市当局から閉鎖処分とされた“プレイトーズ・リトリート”は、その8年に及ぶ華やかな幕を閉じることになる……。

監督
マシュー・カウフマン ジョン・ハート
出演キャスト
ヘレン・ガーリー・ブラウン プロフェッサー・アーウィン・コリー ベティ・ドッドソン ダン・ドーフマン
2006年

エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?

  • 2006年11月18日(土)公開
  • 製作進行

アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門候補になった注目作。'01年に発覚し、世界中を震撼させた米国の巨大企業エンロンの一大スキャンダルを徹底検証する。

監督
アレックス・ギブニー
出演キャスト
元エンロン社員 ケン・レイ ジェフ・スキリング アンディ・ファストウ
2005年

コーヒー&シガレッツ

  • 2005年4月2日(土)公開
  • 共同製作

インディペンデント映画の鬼才、ジム・ジャームッシュが放つ“コーヒーとタバコ”にまつわる短編集。人気スターからミュージシャンまで、多彩な顔ぶれも魅力。

監督
ジム・ジャームッシュ
出演キャスト
ロベルト・ベニーニ スティーヴ・ブシェーミ イギー・ポップ トム・ウェイツ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > グレッチェン・マッゴーワン