映画-Movie Walker > 人物を探す > アラン・ドワン

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1962年 まで合計58映画作品)

1920年

悲しき情歌

  • 1920年
  • 監督

「埋もれゆく黄金」「雷火落つる時」と同じくアラン・ドワン製作のメイフラワー映画で、ファースト・ナショナル社から発売された。原作はウィリアム・アレン・ホワイト作の「或る愚か者の心」で「雷火落つる時」とほとんど同じ役割をもって演じられている。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
ジェームズ・カークウッド アンナ・Q・ニルソン メアリー・サーマン フィロ・マッカロー

埋れ行く黄金

  • 1920年
  • 監督

ハロルド・マクグラスの同じ名の小説を、アラン・ドワンが監督して「雷火落ちる時」のすぐ前、製作したものである。主役は「魂は帰り行く」等出演のヘンリー・B・ウォルソールで、「不滅の情火」「母よ恋し」等出演のローズマリー・セビー、「メアリー・ゴー・ラウンド」のノーマン・ケリー、「冬来りなば」のアン・フォレストなどが対手役をする。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
ヘンリー・B・ウォルソール ローズマリー・セビー ノーマン・ケリー アン・フォレスト

愛蘭土人の幸運

  • 1920年
  • 監督、脚本、製作

アラン・ドワンが「運命の兵士」に続いてリアルアート社から発売した特作映画で、ハロルド・マクグラスの原作をドワンが自ら脚色監督したものである。主役は「大自然の掟」出演のジェームズ・カークウッドで、相手としてアンナ・Q・ニルソンが出演する。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
ジェームズ・カークウッド アンナ・Q・ニルソン ハリー・ノースラップ ワード・クレーン
1919年

暗黒の妖星

  • 1919年
  • 監督

米国の文豪ロバート・W・チェンバース原作の同名の小説から脚色した活劇で、セレクト映画「栄光は輝く」で紹介されたマリオン・デイヴィスが、パラマウント社から発売するコスモポリタン映画に移ってからの作品である。監督は「運命の兵士」と同じくアラン・ドワン。デイヴィスの相手役はノーマン・ケリー、マット・ムーア、ワード・クレーン、ドロシー・グリーンほか。ニュース誌は「高級活劇」として推奨している。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
マリオン・デイヴィス ドロシー・グリーン ノーマン・ケリー マット・ムーア
1918年

ヘッディン・サウス

  • 1918年
  • 原作

「現代の銃士」に次で製作されたダグラス劇で、対手は「結びの神も思案投首」「霹靂」で認められたマックラレン嬢の姉キャスリン・マックドナルド嬢である。珍らしくアラン・ドワン氏が原作で、監督はアーサー・ロッスン氏である。輸入さるべくして最近まで輸入されなかったが愈々到着したから近く公開されよう。

監督
アーサー・ロッスン
出演キャスト
ダグラス・フェアバンクス フランク・カンポー キャサリン・マクドナルド
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

ダニエル・クレイグ演じる名探偵がある密室殺人事件の謎を解明し真相に迫るミステリー

AI崩壊
AI崩壊

大沢たかお主演、AIが国民の生活を支える2030年の日本を舞台にしたサスペンス

前田建設ファンタジー営業部
前田建設ファンタジー営業部

空想世界の建造物の建設を正確に検証するという実在企業によるウェブ連載を基に映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アラン・ドワン