映画-Movie Walker > 人物を探す > アラン・ドワン

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1962年 まで合計58映画作品)

1924年

社交界の醜聞

  • 1924年
  • 監督

「舞姫ザザ(1923)」「なぶられ者」等と同じくアラン・ドワン氏の監督グローリア・スウォンソン嬢の主演になった映画で、原作者はアルフレッド・スートロ氏、脚色者はフォレスト・ハルシー氏である。スウォンソン嬢の対手役は「十誡(1923)」出演のロッド・ラ・ロック氏、「踊る若者」等出演のリカルド・コルテス氏である。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
グロリア・スワンソン ロッド・ラロック リカルド・コルテス アラン・シンプソン

アルゼンチン情話

  • 1924年
  • 監督、製作

ヴィセンテ・ブラスコ・イバネス原作の小説をジョン・ラッセルが脚本化し、ジェラルド・C・ダフィーが脚色したものを「兵営に咲く花」「焔の女」等と同じくアラン・ドワンが監督。主役は「天国の罪人」「戦友の妻」のビービー・ダニエルスで、「焔の女」のリカルド・コルテスと「琴線の響」のジェームズ・レニーが助演している。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
ビービー・ダニエルス リカルド・コルテス ジェームズ・レニー Mario Majeroni
1923年

舞姫ザザ(1923)

  • 1923年
  • 監督

ピエール・バートンとチャールズ・サイモン合作の舞台劇を、アルバート・シェルビー・ル・ヴィノが脚色したもので、「ロビン・フッド(1922)」「月の囁き」を監督したアラン・ドワンが監督の任に当タった。主役は「放埒娘」「大陸に鳴る女」等出演のグロリア・スワンソンで、対手役には「暁の前1時間」等出演のH・B・ワーナーが珍しくも出演する。ちなみにこの原作はかつてポーリング・フレデリック主演のもとにラスキー社で製作された事がある。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
グロリア・スワンソン H・B・ワーナー フェルディナンド・ゴットシャルク ルシル・ラ・ヴァーン

月の囁き

  • 1923年
  • 監督

ピクトリアル・レヴィウ誌に連載され次いで単行本に出版されたイーディス・ウォートン原作の小説を、E・ロイド・シェルドンが脚色し、「ロビン・フッド(1922)」を監督したアラン・ドワンがパラマウント入社後第1回作品として完成した社会劇で、「焼け爛れし翼」「世界の喝采」等主演のビービー・ダニエルス、「血と砂(1922)」等出演のニタ・ナルディ、「嵐は去れり」等出演のデイヴィッド・パウエル等が共演である。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
ビービー・ダニエルス ニタ・ナルディ デイヴィッド・パウエル モーリス・コステロ

合法の窃盗

  • 1923年
  • 監督

サミュエル・シップマン原作の舞台劇に基づき、ジョン・リンチが脚色、「月の囁き」に続いてアラン・ドワンが監督した作品で、主役は「塵の明星」等主演のホープ・ハンプトン、「月の囁き」「血と砂(1922)」出演のニタ・ナルディ、「嵐に散る花」「グラムピー」等出演のコンラッド・ネーゲル、「風雪のゼンダ城」等出演のルー・コディという素晴らしい顔触れである。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
ホープ・ハンプトン コンラッド・ネーゲル ニタ・ナルディ ルー・コディ

兄貴(1923)

  • 1923年
  • 監督

レックス・ビーチ原著になる小説を、「オーバー・ザ・ヒル」等の脚色者ポール・H・スローンが脚色し、「月の囁き」「舞姫ザザ(1923)」その他と同じくアラン・ドワンが監督をした。主役は「牧童と貴婦人」「国境を越えて」等出演のトム・ムーア、「良人の危険時代」「土曜日の夜」等出演のエディス・ロバーツ、「奮起の一戦」「荒れ狂う猛将」等出演のミッキー・ベネット等で、その他レイモンド・ハットンも主要な役割を演じている。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
トム・ムーア ジョセフ・キング ミッキー・ベネット エディス・ロバーツ
1922年

ロビン・フッド(1922)

  • 1922年
  • 監督

「亜米利加大王」「奇傑ゾロー」「暗雲晴れて」「三銃士(1921)」等と同じくダグラス・フェアバンクス氏主演のユナイテッド・ダグラス社映画で、エルトン・トーマス氏の小説をロッタ・ウッズ女史が脚色したもの。監督はかつてダグラス氏の「結びの神も思案投首」等を監督した事のあるアラン・ドワン氏。ウォーレス・ビアリー氏、サム・ド・グラッス氏、エニッド・ベネット上等の名優が助演している。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー サム・ド・グラッス エニッド・ベネット William Lowery
1921年

雷火落つる時

  • 1921年
  • 監督

「大自然の掟」「ロビン・フッド(1922)」や「月の囁き」等の監督者アラン・ドワンのファースト・ナショナル社発売メイフラワー作品である。主役はセネット水泳美人時代からのおなじみメアリー・サーマンと「干潮」「豪勇ボッブ」「桃色の神々」等出演のジェームズ・カークウッドである。その他「蔭の名優」等のリー・ミッチェル、「勇敢なる消防夫」等のフィロ・マッカロー、ノア・ビアリー等なかなかいい顔ぶれである。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
メアリー・サーマン ジェームズ・カークウッド フィロ・マッカロー リー・ミッチェル

陰陽の人

  • 1921年
  • 監督、脚色

アラン・ドワン氏がカール・クロウスン氏の原作を自ら脚色及び監督した作品でウォリー・グリッグスと云う内気な銀行員の生活を描いたものである。この映画をして傑作となさしめた要素は、筋に流れる人間味である。平凡な生活の細部に渉る描写が興味深いものであるという。主役は「エヴリー・ウーマン」「女優と兵士」主演のモント・ブルー氏で、対手は新顔のジャクリーン・ローガン嬢である。「ロマンス、ユーモア及び悲哀に満ちた物語で、ドワン氏の優れた技術を充分に窺うことができる」とは米誌の評である。非表 L0005 M1921 O1922

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
モント・ブルー ジャクリーヌ・ローガン スタントン・ヘック ハーディー・カークランド
1920年

禁断の物

  • 1920年
  • 監督、脚本

メアリー・ミアースの原作を、アラン・ドワンが自ら脚色および監督したもの、同氏がアソシエーテッド・プロデュダーズ社から発売した最初の作品である。「空中楼閣」出演のジェームズ・カークウッドが主演。「別れ行く道」「死線の勇者」出演のヘレン・ジェローム・エディーや、「闇に住む女」「醒めよ人妻」など出演のマーシャ・メイノン、さては今ユ社の監督となっているキング・バゴットらが相手役を演じている。ケープ・コッドの漁村を背景とし、肉体的の女と、精神的の女とがある漁夫の魂を得ようとする争闘を描き、「統てを征服する愛の力」と「滅びる事なき信仰の力」と主題とした力強い物語である。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
ジェームズ・カークウッド ヘレン・ジェローム・エディー マーシア・メイノン キング・バゴット
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
1917 命をかけた伝令
1917 命をかけた伝令

『007 スペクター』のサム・メンデス監督がワンショット撮影を敢行した戦争ドラマ

パラサイト 半地下の家族
パラサイト 半地下の家族

相反する2つの家族の出会いによって展開する悲喜劇を描いたポン・ジュノ監督作

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

ダニエル・クレイグ演じる名探偵がある密室殺人事件の謎を解明し真相に迫るミステリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アラン・ドワン